子を授かるということ

子を授かるとは、何?と尋ねられたら、

自分が子供でいられなくなること。と答えます。わたしは。



自分が何かしたいことが会っても、子供のため、子供のため、
子供のため、子供のため、という生活が待ってる。
この我慢の連続が、「親になること」だと思うんです。わたしは。


事実、子供がいなかったから、転職した、という人おられますよね。確かに。



こういうことを性教育と同じように教えておかないといけないと思うんです。


ちょっと言っておく、だけでも変わると思うんですけどね。。。。。
「あぁ、こういうことなのか・・・・」とわかる日がくると思う。



結婚は、生活だし、現実だし、日常。。。。。生活はお金の話抜きでは語れませんよ。
このことも言っておいたほうが、親切ではないですか?



子供授かってから途中で、「いらん」では不幸な子供が増えるだけですよ。

しわ寄せは、絶対、弱者に向かうんだから。 


子供も言語を持つようになると、反抗もするでしょうよ。
キレイ事だけでは不幸な子供が増えるだけではないですか?






とりあえず、今日はこの辺で。
[PR]
by akikoj-happy | 2010-08-25 00:01 | 日常

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧