象さん

象さん

象さん 象さん お鼻が長いのね
そうよ 母さんも長いのよ

まどみちを 作詞  団伊玖磨 作曲



皆さん、ご存知の「象さん」ですね。


21日の日曜、朝から東本願寺へ。
秋季 永代経総経に行ってまいりました。


9時から10時まで  受付、抹茶接待
10時から       事務挨拶 法話 おつとめ

というわけで、朝8時に家を出たのです。。。。。


法話の午前のテーマが、「このわたしに納得できていますか?」
このお話の中で、上記の「象さん」のお話をされました。
お話は、東京の顕真寺 近田昭夫氏。

この象さんの歌詞は、象の親子の仲むつまじい様子が描かれてると思われがちですが、それは違うのです。これは、子象が他の動物たちにいじめられてるところなのです。
鼻が長いのが変だとか言われて、からかわれているのです。
でも、最後には、そうだよ、母さんだって長いんだもん。と自分を肯定してるのです。
自分が自分であることに、自信をもっているのですね。

1998年 6月1日の朝日新聞の社説に、書いてあったそうです。
私もてっきり、親子で仲良く遊んでる様子だと思っていたので、びっくりしました。
そんなに深い意味があったのですね。
もうひとつご紹介。

「熊さん」

春が来て 目が覚めて 熊さんぼんやり考えた 咲いているのはタンポポだけど
えーと 僕はだれだっけ だれだっけ

春が来て 目が覚めて 熊さんぼんやり川に来た 水に映ったいい顔みて
そーだ 僕は熊だった よかったな


近田氏のお孫さん(当時、小2)が、「自分の教科書にもまどみちをさんの詩が載ってるよ」と教えてくれました、とおっしゃっていました。
この詩も、まどさんが伝えたいことは同じなのでしょうね。
このお話を聞けただけで、がんばって早く起きた甲斐があった。


その後、おつとめがありました。
慣れてないので、周りの様子を見ながらのおつとめ。(^^;
母は、涙がでた、と喜んでいました。
それは、よかった。。。。。。
がんばって8時前に起きた甲斐あったわ、ほんまに。
いつもなら、昼前まで寝てるので。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-09-23 12:13 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧