健康とは何とありがたいものなのか。

常日頃、よく思うことに「健康とは何とありがたいものなのか」ということがあります。


普段、フツーに出来ていること。


一人で歩くことができる。
一人でトイレに行ける。
一人で食事が出来る。
一人で走れる。
一人でお風呂に入ることができる。

音楽を聴くことができる。
絵、写真を見ることができる。
本を読むことが出来る。
伝えたいことがあって、それを相手に話すことができる。
(自分の想いが伝わるとは限らないけど)

もっとあると思うのですが、基本の動作をあげるとこれぐらいですかね。


一見、当たり前のことですが、何一つ当たり前のことはありません。


一人で食事が出来る。そしてそれを「おいしい」と感じることが出来る。

これは、3つの要素からなっています。

まず、目の前に食べ物があること。
それを食べることが出来るということ。
そして、「おいしい」と感じられる味覚があること。(その食事がおいしい、ということも大事ですが)

この3つがそろわないと、「おいしい!」は出てこないですね。

目の前に食べるものがあっても、食べられないひともいます。
自分の体は健康なのに、食べ物がないひともいます。

健康とは何とありがたいものなのか?



普段から、職業柄よく考えることなのですが、やはり私は傲慢だったと思います。


健康とは何とありがたいものなのか・・・・・・・・。
少し足の調子が悪いのですが、健康だということに感謝。
[PR]
by akikoj-happy | 2009-02-26 23:07 | 健康・スポーツ