御眼汚しになる覚悟

舞台にあがるときに、必要なこと。

それは、お眼汚しになる覚悟
それと、来てくださった方々への感謝


大きな覚悟と大きな感謝。
これが舞台という恐ろしい場所で芸をさせる
原動力になるのです。





ということを教えていただきました。
ありがとうございます。 >絢也さん




自分がいかにええかっこしいなのか、よくわかったお話でした。
事実、私にはその覚悟がなかったので。(いまだに・・・・(^^;))
こういうのって、踊りにも出るのです。
すごく出ています。
「あんたの踊りは覚悟がない」とか「決まってない」とか、事実よく言われます。
あ、やっぱりそうなんだ、と。
だから、私の踊りはだめなのか、と。


「恥をかく覚悟」というものが、まだピンときてないのは、これはこれでまた事実です。
覚悟って、なんだろう?



それと同時に、「来てくださった方々への感謝」。
大きな感謝

わたしは、あまりにも難しく考えすぎてたのかもしれません。
そんなにムツカシク考えることなかったのです。
自分の中で、こねくり回しすぎて、自分で自分の首を絞めてたような・・・。
そんなに考えすぎなくて、よかったのでした。


それを教えていただきました。




が、一番の引け目は、自分がそんなに踊りに打ち込んでいない、ということでした。


期間としてはもう10年以上、お稽古してることになります。
が、問題は時間ではありません。

絢也さんも雛さんのようにお弟子さんをとられることでしょう。
が、私はそこまで踊りに熱心ではありません。
お二人のように、全身全霊で打ち込んでいません。
そのことは、自分が一番よくわかっています。
いかに、漠然としたお稽古を繰り返してきてるのかは、自分が一番よく知っています。
このことが、特急券をお買い上げいただくのに、一番心苦しく思っていたことでした。
ということに、メールのお返事を書いてて、自分でわかりました。


いつもいつも、「これって、絶対言い訳やん!」と思いながら、思い浮かべるのは、
私は趣味が多いから、ということと、
(お稽古の後で)まだ仕事に行かなあかんし、
ということでした。
仕事があるので、お稽古だけで疲れてしまうわけにはいかないのです。
→  だから、お稽古で手を抜くことになるのですが。
   どの踊りでもそうだと思うのですが、ものすごく体力のいることです。
   体全体に、特に、足にきます。
   特に、わたしは立仕事なので。(^^;


せめて、お二人と同じぐらい、・・・たとえ自分の勘違いであったとしても、・・・・の練習量や気持ちがあれば、またそれだけの自負があれば、「どうぞ、忌憚のないご意見を」と言えるのだと思いますが、そんな怖いこと言えません。わたしは。
これが、今の自分。



お二人のようなお弟子さんなら、師匠も教え甲斐があるんだろうな、とよく
思っていました。いまだに思うし、多分これからも思う、と思う。
同じようには出来ないけれど、私は私なりに取り組んでいけたら、ですね。
出来る範囲内で、出来ることをコツコツ・・・続けられたらいいな、と思ってます。



今回、舞台にはまだ上がらせて頂いておりません。
が、すでに色々なことを勉強させていただきました。


やっぱり、今年の舞台のお話、あつかましくも受けさせていただいてよかった。
本当によかった。。。。。。




本番、本当に恥をかくことになるかもしれません。
でも、自分に出来るだけのことを勤めさせて頂きます。



応援してやってください。(^^)
ありがとう。
ここを読んでくださってるかた、全員に感謝します。
本当にありがとう。







今日は・・・昨日よりまし・・かな?

あ、風邪はもう大丈夫です。
ご心配、おかけしました。

どうぞ、ポチッと
おしとくれやす。 
おおきに。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-08-04 12:35 | 日本舞踊 | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧