長唄って・・・・・・・

歌詞が、その・・・・・・・・だと。(^^;

あまりに、・・・・・・・・だから、歌詞を変えてしまったため、意味が通じないところがある、と。


噂には聞いてましたが。 はい。



で、少し前に寺田寅彦の随筆を読んでましたら、

あと家にあるレコードは、ナントカと長唄だけだから、これはちょっと子供には
聞かせられない。

という箇所があって、電車の中で読んでたのですが、笑ってしまいました。(^^;

ナントカは、初めて知った言葉だったので忘れてしまいました。 すみませぬ。



でも、意味が通じなくなるぐらい、歌詞を変えるって。。。。。。。
それだけ、すごいってことか? (^^;


この前、お稽古の後でこの話になったときに、私が
「あ、あれもそうなんですか・・・・・・・? ・・・・・・・知りませんでした」と応えたら
師匠に「そんなこと一々説明してたら、踊りを教えられないじゃない」と。 (^^;

それは、確かにそうかも。

小唄も艶っぽいっていうけども。。。。。。

浅妻のときは、まだ勉強不足でした。
この反省を(この曲を)本舞台で踊る時には、生かしたいです。 >ん? σ(^^;

浅妻は本舞台で絶対踊りたいのです。(決意表明)
[PR]
by akikoj-happy | 2007-06-17 13:33 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧