三千歳  (伊東深水)

国際文通週間



また新しい切手が欲しいな、と思ってたところだったので、早速郵便局へ。



伊東深水  鏑木清方  上村松園  の3人の作品が選ばれました。


ど、れ、に、し、よ、う、か、な? 
ということで、少し悩んだのですが、伊東深水。


一番色が綺麗だったので。
伊東深水が描く女性が、色気があって好きだから。(笑)

決め手はこの2点。


上村松園の描く女性は、少し近寄りがたいというか・・・堅い感じがします。
でも、大好きですが。
こんな両極端な女性が好きなのです、わたし。。。。


11月2日から、京都国立近代美術館で植村松園展が開催されます。

上村松園展

見たことのある作品もあると思うのですが、一応、行くつもりです。
何回見ても、飽きません。
今までは、着物とかお道具とかに目が行ってたのですが、自分が日本髪を結っていただいてからは、髪にも目がいくようになりました。
経験って大事です。ほんと。


ちなみに、奈良には松伯美術館があります。
ここは、松園、松篁(しょうこう)、淳之(あつし)氏ら3世代にわたっての
作品が展示されています。
興味のある方は、一度是非。





「三千歳」で使われてる、水色(よりは、もう少しこっくりした色でしょうか?)も好きで。
勿忘草色 (わすれなぐさいろ)・・・・かな?

以前は、映える色が好きだったのですが、最近は少し、落ち着きのある色がいいんですね。
わたしの肌の状態によるんやろか? (^^; (汗)

和色大辞典



三千歳

「三千歳」では、歌舞伎所作事「忍逢春雪解(しのびあうはるのゆきどけ)」
に登場する吉原大口屋の遊女三千歳が描かれています。
作品では、悪事を行い、追われている御家人片岡直次郎が三千歳に
忍んで会いに来る瞬前の三千歳の表情が巧みに描かれています。
 所蔵:MOA美術館




が、他の切手も捨てがたいですね。
少し、買い足すかな?

あ、まだ未使用で財布の中です。。。。
すみません。





今日もきてくれはって、おおきに。
雨はやんだようで、曇り空の京都です。

今日はそんなに蒸し暑くないので、助かりますね。


どうぞ、おしとくれやす。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by 雪太郎 at 2010-10-22 12:34 x
私は鏑木派ですが、この深水の「三千歳」、色が本当に綺麗で、
切手としてはいいですねぇ。
全体像が見てみたくなります。
「三千歳」・・・小唄にもあるんです。去年習ったんだけど、
「あんたのは悲哀が足りない」とダメだしくらいました(笑)
Commented by akikoj-happy at 2010-10-23 10:27
小さいので、綺麗な色のほうが目立ちますよね。
と、思って、これにしました。
が、他も捨てがたいです。(笑)

へぇ~、小唄にもあるのですね。
それはお聞きしてみたいです ♪♪♪
Commented by 雪太郎 at 2010-10-25 17:56 x
では、上手に弾き唄いできたら、そのうちyoutubeにでもアップします。首をキリン以上に長くしておいてください(笑)
Commented by akikoj-happy at 2010-10-26 00:08
キリン以上に首を長くしてお待ちしています。(笑)
by akikoj-happy | 2010-10-22 11:34 | 美術 | Comments(4)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧