松嶋屋!!!


少し前の話になりますが、行ってまいりました。

吉例顔見世興行に。



わたしの人生で、間違いなく、最初で最後の「外郎売り」。


でも、そう言われても行く気にはならなかったのですが、ふと思い立って
「やっぱり、行ってみよう!」と。
でも私の好きな席が残ってたらね、と思ってたのですが、しっかり?残ってました。
私の好きな席は人気ないらしい。。。。
というわけで、コンタクトをあきらめたのでした。(笑)



で、まずは「外郎売り」


これがそもそも、どういう演目だったのかすら知らず。
いつもお世話になってるSさん改め、千枝子さんに教えてもらう。
で、「へぇ~~? 早口??」と。(?_?)


普通の「外郎売」はしりませんが、
「この演目は市川家のもので・・・・」というご挨拶から始まりました。
やっぱり成田屋さん目当てのお客様に気を遣われたのかすごく低姿勢だったように思う。
でも、あそこに座ってたお客様で、今回の一件をご存知ない方は、
さすがにおられなかったでしょう。
急に代役を務めることになって、それから3日間ビデオを見てお稽古されたらしいです。

大向こうさんもお客様も、松嶋屋の応援団のような感じで、この演目のときだけ、空気が暖かいように思いました。私は。
会場が一体となって見守った、というか。あの早口のところは特に。
わたしはいい「外郎売り」やったと思います。
出来れば、もう1度観たい。
もう1回観たくて、席のランクを下げてもう1回観ようか?とさえ思った。(^^;
他のところでお金をつかってなかったら、もう1回ぐらい行ったかも。


少し前にも鳴神の代役を務められたので、今回の抜擢につながったんでしょうね。
3日という短い時間とプレッシャーも相当おありだったと思うので、本当にお疲れ様でした。
これでまた次につながったんでしょうね。
愛之助さん、ほんまに大変やっと思う。。。。


わたしもあの早口を覚えてみたい。(^0^)


千枝子さんに「どうやった?」と聞かれ、「よかったです~♪♪♪」と答えたら
「そうやろう?スッキリしたやろう?」と言われました。
確かに。うむ。
普通の「外郎売り」以上のものがあったので、確かに、スッキリでした。



しかし、携帯電話なんとかなりませんかね? >南座
お芝居の最中に携帯、鳴り過ぎ。
あの早口の最中にも携帯、鳴ってました。
(京都)コンサートホールとか、シンフォニーホールみたいに、電波が届かなくなるような装置を設置して欲しいです。



1度、送信しましょうね。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-12-30 12:39 | 芝居 | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧