Martine Franck展

昨日は、お墓参りの帰りに祇園の何必館・京都現代美術館へ行ってきました。

で、今回は、Martine Franck展。

http://www.kahitsukan.or.jp/frame.html

マグナムの正会員であり、マグナム創始者のアンリ・カルティエ=ブレッソン夫人でもあります。後に、ブレッソン財団を設立しました。
12日には本人が来日、サイン会があったのですが、風邪をひいて具合が悪いときだったので、・・・・・・あきらめた、じゃなくて、コロッとわすれておりました。(涙)



で、この人は、こんな場面がお好きなのね・・・・?と思いながら写真を拝見
こんな場面とは、

私はとりわけ、眼の中の光、ふるまい、あるいは凝縮された瞬間をつかみとるのが好きだ。

こんなシーンです。


補足で


私が捉えようとしてるものは、眼の中の光、ふるまい、またはモデルが耳を澄ました瞬間や、心が集中した瞬間でもある。

とも。

確かに、そんな写真が多かったです。特に、ポートレート。


色々みてると、その人がわかるのが面白いですね。
何をどう撮るのか、・・・・・その人が表れるので、表現するのって、写真をとるのって恥ずかしい。と思ってもみたり。
これは写真だけの話ではなく、すべてに言えることだと思うのですが、差異がわかるようになるとはまりますね。(^^;
というわけで、マータオモシロイモノヲミツケテシマッタ、ヤバイ!ホントーニハマリソー。ダイシッパイ!!というのが、今回の写真展の感想でした。

Martineの写真では、特に子供の写真が好きです。
彼女のまなざしって、ものすごく暖かいのだろうと、作品をみてるとそう思う。

是非、機会があればごらんになってくださいね。
あ、写真集買いましたので、いつでもおっしゃってくださいませ。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-10-27 10:59 | 美術

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧