土蜘 (つちぐも)

a0102303_102133.jpg



その名高尾の山紅葉 暮るゝも知らで日暮しの 滝の名忍ぶ愛宕山  060.gif


頼光が、典薬頭からの薬を持ってきた侍女の胡蝶(左端の女性)に、都の紅葉も
色づいたであろうとその様子を尋ねます。
胡蝶が、高尾や嵐山の紅葉の様子を語りながら舞ってみせます。

ここは、本当の最初。



久しぶりに仕舞をみました。。。。。
この「土蜘」も、「石橋」と同じくお能を題材としています。

なんと、軌跡に無駄がないのか?! と。
(無駄な動きだらけの、わたしの踊り。(^^;))

美しさとは、無駄がないことなのですね。。。。。。。。

みとれてしまいました。
ひさしぶりに、どこかの能楽堂でも行こうかな。
せっかくなので、「石橋」と「土蜘」が観たいですよね。


保昌の梅玉さんが一番最初に舞台に出てこられたとき、真ん中までススススッと歩いて
こられて、止まるときに左足をスッと引かれたんですよ。(確か、左足。(^^;))
あの左足がすごく綺麗で感激。一足なんですけど・・・・・・。
本当にはっ、として、ウ~ンとうなってしまいました。


あと、頼光(?)が、上に着てた長絹(ちょうけん)(?)を右側だけ、遠山の金さんのように
脱がれたのです。その後、後見さんが寄ってこられ、袂の下からクルクル、クルクル巻いて
いかれました。 「・・・・・・・・???」と思って、しばらく後見さんばかり見てました。(笑)
目が離せなかった。その後、(袂の)上までいくと、これ以上巻けるところはないですから、
その筒状のものを背中に挿して、綺麗に収められました。 「あ、なるほど!」
後見さんばかり見てて、蜘蛛の糸が撒かれたとき見てなかった。
1回目、見逃してしまって、ちょっとくやしかった。(^^;
でも、2回目以降はばっちり。(笑) 初めてだったので、面白かったです。
スパイダーマン思い出しちゃった。。。。。
糸が手から離れた瞬間、「キャー!」て感じ。(^^;


後半、また蜘蛛の糸を何回もまかれるのですが、このときも、後見さんばかり見てました。
土蜘の精の足に、糸がからまってたんですよ。
何とか隙をみて、糸をとろうと機会をうかがっておられましたが、あきらめられたようでした。
あの糸って、何でしょうね? 手で引きちぎれるところをみたら、紙(和紙?)なのかな?

石橋よりは、土蜘ですね。ぜひ、お能で観たいです。


あと、石神。
子供さんが、ーーー あまりに小さくて、座ってるとき、後ろから後見さんが少し支えておられ
たぐらい小さかった ーーーよく頑張っておられました。
座ってるだけなのかな?と思ってたら、下に降りてきてから、せりふもあったし舞もあった。
私が思ってたよりは、どちらも長かったんですよ。
「おー、おー、おー、よーやった。よーやった。」 って。003.gif
                     ・・・・・・・・・・・おっさんか? (^^;


出来れば、テレビ放映は「土蜘」のほうがよかったかな。。。。。。
でも、「石橋」も楽しみです。


次はいつ行こうかな? どこへ行こうかな? 何をみようかな?
来年が楽しみです。053.gif





今日は、暖かいですね。
でも、「ご油断あるな@太刀持音若」です。037.gif


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2009-12-26 10:21 | 日本舞踊

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧