アーノンクール

日曜の夜。

twitterで訃報を知りました。

数年前に、もう、そんなお年なんやなぁ、と思ったので、そんなに驚きはなかったのですが、それでも自分でも驚くぐらいショックを受けた。


★    ★    ★


昨年末、久しぶりにN響の第九を聞きました。
本当に久しぶり。
(残念ながら2楽章で強制終了されたので、合唱まで行かず。)


「対向配置」になってて感慨深かった。


私がクラシックを聞くようになって20年弱。
そうか、20年ほどかーって。
対向配置になったのか、と。


功績は大きかったですね。



★    ★    ★


著書を読んだことがあるのです。


彼の伯母さん(叔母さん)が戦時下、警察に嘘の供述をするように言われたのですが、それを拒否した、と。
嘘をつくには、彼女はあまりにも誇り高かったのです。

とありました。
警察だったかどこだったか、ちょっと記憶があいまいですが。
まぁ、対組織だったと思う。


私が一番覚えてるところなのです。
ちょうど、誇り高くってどういうこと?と思ってたので膝を打ちました。


一番覚えてるのが、おばさんの話って・・・・。
ご本人には「すみませんねぇ」という気もしますね。


★    ★    ★


クライバーの訃報を聞いたのも(ネットで見たのだけど)あれも、真夜中やったような気がします。

本来の「時差」と、送信受信の「時差」のせいかな。
訃報は夜が多いなぁなんて。
でも、twitterのお陰でその差は縮んでるはず。・・・・のかな?


しかも記事がドイツ語だったので、辞書を引きながら何とか読み終えました。
有名人の記事、しかも、表舞台からはとうの昔に消えた人。
何となくわかりますよね。
推して知るべしです。
でも、生の演奏を一度も聴いたことがなかった身としては、一縷の望みを託しながら辞書を引いてました。


そんなことを、訃報のショックでぼーーーやりしてるアタマで思い出してた。



★    ★    ★


クライバーは間に合わなかったけど、何とか生の演奏を聴けたのでよかったです。
と思う。



合掌。



[PR]
by akikoj-happy | 2016-03-08 06:05 | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧