マネーショート 2

この前の続きね。


バブルはじけてから、思ったように株価(であってる?)が下がらないので、皆がイライラしはじめますね。

マイケルの周りの人も、当然黙ってるわけもなく。
マークのまわりの人は、ジャレッドに詰め寄ったり。

このシーンで、ジャレッドがシレッと「君たちはシステムを信じてるんだろう?」と言うのですが、ここだよ、ここ。
こういうシチュエーションで、このセリフが吐ける人って100人に一人もいないですよ。本当に。
1%以下ですねぇ。(私見)


職業は違うけど、研究と同じだなー、と。
いかに自分をconvinceさせるか?させられるか? てことです。


若かりし頃、数学の人に、どういう人が数学の世界ではセンスがあることになるのか?と尋ねたことがあるんです。
その数式を見ただけで、何かある!て思えるかどうか、と回答されました。
別に数学だけではないです、当然。


というこの2シーンが特に印象に残ってる。


元はと言えば、マイケルから始まった話なんですけどね。


後の4人は、まぁ、・・・見つけた人かな。
拾ったものに価値があることがわかった人。
この辺がセンスよね、と思うのです。わたしは。
拾ったものに価値を見いだしたっていうと、エリン・ブロコビッチもそうですね。
あの二人組みが最後に出てきたとき、エリンのことを思い出したな。

ブラッドは、申し訳ないぐらいどうでもよかった。(笑
劇中では必要な人なんだろうけど、別に他の人でも良かったよね?(笑


後、自分たちは儲かるけれど、多くの人が路頭に迷うことになることについて、マークが苦悩するシーンとか、彼が日系人(?)の人と会食をしながらのトークとか興味深いなって思うシーン他にもあったけれど、私の中では先の2シーンのせいで飛んでしまってます。(笑


少し時間が経ってから、もうちょっと金融の勉強してから見直したいです。
原作も読むつもり。
お金の話が理解できてたら、もっと楽しめたと思います。
それが残念でした。


よく天才とかセンスに関して話題になるけれど、こういう人たちが、私の思うセンスのある人、なのでした。



興味ある方はぜひに! (・▽・)




[PR]
by akikoj-happy | 2016-10-29 18:22 | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧