体幹をつかうということ



むつかしおすね。


これ以外、ないんですけどね。(^^;


わたしが、体幹を使うということが、どういうことなのかわかったのは
現代舞踊をみていたときでした。


現代舞踊…と書いてますが、実はどの辺をさしてるのか、
よく自分でもわかっていませんが。(^^;


何回か見たことはあっても、そのときには、そんなことを考えながら見ていたわけでは
なかったので、わからなかったんです。
求めよ、さらば与えられん、か。


さっきも書きましたけど、意識しすぎて使いすぎると、また全然違う振りになりますし。


日本舞踊だけではなく、色々な踊りをみることが大事なのではないか、と思う今日、この頃です。

後、わたしは最前列とか、かなり前のほうで見るのが、聞くのが好きなのですが、少し離れたところから全体を見てみる、ということも重要だな、と思うようになりました。
体を大きく使うということと、空間を大きく使うということって違うと思うので。
両方がきちんと使えてるかどうかを、チェックしないと。


昨日もBSで、モナコのバレエ団を見てたんですね。

ただ歩くだけでも、体幹が使えてるってすごいね。

あぁ、こういうことを求められてるのか、と。。。。。。




体幹をつかうということが、どういうことなのかわかったと書きましたが、
これはすべての振りで言えてるわけではないのです。

ひとつの振り、において、少なくともこの振りに関しては、わかった、ということなんですね。
ま、それがいくつか出来たかな、出てきたかな、という感じ。


もちろん、問題は体幹だけではなく。

体も柔らかくないしね。
体はまだ柔らかいと思うのですが、手首は硬いのです。わたし。


問題は山積。


お稽古に精進いたします。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-07-17 08:55 | 日本舞踊

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧