グサッ! 3

まだあるんです。(笑)


今日はもうやめようか、と思ったのですが、書けるうちに書いておきましょう。




コレペティレッスン、次の方へ受講は続きます。


何の単語かわからなかったのですが、言葉の意味について。
私の言わんとすることが、おわかりでしょうか?

そうです。言葉の話ですね。



歌詞の中の言葉をひとつ取り上げ、この言葉の意味わかる?って。 


また、グサッ!!! (--;  と。



プッチーニの「トスカ」から”歌に生き、恋に生き”

何ていう単語かわからないのですが、歌詞の中にあった単語が、ウィーンにいた頃、自分がもらってたお給料の明細書?使われてた、ということでした。
元のラテン語にあった、いくつかの(意味の)うちの一つだと思うけど、実際に使われてるのを見て「ふーん」と思った、実感した、と。


実際に使われてる言葉を見て、こういう風に使うのかということを実感することが大事。
言葉のイメージが自分の中にないと、言葉が空虚になる。
ニュアンスがわからないと言葉が通じない。(それがわかると)歌ってることに真実味が出てくる。



言葉がある以上、理解してないと。
理解できてないと、空虚になるのは言葉だけではありませんね。

言葉の意味がわかると、自ずと体の動きは決まってくる、とはうちの師匠の言葉でもありますし、いつも合唱指揮で、そして今回はカッパでお世話になっているK先生の言葉でもあります。



昔、

「見しようとて」の意味がわかりません、といった私に師匠は「見せようとして、だよ。そんなこともわからないのかー?」と悪意他意もなく、素直に驚かれました。


誰に見しようとて おしろいつけて
紅は頬紅 小町紅
ほんのり染めて 恥ずかしいや


確か、こんな歌詞でした。(いい加減ですみません。(^^;))
見しようとて、の意味がわかるのとわからないのとでは、雲泥の差ですね。


先生のお話を聞きながら、こんなことを思い出していました。


教会に行って、祭壇にどんなものが飾られてるのか?とか、実際にそれを見て実感するのが大事、だと。(うんうん)

いまだに、「へっつい」の言葉の意味をしらない不勉強な私です。(反省)
この言葉を知ってから、2年ぐらい経ってるというのに。


この曲は聴いたことあるなー、と思ってたら、「歌に生き、恋に生き」でした。
「トスカ」見たことないのです。
1度見てみたいな。



今週、4回目のグサッ!でした。     (続く)
[PR]
by akikoj-happy | 2009-09-06 14:13 | 音楽(クラシック)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧