現代京都書作家展

ばらのいけばな展のあと、こちらへ。。。。
場所が近くてよかったです。(^^;


書も再開したい。


昨年の夏以降、お休みしています。
土曜日、かけもちするようになったので。

一番最初の作品を拝見したときに、先生の「字はバランス」という言葉を思い出し。
中心線とでもいうのかな? 真ん中に一本の線が見えるぐらい、まっすぐ、バランスが
とれてる作品をみて、こういう字を書きたいなぁ、と。
こんな真っ直ぐな字が書けるということは、心も真っ直ぐなひとなんやろか?とか
だから、私はあかんのか?とか。 いや、こんな字が書けるように、心も正さないと。とか
心の中でひとり言。。。。。(^^;

時間なかったので、あまりゆっくり出来ませんでしたが、行った甲斐はありました。
同じ漢字でも、人の数だけ、いえ書かれた回数だけ、その字は存在するわけで。
「春」とか「花」は、よく作品に登場しますが、人によって本当に様々。
よくこれだけ、色々な(バランスの)字があるわ、と。
比べてみて、こんなバランスの字が書きたいなぁ、書けたらなぁ、て。
今年は携帯を持ってなかったので、写真にとることが出来ませんでした。
微妙な「花」があったのですが、・・・・・あの字が忘れらない。

例えば、熊という字は、下に4個の点がありますね。
3個は下に普通に書いて、1個だけ上のほうに書いてあったりする。
書道ではこういうの、ありなのです。
漢字検定では、ダメだと思いますが。(^^;
こういう字をみると、面白くて仕方ないのですね。私は。
一度でいいから、納得のいく、「春」と「花」を書いてみたいです。

いま、お稽古をお休みしてて思うのは、書道とは、自分に向き合うことだな、と。
その向き合う時間がなくなったので、・・・なんというか、ストレスが溜まってるように思うのです。
自分で。
なかなか自分と向き合える時間ないですね。 
あ、でも、ブログも自分と向き合える時間かな?

だから、書くのかな? 


練習したくて、家でも書けるように下敷きを購入。
先生に頂いたものもあるのですが、自分では買ったことなかったので。
置物の下敷きには、ならないように。(^^;
[PR]
by akikoj-happy | 2008-02-05 10:28 | 美術