浅妻船について (長唄)

自分の踊ったDVDを見直したのが、1年後。
それぐらい時間が経ってました。


自分の感想、その他


とにかく、全然ひどくないということに、自分で驚いてました。(笑
あまり、自分で言うことじゃないと思いますが・・・・。すみません。
どういうことかと言いますと。




本当に普通に踊ってるように見えるのですが、実は、半分以上気を失いそうになりながら踊ってたのです。
一度、上手にさがって黄色の衣装を身に着けて再登場しますが、あのときは、本当に、倒れそうになっていました。
舞台から下がったら、ふ~~~~~って体から何かが抜けたみたいになって、衣装屋さんに「気をしっかりもってやーーーー!!!」と怒鳴られてたんです。
本当に大きな声で。
魂が抜けるって、ああいうことを言うのかも。(まがお
ドラマとか映画で、何かを聞いて、ショックを受けて倒れる女性ってあんな感じなんだと思う。
ふらふら、ふらふらしながら舞台に戻ったのですが、まだ舞台の上のほうが気持ちがしゃんとなって自分でも驚いてました。
本当に。
それぐらい、フラフラだったのです。(笑

だから、DVDを見たときは、全然そんな風に見えなくて(自分では)自分で自分を褒めてもいいかもしれない、と思ったぐらいで。
一番しんどかったのは、ここでした。



後は、曲が進むに連れて体力が落ちてきましたので、やっぱりフラフラしながら踊ってました。
普段の生活が、就寝3時、朝食抜きだったので、前日だけ早く寝ようと思っても無理ですよね。>_<。
いまだに、大いに反省しております。
最近は、わんのお陰で早く休んでますし、朝食も摂っていますけど。
でも、食事は少し不定期。(汗


頭も衣装も本当に重くて、もう踊る前からグッタリ。
もっともっともっと、重い衣装を着てお稽古するべきでした。
頭も。頭重くするって、・・・いい案が思い浮かばないけども。
間違いなく、私の人生で一番緊張した1日になりました。
終わったときは本当にほーーーーーーーっとしまして、へなへなへなとその場に座り込んでしまって、すぐにどかないと駄目なんだけど動けない、みたいな。
でも、次の舞台の準備がありますから、何十人という大道具さんがあっという間に舞台に出てこられバタバタバタバタ・・・・、地方さんは移動されますし。師匠が私のところに来てくださったときは、ほっとしました。
終わったーーーーーーーーーーって。
が、この時点では「疲れた」しか言葉が出てこなくて、\(^0^)/な感じでは、まだ、なかったです。
余韻に浸る時間は全然ありませんでした。




前日はまだ眠れたのですが、当日は興奮のせいでよく眠れず。
結局、2日続きでよく眠れなかったのでした。


当日の実況中継でした。(笑


我ながら、よぉぉぉぉぉやったと思います。今でも思います。本当に。
師匠をはじめ、応援してくださった方々のお陰です。


深謝。


[PR]
by akikoj-happy | 2016-03-09 13:13 | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧