茫然自失

遅くなってしまって、すみませんでした。


「茫然自失」が今日のタイトルです。

え? 何の話って??


藤間絢也さんのお師匠さまでいらっしゃいます、藤間達也先生の「達喜会」に行ってまいりました。
感想が「茫然自失」というわけです。



☆茫然自失

あっけにとられて、我を忘れてしまうさま。   >大辞泉



凄いことになるんだろう、という私の期待はいい意味で裏切られ・・・・・・。
凄いなんてものではありませんでした。
凄すぎて、言葉もないです。 
これが感想といえば、感想。(^^;

あの曲を踊るのに、どれだけ踊り込めばいいんだろうか? どれだけ体を作りこまなければならないんだろうか?という疑問が私の頭の中でグルグルずっと渦巻いてました。いまだに、その疑問はありますが。しばらく消えないな、きっと。


とにかく圧倒されてしまって、・・・・・・・圧倒された後は、思いっきり凹んでしまいました。
マキさんとの息もぴったり。本当に。

三社、あんなに短い曲だったっけ? と後で首を傾げ、傾げ。
本当に短くて。あっという間でした。



物凄いものを見た後って、凹む。
私も頑張ろう!とか、そんなことあつかましくて思えない。本当に。

うん、これが今回の感想。



お梶を拝見しながら、ブログの文章が思い出され、なんか涙出そうになりました。
ぜひ、ブログへ行って日記を読んでください。
表現するって、ムツカシイなー。
自分を表現するっていうのとは、また違いますよね。。。。。。



しかし、凄い勢いで他の方々を牽引してらしゃいますね。 絢也さん。
絢也さんをはじめ、達也先生、真紀子先生、踊りを拝見させていただいたすべての皆様に御礼を申し上げます。
ありがとうございました。
勉強させていただきました。


次回はどんな踊りを拝見させて頂けるのか楽しみです。
[PR]
by akikoj-happy | 2009-09-02 00:58 | 日本舞踊

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧