忍夜恋曲者  (しのびよるこいはくせもの)  将門

a0102303_12444491.jpg



恋は曲者世の人の  迷いの淵瀬きのどくの
山より落つる流れ身の  うき音の琴のそれならで
 060.gif



最後の出てきたカエルをみて、「あ、これ見たことある!」とわかりました。
前日、公演終了後にプログラムを買ったのですが、まさか翌日に見ることになるとは思ってなかったので、ちゃんと読んでなかったのが少し悔しい。
でも、読んでててもカエルをみるまでは、何も思い出してないと思うけど。(^^;


お写真は、七之助さんの滝夜叉姫。
この後、髪を振り乱す妖術使いに変身されます。

プログラムを読んで、そうか、そんな内容だったのか、という感じでした。
次にこの舞台を拝見するまでには、もう少し勉強しておこう。音楽も。
ちなみに、これは常磐津。 非常に耳に馴染みにくかった。。。。。。


で、後半。
カエルが出てくるまでの箇所で、勘太郎さんの踊りに惹きつけられた。
なんてキレのある踊り・・・・・・。(確かに、そういう振りなんでしょうけど)
もう、ホントに目が釘付け。
曲が進むにつれて、あふれ出てくるオーラ。
踊りでこんなにオーラの出る人、いえ、出てくる人初めて見ました。
あと何回、私はこの人の踊りを見ることが出来るんやろう?と思ったのは、初めて。
焦りました。正直。
一月に一回みても、40年で480回。でも、しばらく歌舞伎座はないし・・・・・とか、こんなことを真剣に考えてしまって。(^^;(^^;(^^;

あと何回、この人のお芝居を見ることが出来るんやろう?と思ったのは、愛之助さんの綱豊卿です。正確に書くと、あと何回、愛之助さんの綱豊卿を見ることが出来るんやろう・・・・・・? なのですが。


こんな経験をさせてもらった、今回の浅草、・・・・いいのか悪いのか。
多分、自分の年のこともあるせいでしょうけど。
もう、折り返し地点見えてるしねぇ。

な道を行く、ということで、雅行と名づけられたそうです。 >勘太郎さんの本名。
彼のお母様は、(ご自分の)旦那さんに向かって
「役者としては、雅行のほうが素質が上かもしれないわね。」と言われたとか。
(雅行さんのお父さんのインタビューで読みました。)
本当に、雅な道を行ってらっしゃるようにお見受けします。
勘九郎襲名、今から楽しみです。
わたしもガンバリマス。 >何を? (^^;


あ、でも勘太郎さんが見たいから、籠釣瓶のチケットとったわけではありませんよ。
1年以上前から、かごつるべー、カゴツルベーと言ってたので、「これは行くしかないだろう」と決意した次第です。しばらく、歌舞伎座ないしね、って、これ絶対、言い訳ですよね。(笑)


舞踊にしろ、お芝居にしろ、事前にストーリーぐらいは押さえておいたほうがいいですね。て、当たり前か。。。。。これも、今回の浅草で学習したことでした。



来年も浅草行けるかしら・・・・・・・?


追伸   わたし、カエルダメなんですよー。
      カエルでOKなのは、けろけろっぴだけなんです。(笑)
      カラー写真のカエルを触るのも、嫌で。
      舞台のすぐ横に、あんな大きなカエルが置いてあったら、きゃー!>_<
      




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ぷちっとね。1回お願いします。012.gif



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-01-22 12:44 | 芝居 | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧