どうなるんでしょう?

非嫡出子相続格差:大法廷で憲法判断へ 見直しも…最高裁
 結婚をしていない男女の間に生まれた「非嫡出子」の遺産相続分を「嫡出子」の2分の1と定めた民法の規定が、法の下の平等を保障した憲法に反するかが争われた家事審判で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は7日付で、審理を大法廷(裁判長・竹崎博允長官)に回付した。規定を合憲とした95年の大法廷判例が見直される可能性があり、判断が注目される。

 

15年前に、私が衝撃を受けたニュースでした。
非嫡出子を差別するのは「法の下に平等」に反する、ということでした。
すごい感動したんですよ。

見直しなのか、見直しの可能性なのか、全然違うんじゃ?と思うのだけど。


でも、うーん >_< ですね。



また、書きます。(^-^)
[PR]
by akikoj-happy | 2010-07-10 11:09 | 日常 | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧