壷坂霊験記   ~女流義太夫節

いやー、凄かったです!!! (^0^)


駒之助師匠、カッコイイーッ!!!\(^0^)/


初めてではなかったのですが、小さな会場で、ほんとに目の前で聞かせていただきました。

あの距離で、目の前で、聞かせていただいたのは、本当に初めて。
凄かったです。
前は、もっと大きな会場でしたし、私も2階席でした。


すごい! と カッコイイ!!!しか言葉がないです。本当に。

あ、あと、あるとすれば


キャー! ≧▽≦  ぐらい。(笑) ←本当にこんな感じ。(^^;

最後、もう終わり、後は本なしでも大丈夫、というところで、
本を閉じられて、終了後、また本を上へ。。。始められる前に、太夫さんって本を頭上にあげられますね。掲げるというか。あれを最後にもされたのですが、すごく格好良くって。
女性でも、こんなカッコ良さってあるんやなぁ、と。
シビレまくりな土曜日。。。。(笑)

お聞きしてたときは、女性だから、男性だからということは全くなく。。。。
終了後、義太夫のことをお話してくださったのですが、普通に、普通の声で
お話されてるのを聞いて、こっちにびっくり。。。。

普通のお声でした。(^^;

本当に、フツーのお声で。
普段、私が仕事で接する方々(同年代ぐらいの方)となんら、お変わりなく、
と思われます。
そんな、フツーのお声でした。  >当たり前か?
ギャップが、また凄くて。(汗)

太夫さんて、すごおすね。024.gif

咲甫太夫かな? 
小さい頃、太夫さんがかっこよくて、憧れて、とおっしゃってたのは。
太夫がかっこいいなぁ、というのは、初めてではなかったのですが
ここまで、カッコイイー!!!と思ったのは、初めてでした。




始められる前に少しお話を。

これは、登場人物が少ない(二人)ので、返ってやりにくい。

素人考えでは、逆なのかな、と。
思ってて。



太棹も好きなので、最後のほう、盛り上がってきたら、どっちを聞こ?となってしまって、このときだけは、耳が太棹を少しだけ多く拾ってしまいました。(^^;
このときは、お三味線も二人になってたしね。と言い訳。(^^;

太夫さんがカッコイイのは、わかってたのですが、まさかここまで! みたいな。


あと、何十年とお稽古を重ねて、重ねて、重ねて重ねて、またそれだけ舞台を踏んでこられた方、というのが、これからして尊敬に値しますよね。
舞台が終わってから、熟練って、ああいうことを言うんやなぁ、と。
芸はもちろんなんですけど、芸に対しての真摯な姿勢というのに、ショックを受けました。
いくら才能があっても、才能だけでは・・・・・。
この姿勢がないと、あの舞台は絶対、ないですよね。
本当にそんな舞台だったと思うんですね。

やっぱり、深いです。



こんな感じで。



次は4月の東京です。
いやーん、いきたーい! >_<




現時点で、名簿上は・・・80名ほど登録なさってるようです。
実際は堂なのかな?と思ったのですが、思ってたより多くて安心致しました。
もう少し、少ないのかなと思ってたもので。


女義のTwitter見つけたので、フォローしておきました。(^-^)
もっと、関西で公演があればいいなぁ、と思います。
上野の広小路亭に出演される方もいらっしゃるそうです。
それは、聞いてみたいなー。


でも、また関西であったら、嬉しおすね。



京都であったら、うれしおす。(^-^)




どうぞ、おしとくれやす。

今日もきてくれはって、おおきに。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-02-23 13:12 | 音楽(クラシック以外)