幻お七 (こんな感じです)



幻お七


いい映像があったので、お借りします。

いくらここで、「お七」「お七」と言ってても、書いてても、まったくわからないと思うので。


「日本舞踊というものが、まったく想像がつかない。」といわれ、
がっかりもしたこともありまして。


大体、こんな感じ。


「うわー、炬燵(こたつ)の段、立派なセットや~!
 立派すぎるやん!」


とビビるわたし。(^^;


★(炬燵の段 →  櫓(やぐら)の段)・・セットが変わります。



流派が違うので、振りも違いますが。
うちは、お扇子使いません。



衣装は、最初は友禅を着る予定。

のぼりて嬉し恋の山

で、引き抜かれ、この方のような鹿の子(模様)になります。
わかりづらいと思いますが、色は赤と水色なんです。これ。
すごく綺麗な色なんですよ。
で、最後は片身だけ赤の長じゅばんになる予定。



今、お稽古してるのはこんな舞踊です。039.gif


考えたら、まだこれの上にもう1枚着てるんだから、また重くなりますね。
でも、浅妻(船)ほどじゃないか・・・・な?(^^;


がんばって、走りこみする! うむ。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-06-04 12:39 | 日本舞踊

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧