カテゴリ:花( 30 )

期間は10年

私がメルマガ登録をしている、未生流から家元研究会のお知らせがきました。

一応、師範なので。  一応ね。(^^;


1月に1回なので、なんとかならないかしら?と。
でも、期間が10年。



とりあえず、時間とお金・・・(^^;  の確保のために、問い合わせ中です。


参加できたらいいな。


何度も問い合わせをしたり、先生を紹介していただいたりしたのですが、場所と時間と回数(1月のお稽古回数)、お月謝がなかなか、今の私にあわなくて。。。
やっぱり平日の夜に働いてると、身動きとれないですよね。



今度こそ、参加できたらいいな。
[PR]
by akikoj-happy | 2009-08-02 11:25 |

2008 いけばな新進作家展3

心斎橋のそごうで開催されてた、「2008 いけばな新進作家展 3」に行ってきました。
前期、中期、後期、の各々3日間ずつあったのですが、後期の最終日、ギリギリセーフで間に合いました。
もう少し日数が長いと助かるのですが、相手が花なので長くは無理なのです。


もうあきらめようかと思っていたのですが、やはり行った甲斐はありました。
はい、勉強させていただきました。ありがとうございます。 というところです。


「踊り」もそうなのですが、ポーズを決めるのは難しいですね。(^^;
花も一緒です。
本人が良いポーズだと思ってても、それを他人が見たら、どう思うかというのは、また別なわけで。当然。


私から見たら、おなかをそってて、なんかメタボな感じがする、とか。
そういうのもあったので。(^^;
要は、見せ方の話ですね。。。。。。

また踊りの話になりますが、自分の体は、右ななめ前を向いてるけど、上半身だけちょっと正面を向く、とかこんなポーズってあると思うのですが、花も同じなのです。そのほうが、前から見たとき表面積が大きくなるから、たくさんお客さんにみてもらるわけですね。
たくさん見せるためだけに、正面を向かせるわけでもないと思うのですが。
もちろん、バランスの問題でもあります。
同じ型でも、人によって微妙に角度が違うんですね。
どう思うかは、人によりますね。
最後は、自分をconvinceさせることが出来るかどうか・・・?なのでせう。

あと、「あァぁ~~、こういうのもあアリなん?」という作品がありまして、ちょっとショックを受けてきました。あれはあれで、一つの型なのかもしれない。うむ。
写真がないから、お見せ出来なくて申し訳ありません。
興味おありの方は、今度私にあったときに聞いてやってください。
喜んで、絵を描いて説明させていただきますので。(^-^)


無理やり時間を作って、駆けつけただけのことはあった、いけばな展でした。
花は人に見られることを意識して、活けないとダメなのです。
いや、もちろんちゃんとやってましたけど、改めて再確認した感じ。
枝1本に、その枝の存在意義(そんな、オーバーな・・・・・(^^;))を見出せたのが、今回の収穫です。
やっぱり、花はいいですねー。心も落ち着くよ。
会場に到着して中をウロウロしてたら、すごく落ち着いてきて呼吸がちゃんと出来てる感じがした。体の緊張も解けた気がしました。 >気のせいかも?(^^;


また来年も期待しています。
出展されてた皆様、どうもありがとうございました。
お疲れ様でした。

http://dairokuseitoukai.at.webry.info/ ←よかったら、覘いてください。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-09-10 23:58 |

バラ公園

先日のコンサート(ピアノ・テトラヘダン)終了後、バラ公園に行ってきました。
ホールから歩いて、15~20分ぐらいのところにありました。
地図で見ると、もう少し近そうでしたが。

終戦直後、街を、人を元気づけるためにバラを植えたのが始まりだそうです。
今では、280種、5000本ほどあるそう。
HPでみたときは、プリンセスふくやまとか、福山の名前がついてるものしか紹介されてなかったのですが、いっぱいありました。

時期が時期だけに期待してなかったのですが、思ってたよりは咲いてて驚いた。
ちょっと嬉しかったです。
秋バラなのかな?

遠くから見てると、結構咲いてましたが、近くで見るとまばら・・・・。(^^;
切られてしまって、わたしの膝ぐらいの高さになってるバラもありました。
(当然、花は全然なし)

一応全部見て回ったのですが、
トランペッター、スケルツォ、ライブラリアンとかいう名前のバラを見つけました。
あともう一つ、音楽に関係ある名前を見つけたのですが、忘れた。
3つぐらいが限界のようです。(^^;


満開のときにきたら、すごいんやろうなーと思いながら、バラ公園を後にしました。
来年は、枚方公園のバラ園に見に行きたいですね。(^-^)
庭にバラ・・・・・とも思ったりしましたが、・・・バラ、難しいんでしょうね。きっと。
そういえば、いつも(花を)買ってくるばかりで育てたことはないなァ。
育ててみたいなぁ。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-09-10 11:38 |

歩道橋の花

シンガポールでは、歩道橋の横に部分に花が植えられてます。
車の中からみえる、横の部分に。

何て名前なのかわかりませんし、写真もなくてすみません。(^^;

でも、あんなところに花が植えられてる!と。
シンガポールに到着して、一番最初に感激したことでした。


もちろん日本にもありますが、背の高い木がいっぱいあって、なんか嬉しい。。。
緑はいいですね。。。。


ツアーに申しこんでたので、植物園にも行きました。
広さ10万坪という植物園です。見て回ったら、1日かかりますね。というガイドさんの説明でした。
私一人なら、1日中植物園に居ても構わないのですが、母と一緒だったのでツアーに申し込み、20分ほどでその場を後に。
いつか、ゆっくり植物園をまわりたいですね。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-08-12 10:18 |

講習会 (未生流)

昨日、未生流の講習会に行ってきました。
                                >講習会続き(^^;



今のうちに頑張って、と思ってるのですが、何のことはない酔いがさめてきたのでした。
というわけで、今日のうちに頑張って書いちゃいます。


新花、格花、造形の3種の実演、解説がありました。

一番ぐっときたのは、「格花」。 ←展覧会に行ってもいつもそうなのですが。

「究極の美」とは・・・・?と聞かれたら、これでしょう、と思う。
やっぱり、足を運んだだけのことはあった。


解説で、
「新花」と「造形」の差は? というのがありました。

解説してくださった先生によると

「新花」は、器をつかう。 「造形」は使わない。
器を使わないということは、水から自由になる。
水から自由になると、花は一人歩きを始める。



私にとって、なっっかなっかな衝撃の発言でした。


これどうなんでしょうね? >???

花が一人歩きを始めてしまうと、・・・・・それ、別に花を使わなくてもいいよね?と思う作品が絶対出てくるんですね。
他の材質でもいいよね?と。

こういう作品に出会うと、自分の中でどういう風に処理していいのかわからなくなってしまうのですね。 私が意味を求めすぎなのかもしれませんね。
やっぱり、これは花を使用しないとありえないですね、とか花を使用するから、こういう表現が出来るんですよね、とかそういう作品ならわかるんですけども。他の材質でも、出来なくはないですよね、と思うようなものは、花が可哀想ではないか、と思うのです。花は花なんだから。と。何のために生花を使ってるんですか?と聞きたくなってしまうのです。
個人的見解とくくってしまわれると、どうしようもない問題だとは思うのですが、そんな作品をみると、こう思わずにはいられない自分に気がつきます。


何はともあれ、また、自分の勉強不足を痛感した、今回の講習会でした。
やっぱり、お稽古再開を前向きに検討しようか?



残念ながら、明日の講習会は欠席です。(涙)
実は、久しぶりにTOEICを申し込んでしまいました。
講習会が入ってくることがわかってたら、申し込まなかったのに・・・・・。
残念です。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-07-27 01:19 |

オスカー

母の誕生日にオスカーの花束をプレゼント。

出来れば、バラを、とは思っていたのですが、まさかオスカーがあるとは思ってなかったので、嬉しかったです。
お店で「ん? ・・・・・ オスカー?」と聞いたら、「よくご存知ですね。」
「オスカーだけわかるんです。(^^;」
お店の人によると、「ローテ・ローゼは知ってる方、多いんですけどね」
どんな花なのかな?と思ったのですが、残念ながら、その日はローテ・ローゼありませんでした。

アレンジメントは、バラだけでお願いしました。
どんな風にアレンジされるか、届くまではわかりませんのでね。

当日。
我が家に着いたときは、まだ3分咲ぐらいだったのですが、今は満開。
良い匂い付き。(笑)

私が少し元気になったのは、オスカーの存在もありました。

やっぱり花はいいですね。うん。(^-^)


配達のお願いにお花屋さんに行った日は、先に化粧品を買い(これもプレゼント用)それから、お花屋さんに寄ったのですが、花から元気をもらって、帰りは足取りも軽く、心も少しウキウキ。
化粧品よりお花を先に買いに行けばよかったと、後悔しました。
疲れてたせいで、愛想はなかったと思うので。反省。


花はいいですね。本当に。私にとって、花の存在って大きい。。。。と再認識させられた話でした。
パワーダウンしてたときだったので、余計に身にしみました。

また写真をアップできるようになれば、アップしますね。
オスカーを見てあげて下さい。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-06-21 12:24 |

さくら

明日の京都は、このスキンのようになるのでしょう。

今年も桜のアーチは見事でした。
七分、八分ぐらいから、満開までの時間の流れ方がゆっくりだったように思うのは、私が待ち侘びていたせいでしょうか?
一度、しとしと雨が降った日もあったのですが、花には影響せず。

今年はひさしぶりに、十何年ぶりかな?しだれ桜を見たかったな、と思います。
残念ならず。


枝が伸びてきて、水面ギリギリのところまで垂れ下がってる疎水沿いの桜。
本当にギリギリなんです。枝の長さでも測定して、上で水を放ってるの?とおもうぐらいギリギリ。
その下をゆるゆる、ゆるゆる流れる疎水の水。

私が一番好きな桜の風景です。
これが、いわば私の桜の原型なんですね。(^-^)


明日、明後日で、今年は終わりかな。

たへて桜のなかりせば  というところで本年はこれにて。。。。。。ですね。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-04-05 00:04 |

師匠

ご縁があって、その流派の同人誌を送って頂いてます。
当然、社中のものでもないのですが。


2年前に頂いた本を拝見して、是非、この方に師事したいと思うようになりまして。
写真でお見せできないのが残念ですが、・・・その作品は、私の中の華道の概念を見事なまでに覆してくれました。
そんな作品なのです。

満を持して、というところかな?
[PR]
by akikoj-happy | 2008-03-29 04:39 |

a little garden

陶芸家の出口絵衣子さんの作品を拝見してきました。



植物が心地よく育ち、なお引き立てる器を目指日々作成しております。
高島屋では3回目の展覧会となります。是非、ご高覧ください。

と置いてあった案内用の葉書に書き記されています。


上の文章を読んで納得。
そんな作品なのです。本当に。(^-^)

彼女の作品を見て、型だけではなく、花器にも自分がしばられていたことに気がついて。おまけに作品を見てインスピレーションが沸いたなんて初めての経験。
ある意味、ものすごい出会い。。。。。。

湧き上がってきたものがちゃんと形になるには、色々試行錯誤しないとダメだと思うけどね。なんせ、初めての経験ですから。(^^;

出たくても出られなかった型から、少し出られるかもしれません。

うるさすぎて、花と喧嘩してしまうような花器は嫌いなもので。。。。

@@@@@@@@@@@@@

型から出たくて仕方ないのですが、出てしまうとやはり心許無い。(^^;
(気持ちは)出たり入ったり、違うほうに行ったり、また戻ってきたり。
これの繰り返しです。
[PR]
by akikoj-happy | 2008-03-24 14:53 |

ROSE DE IKEBANA

ばらのいけばな展にいってきました。(^-^)

頑張って、朝10時前に起きました。頑張らないと起きられないので。
(日曜は、いつもお昼まで寝てる)


日曜の朝から、すっかり幸せな気分になりました。(^-^)
会場を後にする頃には、さわやかな気持ちになり、少しウキウキ。
心が軽くなったというか。


花って、偉大。


今回のいけばな展は、新聞の夕刊で見つけたのです。
期日が2月2日、3日とあったので、「これは、頑張って起きないと!」
今年は「華道京展」にいけなかったので、口惜しい思いをしていました。
昨年は、確か3月だったと思うのですが。。。。


サブタイトルは「バラの花に想いをこめて」。
部屋にはいって右手に、ばら(30種)が見本のように透明の花器にきちんといけられてて、嬉しくなるわたし♪♪♪
どの花も、いい感じに綺麗に咲いていました。

あんなにたくさんのバラを見たのは、初めてだったので嬉しかった。
しかも、ちゃんと生けられてましたので。
植物園やバラ園のバラでは、ダメなのですね。
私にとって、花とは「いけられてる花」が花なのです。

一番のお気に入りは、「オスカー」
「ラ・カンパネラ」という変わったバラもありました。
カーネーション?と見間違えるようなバラも。名前忘れたけど。(^^;
皆、品種改良で作り出されてるのですね。


主催 京都市
    いけばなネットワーク21京都
場所 京都芸術センター
滋賀県の竜王町にあります、杉本ばら園さんのご協力だそうです。


よいにおいのするバラもあり、(イブ・カノン フェアビアンカ ジャンヌダルク etc)バラ園に足を運んでみたくなりました。
いまだに、行ったことないので。。。。。
一度、枚方パークのバラ園に行こうとしたことはあったのですが、先の理由でHPの写真を見てるだけで、嫌になってしまったの。(^^;


大きな作品を拝見してると、私も生けてみたいなぁ、と思いますね。
花器からして、大きさ違うもん。(笑)


すごく幸せになれた、いけばな展でした。。。。。


ついでですが、サントリーが青いバラを開発して(4年前)、とうとう販売スケジュールのめどがたったそうです。
青いバラに関しては、最相葉月さんの「青いバラ」が面白いです。興味おありでしたら、ご一読を。 「絶対音感」も面白いよ。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/biotechnology/


次回も楽しみにしております。


[PR]
by akikoj-happy | 2008-02-04 11:04 |