Midori Goto

Midoriさんのコンサートにいってきました。(^-^)

補助席だったのが、少し残念かな。


プログラムは

ベートーベン  ピアノとバイオリンのためのソナタ 第3番

J・S・バッハ  無伴奏バイオリンのためのパルティータ 第2番

*******

ドビュッシー  バイオリンとピアノのためのソナタ

メシアン    主題と変奏

ラベル     ツィガーヌ



やはり、無伴奏が嬉しかったです。 
バイオリンに限り、伴奏、いらんのに。。。。と思うこと多いので。私は。 (^^;

ドビュッシーは初めて聞いたのですが、よくわからなかった。
確かに、この人の曲はあまり聴いたことないなぁ。
最後の作品がこの曲だったようです。 
曲、だけではなく著書も、年代順に聞いたり、読んだりしたほうがよいのでは?と
いつも思うのですが、なかなか希望どうりに行きませんね。 
もう一度、他の曲とは違った意味で、聞いてみたいです。

まだ、メシアンのほうが好みかも。 

メシアンもラベルも初めて聞いたけど、好きになってしまいました。
最後、ジーンとして、少し目がウルウル。

また、CD集めよう。。。 (^-^)


バイオリンと闘ってたようなみどりさんでした。
あんなにバイオリンと格闘してる人みたことないなぁ、って初めて彼女のコンサートに行ったときに思った。バイオリンを弾くのに、音を出すのに、あんなに苦悩してるひとを見たことないなぁ、と。バイオリンと闘う姿勢って、人生との戦いというか・・・・・バイオリンって、彼女の人生なんだなぁ、と。

バイオリンとの向き合い方が半端じゃないというか・・・、もちろん、曲とも。
いや、もちろん、バイオリニストの皆さん、そうだと思うのですが。

彼女の体は舞台の上にあって、(もちろん)バイオリンを弾いてるのですが、彼女はどこへ?
曲の中?バイオリンの中?・・・・・???
私にとって、不思議な舞台になる、みどりさんのコンサート。
もしかしたら、作曲家のところに行っちゃってるのかな? 

神様に選ばれたひとって、こういう人を言うんだなぁ、て思う瞬間。

うーん、うまく言えなくてすみません。



今度は何を演奏していただけるのか、楽しみです。
一度、コンチェルトを聞いてみたい。 伴奏、いらんねんけど。 σ(^^;

機会があれば、是非みどりさんのコンサートに足を運んでくださいね。
違う世界に連れていかれるかも。


実は、コンサート当日、仕事で激怒することがありました。
怒り疲れて、前半はテンションがかなり低かったのです。
コンサート当日は、怒ることがないようにしたいです。。。怒ることがあっても、爆発しないように。
せっかくのコンサートが、不完全燃焼だった理由。(涙)
この失敗、反省を次に生かしたいです。 うむ。
[PR]
by akikoj-happy | 2007-06-03 19:29 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧