SAYURI


合唱のレッスンの後、ほんとは「ダイ・ハード」にいくつもりだったのですが、
体調がいまいちなので断念しました。
でも、せっかくのお休みだし、と思って、ツタヤへ。
ほんとにひさしぶり。

悪名高き?「SAYURI」を借りてきた。

散々な評判を聞いてたので、ーーー 国辱映画だと評したひともおられましたが。 σ(^^; ーーー 全然期待してませんでしたが。

うーん。 やっぱり、あんな感じか・・・・・。(ガッカリ)


なんで見たいと思ったのか? 

先月、「代謝」という言葉につられて日経ヘルスを買った話を書きました。 その表紙が、チャン・ツィイーだったのですね。(当然、インタビューあり)
監督のロブ・マーシャル曰く「日本人女優の演技も素晴らしかったけど、踊りはチャン・ツィイーが一番だった」と。
彼女が選ばれた理由は、踊りだったのですね。(^^;
チャンは、舞踊学校に何年かいたそうです。初めて知りました。
「あぁ、そういうことだったのか。。。。。」と。


そこまでおっしゃるのなら、その踊りを拝見させていただきましょう、ということで、この一月時間が空くのを待ってました。(笑)


結論から言うと、踊りをやってる人の動きですね。やっぱり。 というところかなー? うーん?
国は違えど「踊り」を経験したことのある人と、そうでない人って全然違いますしね。 
踊り自体は、舞よりももっと固くて鋭いものがありましたけど。 
踊りが見せ場なのかな?と思ってたら、結構そうでもなかったので、さらに残念でした。 
惜しかったな、工藤夕貴。。。。。

あの紙ふぶきの中の踊りって、・・・・・演目は何? というのが、疑問。(^^;
玉三郎さんの「鷺娘」って、あんな感じよねぇ?と思いながら、見てました。


生前、中島らもさんが、中国の古典を題材にした舞台を手がけられた・・・ことがあったと思う。
「外国人が作った日本の映画とか舞台を見てると、僕ら日本人から見たら、そんなん、ジャパニーズちゃうやん、っていうようなもんいっぱいあるでしょう?
そういうことだけはしたくなかったから、徹底的に勉強したんですよ。」
見習ってほしかったです。。。。。
これだけ情報が入る時代に・・・・・・・・、もっと勉強してほしかった。
これはプロの仕事とは言えない! です。(^^;
でも、「龍村」の帯が出てきて、ここだけ妙に細かい、と感心。なぜ、あそこだけ?

ヨーロッパに行ったとき、某企業を訪問したのですが、その会社ご自慢のジャパニーズ・ガーデンを見学させてもらいました。
というか、無理やり見せられた感あり。(^^;
その辺から、ジャッキー・チェンが飛び出してきてもおかしくないような、
バリバリのチャイニーズ・ガーデンでした。(涙)
日本庭園って地味といえば、地味だ、確かに。 この辺にも原因があるのかな?と、当時も考えましたが、また同じこと考えた。(^^;


去年、イギリスへ韓国経由で行ったんです。
仁川空港へは初めてだったのですが、国際空港って国の威信がかかってるんやろうなぁ、って飛行機を待ってる間にぼんやり考えてました。


国の威信をかけて、この映画は撮りなおして欲しい! が、私の感想。


役としては、役所さんよかったな。。。。。工藤夕貴とね。 (^-^)
役もいいし、役者さんもいいし。
思ったより出番がなかった、ケンさんでした。ちょっと、意外でしたね。
役所さん、よかったよ。 


ラストシーン、あれでよいのだろうか? (ナゾ)
[PR]
by akikoj-happy | 2007-07-09 14:03 | 映画・ドラマ | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧