古を稽える  (いにしえをかんがえる)



未生流のメルマガから抜粋。






「稽古」の「稽」は「考える」という意味です。
ですから「稽古」は「昔の物事を考える」、
古書を読んで学問をするということになるわけです。

この意味が、時代の移り変わりと共に広く使われるようになり
「練習すること」も「稽古」と言われるようになったが
練習するといっても「スキーを稽古する」とは言わない。
やはり「生け花」「茶の湯」等の場合に「稽古」を使う。なぜか。
これらの伝統技芸には、古くから伝えられた型があり、
その型から入ってゆくからです。
だから「練習」ではなく「稽古」なのです。

 ところが「稽」にはもう一つの意味があった。
「滑稽」という言葉だ。「おどけて面白いこと」だが
「滑稽」は「昔の物事がスッテンコロリンと転げること」ではありません。
「滑」は「乱す」という意味、
「稽」は「是を非とし、非を是のようにして巧みに是非を混同し、面白おかしくすること」です。

滑稽の「稽」を稽古の「稽」にあてはめると
「基本をいい加減にして勝手な事をする」ということになる。
でもそんなことをすれば、ご本人自身が損をすると思うのだ。
なぜなら、古くから伝えられた「型」は生きている。
生き続けてきた、といえるのです。
今日の「型」になるまでに余分な事は削られ、
必要な事はつけ加えられてきた。
つまり「定型」というのはじつは無いのであって
「型」は常に生成発展をしている、いわば歴史上の生き物なのです。
ですから「型」に付きあってみないと、その生命力はわからないと思うのです。

それなのに「型」をドレミファくらいに理解して
後は勝手にやる、そんなお弟子さんが増えてきたという。
そう、「滑稽」の「稽」の字をはめ込んだ「稽古」になっているのだ。
そういう人を「お客弟子」と言うそうだ。
一口に言えば弟子のくせに”お客づら”をしているのです。
「教わる」より「月謝を払っている」という意識の方が強い人のことを言うのだろう。



草柳大蔵氏の著書からの抜粋。






草柳さんは、お名前しか存じ上げていません。
昔は、テレビに出ておられたとか・・・・?


うちは、型にはめません。というのがウリの華道教室(の宣伝)を
みたことがあります。
顔、洗って出直して来ーい! と思った。


たまに独学で、というひと、確かにおられますけど、そんな人を天才と呼ぶのだと思います。わたしは。
(わかりやすい言葉でいうと、天才・・かな)



お金を払ってるのは、こっちよ、とは思ったことないですね。
さすがに、これはない。




話それますが、「お月謝持って帰って、もう来なくていい」という
怒られ方はしたことないですが、 「何しに来てるのよ?」
いわれたことはあります。
「週2回も高いお月謝払って、何しに来てるんだよ?」と。

これはこれで、すごい質問だ、と思う。(^^;(^^;(^^:
こんな質問をさせてしまった私って。(汗)
お稽古場におけるわたしの存在意義が問われる、究極の質問ですね。(汗)




お稽古に励みませう。






どうぞ、ぽちっとおしとくれやす。
今日も来てくれはって、おおきに。039.gif




にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by チエ at 2010-09-02 18:39 x
ちょうど今日、集会所で自主稽古をする時に、「使用目的」の欄に「日本舞踊の練・・・」まで書いて「日本舞踊の稽古」と書き直しました。
そんな時にあきこさんのこの記事。
「練習」じゃない。「レッスン」じゃない。「稽古」なんだ。
確かに[お月謝]というものは存在しますが、それこそ[謝礼]、
「師匠の芸を伝授していただきありがとうございます。」の気持ちだと常々考えています。
私はどうしても古い考えになってしまうので・・・
師匠の芸は見て覚える・身体で覚えると思っております。
お稽古場でいろいろなやり方があると思うのですが、ビデオで撮ったりするのはどうも違和感が・・・(超私個人の考えです・・・)
師匠が手取り足取り教えてくださる芸を、
目で見て、耳で聞いて、身体で覚える。
古よりそうやって継承されてきた日本舞踊・師匠の芸を、これからも後世に伝えて守っていきたいなと思うのです☆
Commented by akikoj-happy at 2010-09-02 23:50
コメント、ありがとうございます。

いえいえ、私も古い考え方なので遠慮は無用です。。。。
色々な意見に耳を傾けるのというのは、大事なことだと思っています。

ビデオに撮ってみてみるというのは、初心者の方にはわたしも反対なのです。
ある程度、経験のあるかたで、この前の私のように、本舞台を控えてる、とかそういう人は、1度客観的に自分を見たほうがいいですね、ということです。
全く、出来ない時代ではないですからね。
それが、また発奮材料にもなるかと。(^^;

本当は、チエさん言われるように
>目で見て、耳で聞いて、身体で覚える。
というのが、もちろんベストですよね。
>古よりそうやって継承されてきた日本舞踊・師匠の芸を、これからも後世に伝えて守っていきたいなと思うのです☆
本当にわたしもそう思います。
本舞台を経験したことで、わたしの意識は随分変わりました。お互い、お稽古に励みませう。(^-^)
Commented by ちえ at 2010-09-03 01:41 x
おっと、おっと・・・
ちょっとつけたしです。
私が申しております[ビデオで撮る]というのは、師匠が踊られているのをビデオで撮って、振りを覚える為に使う。ということです。
お稽古場によってはそういうのが許されているそうなんですが・・・。
やはり師匠から直接の振りを渡していただくのが醍醐味ではないかな・・・と思っているのです。

「自分の踊り姿をビデオで撮る」には賛成派です☆
確かにあきこさんが仰るように初心者さんがいきなり自分の踊り姿を分析するのは危険だと思いますが・・・。
会の前などは客観的に自分の踊りを見れるので、私もよく撮ります♪
文明の利器も使い方次第ですね。

んんん~、やっぱり私古いかなぁ~(苦笑)
でも守らなきゃいけないこともあるってことで・・・
頑張りましょうね☆
Commented by akikoj-happy at 2010-09-04 14:56
あぁ、そういうことだったのですね。(納得)
なかなか行間を埋めるのは、ムツカシイですね。(笑)

お稽古場によっては、それでお稽古したことにしてるお師匠さんとか、おられるそうですが・・・・・。 (^^;
言われることは、よくわかります。
初心者のかたは特に、振り入れで楽をするのは、いけないですよね。やっぱりちえさんのように、本気モードで行かないとね。

この前のお稽古の最後のほうでは、とにかく師匠と私の差異を見つけたたくて、師匠が踊ってらっしゃるところを見せてみせてもらえないかなぁ?と思っていました。
で、自分と比べられたら、と思っていたのですが、かないませんでした。
「見て勉強」も、ある程度自分の引き出しがないと、・・・お金と時間の無駄になってしまいますよね。
色々見て聞いて、どんなことでも貪欲に吸収していけたら。今まで以上に。と思っています。
頑張りませう ♪♪♪ (^0^)
by akikoj-happy | 2010-09-02 15:02 | | Comments(4)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧