第九

昨日は、2回目の本指揮者、斉藤一郎さんのレッスンでした。
なのに、こんな大事な日に限って、大遅刻。
整体の後、おなか減った~と思い、ハンバーガーを食べてたのが、運のつき。
食べへんかったら良かったな、と北文化会館に着くまで後悔してました。
アバンティホールだと思ってたので、京都駅へ行ってしまって。(涙)
(手帳には、アバンティと書いてたの)


遅れて入っていったら、もう「M」。
後半だけでしたが、しっかり出来たと思うので、良しと・・・・しないとどうしようもない。もう、終わったことなので。
明日、最後の日曜レッスン、頑張ります。


斉藤さんは、ウルトラマンセブンのようなメガネ(サングラス?)をかけておられました。最初、誰かと思ってびっくり。
赤いふちのメガネが気になった、わたくしでした。(^^;



最近、思うのですが。

少しでも出来るとか、まったくのゼロではない、ということは、何かを始めるにあたって、やっぱりお得なことですね。
もちろん、下手よりは上手いほうがいいに越したことがないけども。
ゼロはゼロだもん。
ゼロに比べたら、それだけスタートがきりやすいってことですよね。
うむ。


本番、どうなるのでしょうか?
今までの第九で、今年が一番不安です。(ドキドキ)
[PR]
by akikoj-happy | 2008-12-06 12:00 | 音楽(クラシック)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧