19歳のカルテ

17歳ではなく、19歳です。間違いではありません。
少し前に深夜放送で見ました。



自分がネタをばらされるのが好きではないため、あまり書きません。(^^;

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=241826

興味があるかたは、覘いてみてください。


主人公のキリアン・マーフィーが素晴らしい!

顔だけでこんなに演技できるもの???

「カメラの前で真実を語ることが大事@リチャード・ギア」ということが出来る俳優さんだと思う。
「裁くことなく演じられる俳優がいい俳優@ピーター・ブルック」って、こういう人のことを言うんですね、きっとね。(演出の神様と言われたひと)

ストーリーとしては、あの自殺してしまう男の子が可哀想でした。
この作品において、この自殺する子に与えられた役割って、なんだろう?と考えてしまうなー。


17歳のカルテでも、途中で首を吊って自殺してしまう女の子がいますよね。
(名前、忘れちゃった)
個人的には、アンジー(アンジェリーナ・ジョリー)より、この人のほうがよっぽど存在感あって好きでした。可哀想な役でしたが。
作品が公開されて、アンジーがアカデミー助演女優賞を受賞、と聞いてから見たせいもあるのと思うのですが、アンジーは、それほどでも・・・・・・・・・? そない、えーかー?というのが私の正直な感想です。今でも変わらないな、これ。

正直、あまりなじみのない国で、なじみのない人たちばかりですが、傷つくということに臆病になってる人は見てみたら・・・・?と思ってもみたり。
でも、「吉」とばかり出るとは限りませんが。
そんな映画です。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-10-11 13:58 | 映画・ドラマ

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧