カテゴリ:音楽(クラシック以外)( 68 )

ARNiCO と NO.1 KOREAN

ARNiCOというバンドがあります。(インディーズらしい)

ここに私の友達がおりまして、昨晩、大阪の西長堀へライブに行ってきました。
彼のライブに行くのは、久しぶり。
東京へ行って、もう6、7年になりますので。
京都に居たときは、4、5回ほど足を運んだことがありました。
確実に、成長、進化してる彼の姿に脱帽。。。。。。
バンドも確実にレベルアップしてるし。 うーん、すごい。
私のように、ただ漠然としてるだけでは何も進歩ないですよね。(^^;

またライブのときは、行くから連絡を頂戴、と挨拶して別れました。
ARNiCO、応援してあげてください。(^-^)


昨年2月、東京へ遊びにいったときに、5、6年ぶりに再会しました。
そのときに、バンド活動は続けていること、昨年は韓国で、向こうのバンドとライブをしてきたことなど、その他お互いの近況報告や、昔の知り合いの噂話(笑)をし、別れたので、昨日は1年ぶりに会ったことになりますね。
そのとき、耳にしていた「向こうのバンド」が、昨晩出演していた「NO.1 KOREAN」。これ、枕詞ではなく、バンド名です。(^^;

2004年、結成。韓国を代表するスカバンド。
これまでに1枚のデジタルシングルと2枚のアルバムを発表。
数々のロックフェスティバルや大学祭などに出演し、知名度を重ねる。日本の衣類ブランド「ユニクロ・コリア」のCMをはじめ、テレビ・ラジオ番組に出演。
今、韓国のロックシーンでまさに話題沸騰中。


若い人の間では、有名なのだと思います。
トロンボーン、トランペット、サックスもありの、凄いバンドでした。
皆、格好良くて、素敵でしたよー♪♪♪
オススメ!

で、今回の「JAPAN TOUR 2009」が、初来日ツアー。(ARNiCOも一緒にツアーまわっています。)


今日、1月29日は名古屋。
栄TIGHT ROPEにて。
名古屋市中区栄4丁目3番地15号丸美観光ビル3.5階 
052-242-8557
Open 18:30 Start 19:00

1月31日(土)   東京
浅草KURAWOOD
東京都台東区駒形1丁目3番地8号ベッコアメビルB1階
03-5827-1234
Open 17:30 Start 18:00

2月1日(日)    東京
新宿Motion
東京都新宿区歌舞伎町2丁目45番地2号ジャストビル5階
03-6825-5858
Open 18:00 Start 18:30


最後の新宿には、ARNiCOの名前はなかったのですが、名古屋、浅草は出演されます。ARNiCOだけでなく、「NO.1 KOREAN」も、もちろん他のバンドも楽しんできてください。
ご来場、お待ちしています。>(^-^)

ARNiCOのHP
http://www.arnico-web.com/
[PR]
by akikoj-happy | 2009-01-29 11:14 | 音楽(クラシック以外) | Comments(2)

How High The Moon

昨日は、ひさしぶりに17時あがりでした。今期、最初で最後の17時。
で、ひさしぶりに、ゆっくり食事。

そのあと、PCの前に座ったんですけど、目が痛くて、頭も痛くて、文章まとめられへーん、ということで、ブログの更新は断念。
実は、のどの調子も悪かったのです。また、風邪のウイルスをもらった模様。もらってもすぐ定着(?)するので、困ってます。


目が痛いので耳を使おうと思い立ち。久しぶりに音楽を聴こうと母からイヤホンを借りました。犬にちぎられてから、何も聞いてなかったので。


浴びるように大音量できいた、エラ・フィッツジェラルド。
目痛いのにー、頭痛いのにー、のども痛ーーいと言いながら、ビール飲みながら聞いてました。(^^;
こんな時間に家にいるのも久しぶり、ゆっくり音楽を聴けるのも久しぶり、食事がゆっくり出来たのも久しぶり、・・・ということで、ネジが2、3本とんだようでした。


最初は、パーセルを聞いてたのですが、「なんか、違う!」と思い、エラを引っ張り出してきて、3、4時間ぐらいずーーっと大音量で聞いてました。一番リピートしたのが、今日のタイトル、ハウ・ハイ・ザ・ムーン。
本当に浴びるように聞いたので、ストレス解消にはなった。


1983年のグラミー賞授賞式で、過去の名場面集が放映されました。(多分、この映像は日本のテレビ局が編集したものだと思う)
このとき、13歳の私が衝撃を受けた曲が2曲ありました。
そのうちの1曲が、エラ・フィッツジェラルドとマンハッタン・トランスファーが、歌ってくれた「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」。
その後、CDを買うのですが、このときVTRで流れてた曲とは少し違うのです。残念ながら。CDのほうはコンサートの収録なので、かなりアドリブが入ってる様子。でも、録音されてるのは、これだけなの・・・かな・・・?ということで、このCDを聞いてます。最初は違和感があったのですが、聞いてるうちに慣れてしまいました。最初にテレビで聞いた「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」とは違うとはいえ、エラの素晴らしさは変わりません。いえ、CDのほうが凄いんですね。聞いてみてください、としか言えないのですが。

彼女が亡くなったとき、生前、彼女の歌声を生で聞いた方の記事を読みました。いきなり、その場のお客さんが一斉に笑い出したそうです。意味がわからなくて、自分は笑うことが出来なかったんだけど、後で聞いたら、エラが「私、歌詞忘れちゃったのよ~♪」と歌ってたとか。こんな話を思い出しながら、彼女の歌声に耳を傾けていた、昨日の夜でした。

しあわせなひとときでした。(^-^)b
[PR]
by akikoj-happy | 2008-11-07 22:00 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

三弦

お三味線の話。


前にも書いたけど、家では全然お稽古をしていません。
師匠の家で、お稽古のあと30分ぐらい触らせてもらってます。
でも、昨日で3回目。。。。。。(^^;


いつもお稽古が終わると、下に降りてしまわれるのですが、少し残って触ってたら(少しずつ居残るようになってた)、「練習したいのなら終わってから稽古してていいよ」と言ってくださいまして。私も私で、今まではお稽古が終わるとすぐに帰ってました。


で、結論。

やっぱり、稽古しないとダメ! ←当たり前。(^^;


「松の緑」は、最初、歌詞がないのですね。
歌詞がないところはいいのですが、言葉が入ってきたら、お三味線もあやふや、言葉もあやふや。ちなみに、「松の緑」はほとんど譜を見ずに、先生の手だけをみてお稽古してました。
だから・・・・なのかな?言葉が入ってきた途端、どちらの記憶もとんでしまって、思い出すのに一苦労。お三味線に集中できません。>_<。
家で練習できてないのもあると思いますが、歌詞が入ってきて、こんなにやりにくくなるとは、思っていませんでした。。。
帰りしなに、「唄もやらないとダメだねェ・・・・・・・」としみじみ言われ。(^^;

なんか、いい方法ないかなー?


追伸 「末広狩(すえひろがり)」は、譜を見ながらも、弾いてます。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-10-28 10:26 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

着メロ

携帯の着メロって何ですか?


私はダウンロードしたものじゃなくて、最初から携帯の中に入ってた、チャイコフスキーの弦楽セレナーデを使っています。
クラシックはまだ他にもあるんですけど、インパクトという点ではこれに勝るものはなしです。目覚ましのアラームもこれを使ってますが、眠りの浅いときに耳元でこれが鳴ると、本当に心臓に悪いです。(^^; どれだけ心臓に悪いか1回やってみて欲しい。

まだ予定はないのですが、新しい携帯を買ったら、着信音を何にしよう?という話を職場でしていました。
私は、ピンキーとキラーズの「恋の季節」がいいです。
そうか、「伊勢崎町ブルース」
とお話してたら、マリリンに「そんなん電車の中で鳴ったら、困らへんか?」と真顔で心配されました。

えも、ダウンロードできるのなら、この二つがいいです。(^-^)
えへへへっ。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-10-04 13:15 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

象さん

象さん

象さん 象さん お鼻が長いのね
そうよ 母さんも長いのよ

まどみちを 作詞  団伊玖磨 作曲



皆さん、ご存知の「象さん」ですね。


21日の日曜、朝から東本願寺へ。
秋季 永代経総経に行ってまいりました。


9時から10時まで  受付、抹茶接待
10時から       事務挨拶 法話 おつとめ

というわけで、朝8時に家を出たのです。。。。。


法話の午前のテーマが、「このわたしに納得できていますか?」
このお話の中で、上記の「象さん」のお話をされました。
お話は、東京の顕真寺 近田昭夫氏。

この象さんの歌詞は、象の親子の仲むつまじい様子が描かれてると思われがちですが、それは違うのです。これは、子象が他の動物たちにいじめられてるところなのです。
鼻が長いのが変だとか言われて、からかわれているのです。
でも、最後には、そうだよ、母さんだって長いんだもん。と自分を肯定してるのです。
自分が自分であることに、自信をもっているのですね。

1998年 6月1日の朝日新聞の社説に、書いてあったそうです。
私もてっきり、親子で仲良く遊んでる様子だと思っていたので、びっくりしました。
そんなに深い意味があったのですね。
もうひとつご紹介。

「熊さん」

春が来て 目が覚めて 熊さんぼんやり考えた 咲いているのはタンポポだけど
えーと 僕はだれだっけ だれだっけ

春が来て 目が覚めて 熊さんぼんやり川に来た 水に映ったいい顔みて
そーだ 僕は熊だった よかったな


近田氏のお孫さん(当時、小2)が、「自分の教科書にもまどみちをさんの詩が載ってるよ」と教えてくれました、とおっしゃっていました。
この詩も、まどさんが伝えたいことは同じなのでしょうね。
このお話を聞けただけで、がんばって早く起きた甲斐があった。


その後、おつとめがありました。
慣れてないので、周りの様子を見ながらのおつとめ。(^^;
母は、涙がでた、と喜んでいました。
それは、よかった。。。。。。
がんばって8時前に起きた甲斐あったわ、ほんまに。
いつもなら、昼前まで寝てるので。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-09-23 12:13 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

ケンカ売ってんの?

うつつなや

眺め尽きせぬ 殿(との)づくり

げに蓬莱を見あぐれば 高きしらべの松が枝(え)に

琴弾くような 鶴の足どり



この前書いてなかった、「蓬莱」の最後の部分です。

最後に「琴弾くような  鶴の足どり」という歌詞があります。

つるをイメージして、優雅に羽を広げないといけないところなのですが、
力を入れすぎたのか、パン!パン!と威勢よくやってしまって、

「鶴が(他の鶴に)ケンカを売ってるみたいだ。」と言われました。(^^;(^^;(^^;



師匠の表現の仕方が面白くて、おかしくて、つぼにはまってしまい、帰宅途中も思い出して、ヘラヘラ笑う始末。道を歩きながら。。。。

今も思い出して、ヘラヘラ笑ってしまいます。←笑い事ではないですが。


だから、曲が理解できてないんですね、あたしって。 σ(^^;

でも、面白かった。(^0^)
[PR]
by akikoj-happy | 2008-08-30 00:17 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

夏は来ぬ


卯の花の匂う 垣根に
時鳥(ホトトギス) 早も来鳴きて
忍び音もらす 夏は来ぬ



小学校唱歌です。
5番まであるようですが、とりあえず1番を。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-08-26 12:12 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

酔ってるとき

酔ってるときは・・・・・・。


お三味線が聞きたいな。

今日、初めてそう思った。


あたしって、日本人! と思った瞬間。(笑)
[PR]
by akikoj-happy | 2008-08-16 23:36 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

長唄  蓬莱

あだしあだなみ  寄せては返す岩まくら

浮名はぱっとたつ鳥の

ねぐらを慕ふ恋の山           (二上がり)




萩の白つゆ おきふしつらき

色と香の茂りて深き床のうち

今朝のわかれに袖濡らす

志(し)ょんがえ


招くすすきはいたづらものよ

をみなえし(女郎花) あぢな気になる花の色

さめぬ桔梗のかは(わ)ゆらし

志(し)ょんがえ                (本調子)




注・・・・・好きなところだけ抜粋しました。
     すべてではありません。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-08-05 23:09 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

お釈迦さまでも気がつくめぇ

1  粋な黒塀 見越しの松に
   仇な姿の 洗い髪
   死んだ筈だよ お富さん
   生きていたとは お釈迦さまでも
   知らぬ仏の お富さん
   エーサオー 玄治店(げんやだな)

昭和29年の大ヒット曲。春日八郎の「お富さん」。
歌詞は4番まであります。

お富さん、大好きなのです。わたし。(^-^)(^-^)(^-^)



タイトルの「お釈迦さまでも気がつくめぇ」が
「生きていたとは お釈迦さまでも
 知らぬ仏の お富さん」ですね。

「お富さん」は、歌舞伎の「源氏店(げんじだな)」を題材にしています。
正式タイトルは、「与話情浮名横櫛(よはなさけうきなのよこぐし)」


与三郎は大店の放蕩息子。 お富は赤間源左衛門という親分のお妾さん。
この二人が木更津の浜辺で出会い、恋に落ちます。
当然、許されるわけもなく、与三郎は殺されないように斬り付けられ、34箇所の刀傷。
お富は木更津の海へ身を投げます。
溺れ死んだと思われてたのですが、実は助かっていました。
その後、お富は命の恩人の世話でとある家にやっかいになります。
与三郎は「切られ与三」のあだ名で小悪党の仲間入り。
その与三郎が、小銭をせびりに入った家が、お富が世話になってた家で、二人は再会するのです。
それが、この歌詞なんですね。。。。


毎年、地元の盆踊りで流れる「お富さん」です。
とりあえず、江州音頭とお富さんと炭坑節が流れたら、私は大満足。
というか、この3つは押さえないと、困るのです。
踊った気がしないので。(^^;

昨年は、休みを取ってたにもかかわらず、体調が悪くて出遅れてしまい、お富さんは踊れませんでした。
一昨年は、友達との約束を切り上げて、盆踊りに間に合うように帰宅したにも関わらず、雨で中止。(T△T)
来年は、絶対、お富さん踊るで! と年末から、気合をいれて、早々に浴衣をクリーニングに出して準備万端。(笑)
仕事のほうも、ナントカ人手が集まったようで、私は盆踊りに行けるようです。
お天気だけが心配だったのですが、なんとかなりそうですね。

また、やれやれ。なのでした。 σ(^^;
3年ぶりにお富さんが踊れそう。。。。。

補足★★★


2 過ぎた昔を 恨むじゃないが
  風も沁みるよ 傷の跡
  久しぶりだな お富さん
  今じゃ呼び名も 切られの与三(よさ)よ
  これで一分じゃ お富さん
  エーサオー すまされめえ


3 かけちゃいけない 他人の花に
  情かけたが 身のさだめ
  愚痴はよそうぜ お富さん
  せめて今夜は さしつさされつ
  飲んで明かそよ お富さん
  エーサオー 茶わん酒


4 逢えばなつかし 語るも夢さ
  誰が弾くやら 明烏(あけがらす)
  ついてくる気か お富さん
  命みじかく 渡る浮世は
  雨もつらいぜ お富さん
  エーサオー 地獄雨


参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E5%AF%8C%E3%81%95%E3%82%93#.E9.96.A2.E9.80.A3.E4.BD.9C.E5.93.81
[PR]
by akikoj-happy | 2008-07-19 10:18 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧