どうぞ、という気持ちを出し続けないと。 (その1)

2月の21,22日。
三ッ石(潤司)先生のコレペティレッスンに行ってきました。
場所は、大阪の池田市。


どんな方々が、何をされるのか?さっぱりわかってなかったんですけど、・・・・・行ってきました。
すごく場違いな気がしたのですが、私の人生にはよくあること・・・・・と思い、あきらめた。(?)


1人40分から1時間の公開レッスン。(途中休憩あり)
両日、10人ほどの方が受講されてました。

1人を除いて、歌の方ばかり。
皆さん、音大とか芸大の声楽科卒・・・・なのかな?
中には、院卒の方や、留学経験がおありの方もあり。プロの方も!
さすが、公開レッスン。(?) >違う?(^^;
聴講料をお支払いし、最初から最後まで聞かせていただきました。

歌のリサイタルへ行っても、2時間ぐらいでコンサートは終わってしまうし、長い時間聞くことはないのでうれしかったです。
ず~っと、いろいろな曲を聴いてられて幸せでした。
我ながら、よく飽きもせず・・・・とは思いましたが。
2日目はどうしようね?と思っていたのですが、やっぱり行ってよかった。
行ってなかったら、ベルクの<Nacht>という曲を聴くことはなかったので。
最初から最後までちゃんと聞いてみたいです・・・・CD欲しい。これ。一番気に入ったのが、この曲でした。で、初日は、プーランクが気に入ったの。
でも、今聞いたら、また違う感想かもしれないけども。


で、いろいろお話を伺ってて、興味深いことも多かったのですが、一番記憶に残ってる、三ッ石先生の一言が

どうぞ、という気持ちを出し続けないと

でした。
伴奏の方に言われた言葉です。

歌の人に向かって、「どうぞ、という気持ちを出し続けないと」って。

あ、そっかー!とひざを打ちました。
今のところ、販売業なんで。わたし。
そうか、「どうぞ」という気持ちですね。なるほど。で、それを「出し続ける」のですね。なるほど。


で、思い出した言葉、ひとつ。

自分のお祖母様には、椅子をどうぞってするでしょう この延長に外交があるの。


98年逝去されました 東郷いせさんの言葉なんですね。

そうか、「どうぞ」かぁ・・・・・、「どうぞ」っていう気持ちかぁ・・・・と。
出し続けるって、しんどいけれどね。でも、続けないとね。
「続けないと」
音楽も外交も販売も、相手あっての問題だもんね。と先生のお話を聴きながら、1人で納得していました。(笑)


(その1 終わり)
どこをどういう風に書こう?と思ってたら、時間ばかりかかってしまいました。
遅くなってしまって、申し訳ない。
[PR]
by akikoj-happy | 2009-03-02 22:32 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧