マリーアントワネット

パンチに欠ける、とでもいうのでしょうか、そんな作品。
何を撮りたかったのか、聞いてみたかったり。。


話も散漫な感じがしたけど、撮りかたも同じ感じか。
一応、終点は決まってたのですが、・・・・散漫って。・・・・・・この締まらない感じは何?

もうちょっとひとつのものにフォーカスして撮ったほうが、ピリッとした感じになったのだと思うのだけど、この人の他の作品もこんな感じなんでしょうか?
そういえば、他の作品みたことないな。


この時代が好きなひとには面白いかも、という映画評を読んだけど、これは否めない。

これ以上は、やめておきます。 実は結構、毒舌なのです。わたしは。 σ(^^;


何もなくても、充分お話になるのにね。。。。
いや、もちろんお話はお話なんだけど・・・・・・?

すっきしない映画でした。 すべてが。

おいしい役もらったな、キルティン・ダンスト。 これが私の感想。(^^;
唯一の感想ですかね。。。。(笑)


あ、そうそう。

なんで見ようと思ったのかと言いますと、Mathieu Amalricが出演してたから。
最近の「気になる人」なのです。この人。 フランス映画が好きでね。最近。
でも、笑ってしまうぐらい出番少なかった。


「潜水服は蝶の夢を見る」は、今一番見たい作品なの。(^-^)
[PR]
by akikoj-happy | 2008-01-29 13:05 | 映画・ドラマ

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧