カテゴリ:音楽(クラシック以外)( 68 )

都々逸



「この舌で ウソをつくかと思えば憎い 噛んでやりたい時もある」




にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-04-25 12:16 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

二人椀久 (長唄 ににんわんきゅう)




墨の衣に身は染みもせで
恋に焦る 身は浮舟の
寄る辺定めぬ 世のうたかたや
由縁法師の その一節に
智恵も器量も 皆淡雪と
消ゆるばかりの物思い
独り焦がれる一人ごと
恋しき人に逢わせてみや
とかく心のやる瀬なき
身のはて 何とあさましやと
暫しまどろむ手枕は
此の頃見する現なり









にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-04-25 11:58 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

蓬莱 (ほうらい)

雨、よく降りますねー。

寅年は雨が多いそうですが・・・・?
本当に多いですね。(サムイサムイ)



先の踊りの会で、よそのお師匠さんが「蓬莱」を踊られました。


今、自分がお稽古してるわけではないし、自分の流派でもないので、単純に楽しめました。


改めて、いい曲だねぇ、蓬莱。。。。(シミジミ)


ほんとに。


しみじみします。

曲が進むにつれて、「染み入ってくる」感じがいいです。
じわじわっと浸食される感じ。(笑)


こういう曲を、偉大な曲というのでしょう。きっと。


おかしい、わたし、なんでこの曲を踊ってないのかな?と思ったら、昨年、足を痛めてたのですね。
あ、そっか・・・・。(^^;
そういえば、師匠が踊られるのを見てました。。。。
体の動かし方、間の取り方が私と全然違ってたので、唖然としておりました。


サクッと、・・・・サクサクッと(^^; 蓬莱、踊りたいなー。


師匠には、のんびりしてるのは私の個性だから構わないんだけど、踊りのときはそれではいけない、と言われたことあります。
ゆったりした曲のほうが、向いてるのでしょうか?



11月に、某所で踊りの会があるそうです。
詳細はまだ何も聞いてないのですが、「写真もとってくれはって、・・・(ゴニョゴニョ)」と、ちらっと聞いてきました。
蓬莱、踊りたいなぁ。(^-^)
大きな舞台で蓬莱は・・・、うーん。と思うので。
「蓬莱」と舞台の大きさ考えると、ちょうどいいのでは・・?と勝手に思ってます。(笑)





萩の白露 おきふしつらき 色と香の
 しげりてふかき床のうち今朝の別れに袖濡らす
 しょんがえ招く芒はいたずらものよ女郎花
 あぢなえ うつゝなや










今日も、わたしの独り言を読んでくれはっておおきに。

また明日もおこしやす。
お待ちもうしております。


おおきにね。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-04-22 13:34 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

小鼓体験教室  2

もうすこし、小鼓の説明を。


小鼓というのは、左手にもち、右の肩に担ぎます。
担ぐというと、少し御幣があるような気もしますが。

で、右手でポン!

指先を使いそうなのですが、実は指先ではないのです。
指の下のほうを当てるらしい。(その前に手のひらを、淵?の部分にあてます)
で、指先は当てません。
指先より先に、(指の)下のほうが当たるのですね。
先を当ててしまうと、振動がとまってしまうので、ポン!という音はならないのです。


本当に綺麗にあたると、ポンッ!
本当にびっくりするぐらいの大きな音が出ます。自分の耳の横で。(^^;

うわーっ! (^〇^)  です。(笑)


ちなみに、音は後ろから出ます。
前からは出ない。



左手をきつく持ったり、ゆるめたり。
音は5種類?ほどあるそうです。



何か、面白かったです。
色々な楽器があるものですね。



機会があれば、聞いてみてください。
面白いよ。
「能」の定期演奏会でも聞くことは出来ますよね。




今日も、読んでくださってありがとう。

はばかりさんどす。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-01-31 12:17 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

小鼓体験教室

に行ってきました。


どうしても、小鼓というものに触ってみたくて。
どれぐらいの大きさなのか、それぐらいの重さなのか、が気になってたのです。


気にはなってたけど、誰に頼めば・・・・・・?と思ってたときに、偶然、上村松園の画集をみたんですよ。
松園自身も、小鼓と舞、後、・・・・謡と長唄・・・・・やったかな? をお稽古してたとかで、それで、あ、やっぱり(体験教室に)行ってみよう、と思い立ち、ネットで探しました。


やっぱり・・・・違うなぁ、何か違うなぁ。と思ってたのです。松園の絵は。
お稽古してらしたと聞いて、なるほど!とひざを打ちました。
舞妓さんを描いてる絵は、多々ありますが、ペターンとしてる絵が多いんですね。
絵だから、当たり前と言えば当たり前の話なんだけど。
どんなに頑張っても2次元のものは、2次元ですよね。
それがないのです、この人の絵には。 
だからといって、中から人物が飛び出してくる、とかそんなこともないですが。
あ、絵によるかも。。。。。
私もすべての絵を見たわけではないので。


前置きが長くてすみません。。。。。。


と言うわけで、何でも勉強しなきゃ、ということで頑張ってみました。



で、本日。
昨年の12月の上旬にご連絡をさせて頂いてたのですが、なかなか日が合わず。
2ヶ月弱経ち、ようやく行ってきました。



思ってたより小鼓は大きいし、重かった。
ふーん、こんな重さなのかぁ・・・・・って感じですね。
これを持って踊るんやな・・・・・と、どこまで・・・?、どんな振りやったっけ?と考えながら、体験させていただきました。
実際に持ってみて、持たせてもらって本当によかったです。本当に。
本番の前日だけ持たされても・・・・・・と思ってたので。
想像では限界があると思ってますので。私は。
一応、踊りの会などに行っても、鳴物をよく見るようにはしてたのですが・・・・・。
あんま、効果なかったようで。。。。(^^;
何といっても、舞台ですし、何といっても、飲み込みが悪いもので。
(会が無くならなければ、成立・・・・・(^^;))




ひとつ、先生からのご指摘。

「間が悪いのではなくて、間が硬い。頭で考えすぎてるようにみえる」
といわれ、驚愕。(^^;(^^;(^^;


きゃー、5分も触ってないのに。  >_<



頭で考えすぎてる、とは師匠によく言われるのです。わたし。
何やっても、おんなじかぁ・・・・・・・・。
と、ショックを受けて帰宅しま、その後、京都駅へ合唱のレッスンに向かいました。
ヴェルディの申し込み、終了。  >やれやれ


いずれにしても、良い経験をさせていただきました。
先生に感謝します。

しかし・・・・・、なかなか遠い道のりです。
闘いは続く。うむ。

あー、でも凹んじゃった。(汗)
頭で考えすぎなんですねぇ、やっぱり。



今日も来てくださって、ありがとうございます。
しぇーしぇー。012.gif



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-01-29 23:28 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

間 (ま)

色々な間がありますね。
今日は、唄の間の話を。



この前、「つ く う ぅま」の母音の言い直しの話をしましたが、これは別に「つくま」の
ところだけの話ではありません。
最初から最後まで、曲の全編において言える事だと思います。
それが、その曲の間なのだと思う。
もう少し大きい捉え方をすると、長唄の間、なのかな。


それが自分は全然わかってないのだということに、今日、気が付きました。


長唄というものがそもそもわかってないし、・・・・・・・こんな感じなのでお三味線の
間も当然わかってないわけです。  
唄えないよりは唄えたほうがいいのでしょうが、ただ唄えたらいいというのではないですね。
ただカラオケで歌えたらいい、とかそういうのとは、また違うような気がする。
踊るのだから。
ということに今日、(いや、昨日)ようやく気が付きました。


踊りのこともわかってないのですが、曲のこともわかってなかったのです。
わかった気になってただけでした。
一番、性質が悪いな。。。。。。。


少しお三味線をならって、(確かに)かなり楽に間がとれるようにはなっていたのですが。
やっぱりその気になってただけでした。
大間違いでした。勘違いでした。


今日、お稽古の後で「母音の言い直し」の話をしてみたら、師匠に
「でも、本番でどういう風に唄われるかわかんないよ? 
テープのとおりに唄ってもらえるとは限らないよ?」
と言われ、愕然としたのです。
確かにそのとうりなのです。
「自分がいかに何もわかってないのか、今日、初めてわかりました」という話をした後
だったので、さらにショックを受けました。

あ、やっぱり何もわかってなかった・・・・・・・。


今まで私は何をやってきたんだろう?


踊りのこともわかってないのですが。
>また今度、書きます。


一から全部、やり直しです。
テープを聞き込むところから、やり直しです。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2009-12-30 00:35 | 音楽(クラシック以外) | Comments(2)

水の深さ

 水の深さを棹で知る 船頭さん
 心をはかる棹は ちょいとないかいな ♪

                           

                                           (小唄)



まさに、こんな歌詞を口ずさんでしまうような夢をみた。(汗)



風邪、ようやく完治しました。
でも、予防にマスクは必須ですね。

今日は、これから・・・・・むふふのふ。(^-^)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2009-12-16 09:49 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

二代目杵屋勝禄襲名披露演奏会

杵屋禄宣改め『二代目杵屋勝禄襲名披露演奏会』
平成21年11月29日(日)午前10時開演
祇園甲部歌舞練場


に、日曜日に行ってきました。


前日、コンサートに行ったので髪はそのまま。(^^;
寝る前にスプレーをかけなおしました。
なんとか持ってくれてよかったです。


で、演奏会。
お昼過ぎに甲部に行きまして、「勧進帳」以外、全部聞いてきました。
よかったですよー! (^0^)
バンザーイ!!! って感じ。   \(^0^)/   >(^^;

ビバ!   純邦楽!!! 

勝禄先生は、本当に出ずっぱりでさぞお疲れだったことと思います。
素晴らしい演奏をありがとうございました。

他のお師匠さん方も、皆さん素敵でしたし。。。。。
ほんとに、こんなにかっこいい世界があったのか、と。
日本にも、かっこいいもの、いくらでもあるよ、って言いふらしたい。
もう酔ってしまって大変でした。(笑)
余韻に浸りたくて、五条まで歩いたのですが、よたよた、ふらふらして本当に酔ってたみたいで。(笑)

踊りの会にいくことはあっても、音楽だけ、というのは、やはり少ないです。
立方がいると、そっちに意識は集中しますしね。
囃子が入ってても、御簾の後ろだったりするし。
特に、今は鳴物に興味があるのでいい勉強をさせて頂きました。
本当に行ってよかった。
当初の予定では、1時から5時くらいまで合唱のレッスンで抜けようと思ってたんですけど、着物で行きたかったので合唱をあきらめたんです。でも洋服で行ってても、レッスンは休んでたと思う。



途中、ふと思ったのですが、三味線と小鼓と大鼓と太鼓って、細かいところは、あってなくてもいいんですかね?
なんか、合ってるようには思えないところがあったのです。
ふと、

あっちはあっちで勝手にやる。 こっちはこっちで(勝手に)やる。
でも、合う。


という、吉田玉男さんの言葉を思い出したり。
あ、あっちというのは、太夫を指してます。



どの楽器も独立してるかのような印象を受けたところがありました。
オケも含めて、クラシックではあり得ないことですよね?  >そんなことない?
不思議であります。
でも、最後には全部合うのです。やはり、不思議ナリ。(?_?)
特に、最後に演奏された・・・・鏡獅子は、最後の太鼓のリズムが謎で、眼が離せなくなってました。(笑)

また演奏会があったら、行きたいです-----。



出演者の皆様、ありがとうございました。 お疲れ様でした。


  ↓ 押して下さい。  ひらがな入力がんばります。(笑) >関係ない。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2009-12-03 00:50 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

浅妻船   (長唄)


恋は曲者忍夜の 軒の月影隠れても 
余る思の色見せて 秋の虫の音冴えわたり
閨の月さへ枕に通ふ 鈴もりんりん振り鼓 しをらしや
[PR]
by akikoj-happy | 2009-10-27 15:42 | 音楽(クラシック以外) | Comments(2)

かっぱの感想

職場の方が来てくださいました。


今日、どきどきしながら勤め先に着いたら
「昨日はありがとうございましたー。すごいよかったですー。」と言ってもらい、嬉しくなる私。
チケットを少し安いお値段で譲ったのですが、しっかり差額分をプレゼントで頂いてしまいました。
エンジェル(ピンクのスティッチ)と、チーズスイートホームの6巻(チーのコインパースつき限定品)をもらいました。二人とも、わたしが好きなものを覚えててくれてありがとう。(涙)(;_;)
「こんなん、いいのにー。私のほうこそ、来てもらってごめんね、ありがとう。ほんまにありがとう。」と恐縮するわたし。
二人ともすごく喜んでくれたので、嬉しかったです。
ほっとしました。。。。。



もう一人も「すごいよかったですよーー。どうも、ありがとうございました!!!」と言ってくださったので、嬉しかった。本当に「!!!!!」な感じで。。。。。
この方は本当に感動されたようで、まわりに人がいなかったら、客席で泣いてたと思う、とまで言ってくださいました。結局、人目があるので泣けず、疎水のところまで我慢して、そこで泣かれたらしいです。
「今、〇〇さん(私のこと)を見て話してたら、また思い出して・・・・・(目、うるうる)・・・いや、すみません」とあやまらせてしまいました。
よく泣いてくださる、職場の皆さんです。(^^;
この方には、7月にモツレクにお越しいただいたのです。(チケットは私がプレゼントした)
そのとき、「秀とかっぱの笛」のチラシをごらんになり「是非!」と。
正直、そこまで喜んでくださると思ってなかったので、嬉しいっていうよりわたしが驚いてしまいました。
葛西先生によろしくお伝えください。とのことでした。



こんなに喜んでくださって、私も嬉しいです。
また一人でも多くの方に、喜んでいただければ私も嬉しいな。


少しでも日常のことを忘れることができたり、少しでも気分転換になってくれたら、と思ってお誘いしたのですが、その目的は達成されたと思う。。
達成されてよかったです。(涙)



次は第九です。一応3人の方を招待する予定。
もっと招待できればいいのですけれどもね。
一人でも多くのひとに第九をきいてほしいなぁ、と思う。
色々な第九がありますけどね。
で、できれば歌ってほしい。一度でいいから歌ってほしいです。
第九は幸せの歌だから。 わたしはそう思ってる。
[PR]
by akikoj-happy | 2009-09-15 01:34 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧