Ich liebe dich (君を愛す)

きみを愛す きみがぼくを愛すように 夕べに朝に
一日として きみとぼく ふたりが憂いを分かちあわないときはなかった

そんな憂いも ふたりで分かちあえば 耐え忍ぶのはやさしいことだった
わが悲しみには きみが慰めとなり きみが嘆きに ぼくは泣いた

それゆえ 神の祝福はきみにありますように 我がいのちの喜びであるきみよ
神よ きみを守り ぼくのそばに置いてくださいますように
我ら二人を守り 支えてくださいますように



感想は夜に。



★  ★  ★  ★  ★


3曲目がいい曲やったなぁ、と休憩時間にパンフレットをみたら
ベートーベンの「君を愛す」でした。

いつも、4曲目がよかったな、とか7曲目が好き!とか、こんな聴きかたです。
で、休憩中とか終演後に、どの曲で誰の作曲かな?と確認する。
何てタイトルかな?とか誰の詩かな?とか。。。。。

詩はともかく(黙って聞いてるだけでは、当然何語なのかも私にはわからない)、タイトルとか作曲者のイメージが先にはいってくるのが嫌なのです。


多分、・・・・3曲目・・・やったと思う。
わたしの記憶に間違いなければ。(^^;
間違えてたら、どうしよう・・・・。(汗)
CDが届いたら、全然違う曲やったりして。。。。



ということで「君を愛す」 。
絶対、CD買う!(笑)


この曲が一番でしたけど、でも他の曲も素敵でしたよ。

三井先生、さすがの貫禄といおうか・・・・。(^^;
本当に素敵でしたー、先生。

もちろん、ピアノの三ッ石先生も。


12月7日(火) 
三井ツヤ子  夕べの思い
いずみホールにて



実は、早く帰宅したくてアンコールは失礼しようかな、と思ってたのですが、最後まで聞かせて頂きました。
ほんまに最後まで聴いてよかったです。
もう、アンコールで涙、ポロポロ、・・・・泣きました。
泣けた。。。。(;_;)
アンコール前から泣いてたのですが、アンコールでさらに泣けました。
中田喜直さんの歌曲で、「歌をください」。
中田喜直さんというのは、「夏の思い出」とか「ちいさい秋みつけた」を作曲された方です。
アンコール1曲目の「初恋」(石川啄木作詞 越谷達之助作曲)にもジーン、としてました。

なんでやろうね、日本語の歌って泣けます。
以前、バトルのコンサートでもアンコールで日本語の歌を歌ってくれたけど、あれも泣けました。私だけではなく、周りの人も泣いてた。
確か、「この道」(北原白秋作詞 山田耕筰作曲)でした。このときは。


本当に、ありがとうございました。053.gif


歌はもちろん、伴奏のピアノはもちろんなのですが、会場全体が一体となってました。
全員が「聞く体勢」になってたといいますか・・・。
意外とないのです、こんなコンサート。
ありそうでないんですよ。
1年に1回経験できたら良いほうやと思う。ほんまに。
それも素晴らしかったです。
観客の一人としては、本当に良い時間を過ごさせていただきました。


来年の5月末に、京都コンサートホール、アンサンブルホールムラタで
三井先生の退官記念コンサートがあるそうです。(入場無料)
今から、本当に楽しみです。
残念ながら、ピアノは違う方らしい。(^^;


次回のコンサート、楽しみにしています。
ありがとうございました。016.gif




今日もきてくれはって、おおきに。
どうぞ、押しとくれやす。
おおきに。

さむなってきましたね、ほんまに。
ヨーロッパは大寒波やそうどすね。
どうぞ、お体お大事に。

次、楽しみにしています。053.gif

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-12-09 10:17 | 音楽(クラシック)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧