茶道と芝居


「華道は見ることは好きですが、自分では活けません。ただお茶は本格的ではないのですが、一応、お稽古した時期もありました。うちの父なんかは「お茶を心得ていると(お芝居の)段取りがよくなるよ」と言っていましたよ。物の運び、芝居に関しても無駄がなくなる、と。一般に無駄を省いていくと殺伐とする場合があるんですけれども、お茶の場合は決してそうではなく、無駄を省いたことで優雅さが残るんですよね。・・・(以下、略)」



「仁左衛門恋し」 小松成美



連休の最終日、久しぶりに地元の図書館に行きました。


ちょっと「浅妻」のことを調べたかったのです。
が、残念ながら思ってたほど何も得られず。

そのかわり、歌舞伎関連の本を数冊お借りしました。


踊りのお稽古をしてると、足の運びで「無駄がないように」振りが決まってることがよくあります。ここでも、終点と始点、軌跡がきちんと決まってると、無駄のない綺麗な動きになるのですね。私が無意識に足を動かしたりしなければ。(^^;

今、すそを引くお稽古をしていますが、裾を引くようになって、「せやから、この動きなんや!」という箇所があり、目から鱗がパラパラ。。

「理にかなうことの美しさ」を茶道同様、毎回感じています。


振りも多いし、テンポよくなってくると、どうしてもドッタン、バッタンしてしまうのですが(涙)もっと静かに優雅に、を目指してます。
テンポが速くなっても、ドタバタしてない方もいっぱいおられますので。
これって、最後は体力と性格の問題だろうと思っています。(^^;
普段から意識しないとダメなんでしょうね、きっと。。。
もちろん、普段の自分は横に置いておいて、お稽古のときだけ「隙のないように」出来ればいのでしょうが。なかなかそうはいかないなぁ・・・・・。

スピードスケートの選手も、体力が限界をこえると、上体が上下するようになるんですね。ということを、今年のオリンピックから学びました。まる。

なんせ、体力がないと優雅にもなれないし、優雅じゃないと色気も出せないような気がします。何をもって色気とするのかは、難しい問題だと思いますが。



先月の「踊りの会」の映像を見ました。
ひさしぶりに自分の踊ってる姿を見たのですが、どうしようもなく素人でした。あの、素人特有の「のんべんだらりとした」感じ。。。。
もう少しなんとかしないと。。。(`_´)







また、思うこと書きますね。


今日も、来てくれてありがとう。

押してください。ありがとう。023.gif


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-05-15 12:22 | 茶道

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧