カテゴリ:未分類( 203 )

Floating in the Falling Universe of Flowers

https://www.facebook.com/TEAMLAB.inc/videos/vb.125449937509587/1076253765762528/?type=2&theater


お台場の新作です。

8月31日までです。(^^)

ぜひ。

[PR]
by akikoj-happy | 2016-07-18 01:34

TEAM LAB CHANNEL

You Tube でTeam Labのチャンネルが出来たそうです。

小さな画面で見ることになりますが(非常に残念ですが)、ご覧ください。


https://www.youtube.com/channel/UCeVjFSwBvoncOqqEcO98hgQ


色々な作品が紹介されてます♪ (^^v


作品によっては、大きなスクリーンだったり、建築物をプロジェクションマッピングしたり。
大小さまざまなのです。


お楽しみくださいね。



[PR]
by akikoj-happy | 2016-07-06 14:40

浅妻船について (長唄)

自分の踊ったDVDを見直したのが、1年後。
それぐらい時間が経ってました。


自分の感想、その他


とにかく、全然ひどくないということに、自分で驚いてました。(笑
あまり、自分で言うことじゃないと思いますが・・・・。すみません。
どういうことかと言いますと。




本当に普通に踊ってるように見えるのですが、実は、半分以上気を失いそうになりながら踊ってたのです。
一度、上手にさがって黄色の衣装を身に着けて再登場しますが、あのときは、本当に、倒れそうになっていました。
舞台から下がったら、ふ~~~~~って体から何かが抜けたみたいになって、衣装屋さんに「気をしっかりもってやーーーー!!!」と怒鳴られてたんです。
本当に大きな声で。
魂が抜けるって、ああいうことを言うのかも。(まがお
ドラマとか映画で、何かを聞いて、ショックを受けて倒れる女性ってあんな感じなんだと思う。
ふらふら、ふらふらしながら舞台に戻ったのですが、まだ舞台の上のほうが気持ちがしゃんとなって自分でも驚いてました。
本当に。
それぐらい、フラフラだったのです。(笑

だから、DVDを見たときは、全然そんな風に見えなくて(自分では)自分で自分を褒めてもいいかもしれない、と思ったぐらいで。
一番しんどかったのは、ここでした。



後は、曲が進むに連れて体力が落ちてきましたので、やっぱりフラフラしながら踊ってました。
普段の生活が、就寝3時、朝食抜きだったので、前日だけ早く寝ようと思っても無理ですよね。>_<。
いまだに、大いに反省しております。
最近は、わんのお陰で早く休んでますし、朝食も摂っていますけど。
でも、食事は少し不定期。(汗


頭も衣装も本当に重くて、もう踊る前からグッタリ。
もっともっともっと、重い衣装を着てお稽古するべきでした。
頭も。頭重くするって、・・・いい案が思い浮かばないけども。
間違いなく、私の人生で一番緊張した1日になりました。
終わったときは本当にほーーーーーーーっとしまして、へなへなへなとその場に座り込んでしまって、すぐにどかないと駄目なんだけど動けない、みたいな。
でも、次の舞台の準備がありますから、何十人という大道具さんがあっという間に舞台に出てこられバタバタバタバタ・・・・、地方さんは移動されますし。師匠が私のところに来てくださったときは、ほっとしました。
終わったーーーーーーーーーーって。
が、この時点では「疲れた」しか言葉が出てこなくて、\(^0^)/な感じでは、まだ、なかったです。
余韻に浸る時間は全然ありませんでした。




前日はまだ眠れたのですが、当日は興奮のせいでよく眠れず。
結局、2日続きでよく眠れなかったのでした。


当日の実況中継でした。(笑


我ながら、よぉぉぉぉぉやったと思います。今でも思います。本当に。
師匠をはじめ、応援してくださった方々のお陰です。


深謝。


[PR]
by akikoj-happy | 2016-03-09 13:13

アーノンクール

日曜の夜。

twitterで訃報を知りました。

数年前に、もう、そんなお年なんやなぁ、と思ったので、そんなに驚きはなかったのですが、それでも自分でも驚くぐらいショックを受けた。


★    ★    ★


昨年末、久しぶりにN響の第九を聞きました。
本当に久しぶり。
(残念ながら2楽章で強制終了されたので、合唱まで行かず。)


「対向配置」になってて感慨深かった。


私がクラシックを聞くようになって20年弱。
そうか、20年ほどかーって。
対向配置になったのか、と。


功績は大きかったですね。



★    ★    ★


著書を読んだことがあるのです。


彼の伯母さん(叔母さん)が戦時下、警察に嘘の供述をするように言われたのですが、それを拒否した、と。
嘘をつくには、彼女はあまりにも誇り高かったのです。

とありました。
警察だったかどこだったか、ちょっと記憶があいまいですが。
まぁ、対組織だったと思う。


私が一番覚えてるところなのです。
ちょうど、誇り高くってどういうこと?と思ってたので膝を打ちました。


一番覚えてるのが、おばさんの話って・・・・。
ご本人には「すみませんねぇ」という気もしますね。


★    ★    ★


クライバーの訃報を聞いたのも(ネットで見たのだけど)あれも、真夜中やったような気がします。

本来の「時差」と、送信受信の「時差」のせいかな。
訃報は夜が多いなぁなんて。
でも、twitterのお陰でその差は縮んでるはず。・・・・のかな?


しかも記事がドイツ語だったので、辞書を引きながら何とか読み終えました。
有名人の記事、しかも、表舞台からはとうの昔に消えた人。
何となくわかりますよね。
推して知るべしです。
でも、生の演奏を一度も聴いたことがなかった身としては、一縷の望みを託しながら辞書を引いてました。


そんなことを、訃報のショックでぼーーーやりしてるアタマで思い出してた。



★    ★    ★


クライバーは間に合わなかったけど、何とか生の演奏を聴けたのでよかったです。
と思う。



合掌。



[PR]
by akikoj-happy | 2016-03-08 06:05

長唄 浅妻船

私の舞台です。

まぁ、「初舞台」ということですので。。。

この「初」という漢字に有無を言わさぬものを感じます。>私だけか?(^^;

途中、少し切れてるらしいのですが。


https://youtu.be/MAmDuW7-BN8


自力でアップできなかったので、従兄弟の兄に助けてもらい何とかアップできました。
兄に感謝です。

ご指導くださった師匠にも深謝。




なお、このテープは自動的に消滅する・・・・じゃなくて(笑)3月いっぱいで削除させて頂きます。


[PR]
by akikoj-happy | 2016-03-05 12:52

スペクター

感想を。


面白かったですー!(・▽・)
俳優の皆さん、スタッフの皆さん、どうもお疲れ様でした。

前作で「余裕がなさすぎる。24に引っ張られすぎ。」と感想を持ったのですが、今回はそんなことなかった。
逆に、ちょっと余裕ありすぎる?ぐらい。

カーチェイスの最中にマネペニーと連絡をとったり、007専用ではないから動かなかったり(ここが一番好き)・・・・この余裕。(笑)
パラシュートの後も、「Good Evening」と挨拶。
挨拶のタイミングも、本当に自然で、かっこよかった。
こういうところって、少し早すぎると、あれ・・・?って思うし、間を持たせすぎたりすると、ちょっとわざとらしくなってしまうんですよね。
この間よ、この間!
これが、ダニエルの、彼の間なんでしょう。
どの作品忘れたんですけど、ピアーズは、ちょっとunnaturalでした。当時、まだ彼も若くて、肩に力が入りすぎてたのかもしれませんが。(^^;

こういうところがないとだな。英国紳士としては。。。。


「サンダーボール作戦」のオープニングで、ショーン・コネリーが、部屋の外に敵がいて、戸をドンドンドンドン叩かれてるにも関わらず、逃げる直前(ドアを開ける直前)に、遺体に向かって花を投げるシーンがあるんですね。
ここが、すごく好きだったんです。
やっぱり、こういう余裕がないとねぇ、って。007はこうじゃないとって。
今から考えたら(確か)4作目だったので、彼もようやくボンドが板についてきたということだったのかも。
007の中で好きなシーンの一つです。
今回のスペクターも、ダニエルにとって4作目ですから、やっぱり、ようやくボンドに慣れたのかな?って思いました。
慣れはったかな?と思ったら、次回で契約終了だそうで。
悲しいです。(T_T)


Q役のベンが、今回は貫禄がついてて安心しました。(笑)
前作では、「ぼ、ぼく、大丈夫・・・・?σ(・・; ほんまに、大丈夫か?」と思いながら観てたので。
話は変わりますが、「スカイフォール」で、ボンドがシルヴァを地下鉄で追いかけてたときに、Qが着てたカーディガンがよかったですね、あれ。


車の事故の写真がネットで流れたときに、それを見た(Mの)秘書が、すごく情けない顔をしてMのほうを見るんですけど(笑)、ここもすごく良かったです。

Mのレイフ・ファインズは、他の映画でも紺のピンストライプのスーツ姿を見たことあるんですけど、本当に良くお似合いですよね。


当初、「24」とタイトルが付いてましたが、スペクターで落ち着いてよかったです。
さすがに、それはないやろう、と思ってたので。


あ、そうそう。
にゃんが出てましたね。(^^)
白いにゃんがね。
スペクターなので、出さないわけには行かないでしょう、と思ってたのですが、ちゃんと出てきてくれました。
孫の孫ぐらいで、同じ血筋なんじゃないかな?(と勝手に思ってる)
どこで出てくるのかな?と思ってたら、あ、こんなところに!って。(^^)
ちょっと・・・・不自然な気がしないではなかったんですけどね。登場の仕方が。(笑
普通に、フランツが抱っこしててくれたほうが、私は良かったかな。
出さないわけには行かなかったと思うので、どこで出すかが問題だったんでしょうが。




今回は、冒頭から「死ぬのは奴らだ」みたい・・・とか、
あ、ヘリコプターのオープニングは「ユア・アイズ・オンリー」もあったな、とか。
過去の作品へのオマージュかな?と思うシーンがいっぱいあって懐かしかったです。
あの診療所って、あの診療所やんなぁ、とかね。


ロンドンっていうと、ビッグ・ベンというイメージがあったのですが、今は、ロンドンアイなのかな? 
最後、突っ込んでも良かったのって思ってました。(笑


お葬式のあと、モニカ・ベルッチが残りますよね。
あそこのシーンが、あと1秒(でも)長いほうがよかったかなぁ。私としては。
編集かな?と思うのですが。
何か、「惜しい!」と思ってしまって。。。
何が惜しいのか自分でもわかりませんが。(笑
でも、惜しいといえば、え?出番、これだけ?って、拍子抜けした。
もう少し出演シーンがあると思ってたので。
ちょっと残念やったかな。。。

 
スペクターの会合も、電車の中で戦うシーンも、クラシックで良かったかな。
会合のシーンも、何かの仕掛けがあるわけでもなく、普通にテーブルと椅子だけでしたし。
場所が場所でしたけど、返って、今の時代は新鮮かなって思ってました。



思いつくこと、ダラダラ書いてるだけなんですが。
今日のところは、この辺で。


[PR]
by akikoj-happy | 2016-02-03 18:42

片づけが出来ない女

http://djaoi.blog.jp/archives/51325838.html


一日の15時ぐらいに、自動販売機の前にゴミが溜まってたことに気がついたんです。
空き缶、空き瓶、ペットボトル、屋台で買った食べ物のゴミ。

確かに、多いことは多い。
(でも、一番多いときに比べたら・・・・・・かなり少なかったと思う。)
一人だったので、掃除もなかなか進まなかったり。
まず、分別もしないといけないしね・・・・、ということで、結局15分ぐらいかかりました。


なので二日目は、11時ぐらいから16時ぐらいまで、1時間に何回もゴミを見にいってしまって。
3、4回? いや、12時から15時ぐらいはもっと多かったかも。


とにかく、吸殻1本落ちてたら箒とちりとりを持ってダッシュ。
その甲斐あって、確かにゴミは溜まりませんでしたけどね。





でも、疲れたよ。。。。(T_T)
母にその話をしたら、「そんなことで、疲れんでも(ええのに)。」と。
2日は、一番多いときで、空き缶4本と串2本。(笑
一応、頑張っただけのことはあったかな?と自分では思ったのですが。


・・・・・・・・やっぱり、疲れたよ。(T_T)





上の記事を読んだら、


だからある程度散らかるともうやりたくなくなっちゃうんですよ
でも一度片付けをやりはじめると何かに取り憑かれた様に徹底的に片付けをしたがるんですよね
一切の妥協も許さないその姿はまさに鬼神の如し
重度の潔癖レベルで片付けをするんですよ
ですので基本、片付けているときはピリピリしています
話し掛けたらひっぱたかれるんじゃないかというほどホルモンバランスを崩したお局様のような空気を醸し出しているんですよね



と書いてあって、・・・・・。(無言


かーーーなーーーりーーーピリピリしてました。


今年の目標は、脱・完ぺき主義なのであります。


[PR]
by akikoj-happy | 2016-01-10 22:40

おさるの年にゴリラの話を。

http://www.1101.com/saru_yamagiwa/2016-01-01.html


糸井重里さんと、ゴリラの権威でいらっしゃる、京大総長、山際壽一先生の新春対談です。

あまりによかったので。(^m^)♪


オススメ。





[PR]
by akikoj-happy | 2016-01-08 17:18

後で・・・。

今年直したいと思ってるところに、すぐにやる!というのがあります。

後で、後で、後で・・・・、本当に忘れるから。これやってると。

そのときは覚えてても、他のことをやってしまうと、ころっと忘れてたり。
よくあるといえば、よくある話なんでしょうけど。


とりあえず、すぐやること! 


というわけで、今日は、on off関係なく、すぐに電話しまして2件片付けました。

すぐやる!

1秒以内に着手する!


これを、アタマのてっぺんに置いておこうと思います。

後で、・・・いや、今やったほうが・・・と思ってると、悩み始めると確実に忘れてしまいますから。


すぐやる! (・▽・)


本当に仕事の出来る人は、着手が早いです。。。。




[PR]
by akikoj-happy | 2016-01-08 17:12

映像

昨日の続きを。


映像がいらないということは、言い方を変えると「丁寧すぎるのはいらない」ということかもしれません。
いや、だから、「想像」が出来なくなるでしょう?


周防監督が、昔、淀川さんにね、
「これ以上、優しくしたらいけない」と言われた、とおっしゃってました。
「やさしくしてはいけない」か「丁寧にしてはいけない」か忘れたけど。

前も書いたけど、映像がある時代の作家とない時代の作家って、文章が違うと思ってて。


この辺のことがずっと気になってるかな。わたしは。


何と言ったら良いのかわかりませんが、対象物にどんどん、どんどん近づいていってる感じしかしないのね。
アップ過ぎるというか。
いや、もっと、・・・もっと、もっと、もっと引いていいと思うんだけどね。


やっぱり、隙間がないんですよね。


隙間で思い出したけど、これって収納の話にも言えるのではないかな?


続く・・・

[PR]
by akikoj-happy | 2016-01-06 20:29

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧