時代劇の間

辰路、もうちょっとがんばってね。(・▽・)

以上。(笑


先週の「花燃ゆ」をやっとみました。
毛利敬親のセリフ、よかったですねー。
ウルッときました。(;_;)
個人としてはともかく、藩主としては言えない事も多かったんでしょう。きっと。(´・・`)
「立場」って大きいよね、といつも思う。



北大路欣也さんも高橋秀樹さんも、さすがやわぁー、と思ってみてます。

時代劇には時代劇の間ってもんがありますよね・・・・?
と思うんですけど。
今更言ったところでどうしようもないですが。

歌舞伎とかお芝居と同じ感じなのかもね。
映像は映像、舞台は舞台ですもんね。
時代劇ってこの二つの間に入るのではなかろうか?
「芝居掛かる」ってことかなー? 


こういう間がとれる人がいはりませんよね。
今は。
時代劇がもうありませんから、仕方ないとしか言えないんでしょうけど。
なんか、あぁーー、もったいない、と思うんですよねー。(T_T)

あ、最後の「そうせい。」良かったです。>関係ない。(笑



文の着物が可愛いと書いてましたけど、雅の着物のほうがかわいいですね。>こっちのほうが私好み。(^^)



今日はこの辺で。

[PR]
Commented at 2015-05-30 00:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akikoj-happy at 2015-05-31 23:01
時代劇もほんとに少なくなってしまって残念といえば残念ですね。私は時代劇といえば、必殺ですが。(^^;
いずれにしても、もう昔のような、時代劇というのは見ることが出来ないんだろうなぁと思っています。
大河ドラマは、わたしの中ではもう時代劇ではありませんので。こればっかりは、本当に仕方ないのかもしれませんね。
by akikoj-happy | 2015-05-29 22:22 | Comments(2)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧