あっけない幕切れ

今日は、家にいます。 朝から、ずーーっといます。

なんで、仕事に行ってないのかといいますと、父の友人が亡くなったからです。
今朝、父は、北海道へ発ちました。


連絡を頂いた日の朝。。。。
「3日前に電話で話して、4月に会う約束をしたとこやったのに。」と顔を覆っていました。
一番の親友だったそうです。

文字どうり、「急逝」でした。


当日、電話をとったのは私だったのです。

「北海道の○○ですが、ご主人さまおられますか?」 と。

北海道の○○さんと言えば、父の友人だと私も存じ上げてるので、なんで、声が女の人なんやろう?と疑問に思いつつ、・・・・・もしかして?! と思った瞬間「主人が亡くなりましたので、ご連絡を差し上げました。」と言われました。にわかには信じられず、ってこういう時に使う言葉なんやなぁ?と、ぼんやり考えてしまいました。父と同い年の方が亡くなられたわけですので、私も少なからずショックを受けて。。。 いつも年賀状でお顔を拝見するだけでしたが、再来年は、もう写真には載らはらへんね?と母と話していました。


あっけない幕切れやったなぁ、と思ったのですが、急逝だと元気な姿しか思い浮かばないので、そのほうがいいかな?なんて、不謹慎なことを考えてしまいます。
長患いは、確実に弱っていかれますから。
お会いする度、つらくなる方もおられますので。

人って、本当にいなくなるんですよね。。。。。

ご冥福をお祈りします。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-03-06 19:23 | 健康・スポーツ

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧