間 (ま)

色々な間がありますね。
今日は、唄の間の話を。



この前、「つ く う ぅま」の母音の言い直しの話をしましたが、これは別に「つくま」の
ところだけの話ではありません。
最初から最後まで、曲の全編において言える事だと思います。
それが、その曲の間なのだと思う。
もう少し大きい捉え方をすると、長唄の間、なのかな。


それが自分は全然わかってないのだということに、今日、気が付きました。


長唄というものがそもそもわかってないし、・・・・・・・こんな感じなのでお三味線の
間も当然わかってないわけです。  
唄えないよりは唄えたほうがいいのでしょうが、ただ唄えたらいいというのではないですね。
ただカラオケで歌えたらいい、とかそういうのとは、また違うような気がする。
踊るのだから。
ということに今日、(いや、昨日)ようやく気が付きました。


踊りのこともわかってないのですが、曲のこともわかってなかったのです。
わかった気になってただけでした。
一番、性質が悪いな。。。。。。。


少しお三味線をならって、(確かに)かなり楽に間がとれるようにはなっていたのですが。
やっぱりその気になってただけでした。
大間違いでした。勘違いでした。


今日、お稽古の後で「母音の言い直し」の話をしてみたら、師匠に
「でも、本番でどういう風に唄われるかわかんないよ? 
テープのとおりに唄ってもらえるとは限らないよ?」
と言われ、愕然としたのです。
確かにそのとうりなのです。
「自分がいかに何もわかってないのか、今日、初めてわかりました」という話をした後
だったので、さらにショックを受けました。

あ、やっぱり何もわかってなかった・・・・・・・。


今まで私は何をやってきたんだろう?


踊りのこともわかってないのですが。
>また今度、書きます。


一から全部、やり直しです。
テープを聞き込むところから、やり直しです。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by ケン at 2009-12-30 22:37 x
こんばんわ、今年もあと1日になりました。「間」って本当に大事なことなんですね。
歌や踊りはもちろんのこと、社会生活というか日常でも(間が持たない)とか(間に合わせる)、(間を計る)、(間が悪い)などいろいろあります。
かくいう私も(間を持たせる)のは得意ではないので欠点の一つです。

この年になっても知らないことは沢山ありますし、反省しきりです。
この一年、有り難うございました。来年もよろしくお願いいたします。
Commented by akikoj-happy at 2009-12-31 15:09
本当にあと少しとなってしまい、ぎりぎりのご挨拶で申し訳ありません。

今年1年、本当にありがとうございました。
こちらこそ、来年もよろしくお願い致します。


どうぞ、よいお年をお迎えくださいね。
by akikoj-happy | 2009-12-30 00:35 | 音楽(クラシック以外) | Comments(2)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧