Mahler No.9

昨日、行って参りました。


いや、よかったです。  結論からいうと、行ってよかった。
なかなか、生で聞ける曲ではない、というのもその理由ですが。

3楽章はもうちょっとがんばってほしかったな。(^^;
あれ以上?と聞き返されるかもしれないけども。
精も根も尽き果ててしまいました、すみません、とあやまられるぐらいの3楽章が聞きたかったりするので。あくまでも、希望ですが。(^0^)   
3楽章が一番すきなんですね。
生で聞けるの嬉しくて、頭をふってしまいそうになったけど、ガンバッて振らないようにしていました。 頭、体をゆすりすぎて、近くのひとに迷惑をかけてしまったことがあるのです。
満席じゃなかったから、お隣さんとは、席が5つ、6つ離れてたはずなんですけど、それでも、振動は伝わってたらしい。 どうも、すみませんでした、な話です。(^^;
先日、聞いてましたCDよりは、冒頭が少し早かったかな? 最後はあれぐらいのテンポかな?いや、やっぱり少し早かったかな、という程度。 ティンパニが決まってて、かっこよかったです。やっぱり決めるところで決めないで、どこで決めるつもりなの?と師匠に怒られたことなんか思い出してしまいました。(^^; ティンパニで後のテンポ、決まるんですよ、と昔教えてもらったような記憶がありますが。 でも、よかったですね。やっぱり。生はすごい。

あと、4楽章がすごーくよかったです。
私の知ってる9番とはまた違うところが多くて、「そんなテンポでしたっけ?」という箇所が何箇所もあって驚いてました。やっぱり、指揮者によって違うのねーって、私の記憶になかっただけかしら?
弦の重厚さが紡ぎ出す音のうねりっていうのかなぁ?それがすごくよかったです。
4楽章、こんな重量あったっけ?と。 CDではあまり感じたことのない重さを体感できました。あの重さがたまりませんでした。(笑)
生で。。。。。生だね、やっぱり。と。


行ってよかった演奏会でした。 
次回、私が9番を聞けるのは、いつのことになるのでしょう? 
広上さんの最後かな? (^^; いや、わかんないけども。
もう、やめられるときのお話なんかしてしまって失礼な。すみません。

指揮者の大友さん、オケの皆様、どうもお疲れ様でした。
ありがとうございました。


経験ないけど、オケの一員として演奏するのって、すごい体験なんでしょうね。
ちょっと、負けずに、あきらめずに頑張ったほうがいいかなぁ?とか本気で思ってしまいました。(^^;
[PR]
by akikoj-happy | 2008-03-10 23:18 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧