カテゴリ:音楽(クラシック)( 248 )

アイネ クライネ ラッハ ムジーク


こんな曲もあるのですね♪

どこの国の人も、いつの時代の人も、あんまり考えること変わらないね?
と思うのはこんなときです。

アイネ クライネ ナハトム ジークなんだけど、+ 色々な曲がこの中にいれてある、少しづつ、というパロディ(?)のような曲でした。
映画でもこういうのありましたよね。

すご~く楽しかったです。(^・^)♪



順番が逆になってしまって、申し訳ありません。
先週の金曜は、「弦楽四重奏の夕べ」にいってきました。



京都市交響楽団でご活躍の

木下知子さん(バイオリン)
五十嵐美果さん (ヴィオラ)



河村典子さん (バイオリン)
大橋友子さん (チェロ)

の皆さんでした。


プログラムは

ヴィヴァルディ 四季「秋」より 第1楽章
ベートーベン 弦楽四重奏曲 Op18-1
ハイドン  弦楽四重奏曲 Op33-3
シュレーダー アイネ クライネ ラッハ ムジーク




1曲目の「秋」の1小節で、いえ、1音でわたしのテンションは ↑↑↑↑↑。(笑)

曲が進むにつれて元気を頂き(「元気」が自分の中に溜まっていくのを感じ)、明日からまた頑張ろう!という気になれました。

ベートーヴェンは、ふっと「英雄」のメロディが続きそう・・・・な箇所があって、あー、久しぶりに「英雄」聞きたいな、と思ったり。
そういえば、しばらく聞いてないですね。。。。


やっぱり、音楽はです!


会場がそんなに大きくなかったせいもあり、
本当に目の前で演奏が聞けて幸せ。
と同時に、弦って、いいですね~060.gif としみじみしていました。


やっぱり、弦が好きー! (本日の結論)



素敵な演奏をありがとうございました。053.gif
また次回、楽しみにしています。

お体にお気をつけて、これからも頑張ってください。





「和の趣味」ではないけども。

どうぞ、押してくださいな。 ありがとう。(^-^)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-11-07 12:27 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

五線譜?

a0102303_1655382.jpg



どんな音符が飛び交うことになるのやら? 023.gif




明るいほうが西側です。

ほんの束の間、お日さまが顔を覗かせてくれました。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-11-01 16:55 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

悪魔のトリル

今日は、勉強会で三宮へ。
帰宅後、知りました。



本日、びわ湖ホールでコンサートがありました。
バイオリンが京響のコンマスの泉原隆志くん。
ピアノが塩見亮さん。


ヴァイオリンとエラールピアノの調べ


お昼から30分程度のミニコンサートだったようです。
コンサートがあるのは知ってたのですが、
まさか「悪魔のトリル」だったとは。。。(涙)


すごい、ショック。。。。。。。


なかなか演奏されず、ないかなー? ないかなー?と思い、リサイタルなどで
演奏されるのをずーーーっと待ってるのですが、なかなかないのです。
この曲。
ほんまに、待ってるんどすねけど・・・・・。



前回見つけたときは、大阪の御堂筋であった音楽祭で、バイオリンは
大フィルのコンマスの長原幸太くんでした。
これも残念ながら、行けず。
確か整理券を12時に配布されるのでもらいにいかないといけなかったんです。
で、演奏会自体は、夕方・・・・だったと記憶してる。
整理券のために1回、足を運ばないといけなかったし、しかも平日だったので、
断念したんですよ。
本当に、断腸の思いでした。


今回は、知らなかったのでまだよかったかも、と自分で自分を慰めてます。
知ってたら、・・・・・・・・あんまり考えたくない。(^^;


しかし、なかなかないなぁ、この曲。
本当に演奏されないのです。



今、思い出したのですが、私がリンクを貼らせていただいてる
K&K+k&a の生活
さんのリサイタルでも、「悪魔のトリル」の演奏がありました。
確か、場所は軽井沢だった。。。。。





次回、4度目の正直、・・・になりますやろか? σ(^^;







ひさしぶりなので、全然違う話をしようと思ってたのですが、ま、いっか。



どうぞ、押しとくれやす。
おおきに。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-10-07 21:26 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

第九の申し込み、終了。



なんとか、200人に達したようです。
よかった。(ホッ)


わたしは、9月10日にレッスンに行きまして、申し込みを。
少し、今年は早かったですね。(笑)

が、昨日は前の予定が押してしまって、レッスン会場に着いたのが、8時30分。
いつもなら、もう、今日はあきらめようと思うところなのですが、何と、荷物の後片付けを仰せつかってた日だったので、休むわけにいかず。(^^;


8時半から15分だけレッスンに参加。(^^;

何のためにいったんだか?というぐらいでしたが、
まぁ、・・・・間に合ってよかったです。




でも、いくらでもやることあるので(家事)、ちょっと家を出るのが遅くなってしまって。
昨日は、失敗でした。(反省)
しかも、朝から仕事でいなかったし。

雨が降りそうだから、「私が行ってくるよ」と、キャルの散歩に行ったり・・・・。(^^;
他の家事よりは、優先事項です。犬の散歩は。うん。



とりあえず、第九のお知らせ。

12月17日(金)

京都コンサートホール  大ホール

午後 7時開演

チケットの発売は、もう少し後です。
すみません。

よろしくお願いします。






今日もきてくれはって、おおきに。

どうぞ、ぽちっと。

おおきに。(^-^)




にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-09-25 11:50 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

第九を歌おうかと、悩んでらっしゃるかたに朗報。(笑)



第九の申し込み締め切り日が、延長されました。060.gif


24日の金曜日です。

つまり、今週の金曜ですね。


24日は、ウイングスにてレッスンがあります。


見学でもいいので、いらしてください。

こんな感じでレッスンやってるのかぁ、と思っていただけたら嬉しいです。



興味・・・・ないことはないけど、なんか、敷居高そうだなぁ、と思ってらっしゃる方
おられませんか?
そんな方でも、大丈夫です。
今年、歌えなくても結構です。

まずは、軽い気持ちで見学にいらしてください。
今年は、仕事の都合が・・・・という方もおられるかもしれません。
見学した以上、入団を進められると思いますが、無理は言いません。(と思う)
入団していただけたら、それはそれで嬉しいけども。
一度、見学にきて、一度、第九をーーほんの少しでいいのでーー歌ってみてください。
「これが、第九か・・・・・。」と知っていただけたら、それだけで私は嬉しいです。





24日、お待ちしています。(^-^)


見学だけでもいいので、いらしてくださいね。



ウイングス   京都府京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262

        四条通りから東洞院を上がっていくと、右側ですね。
        公園の北側です。公園のすご横。


やっぱり、京都は通り名がないとあきませんよね~?(笑)







今日も、きてくれはって、おおきに。

どうぞ、ぽちっと。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-09-20 23:22 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

こころより



心より、ご冥福をお祈り申し上げます。



ありがとうございました。
[PR]
by akikoj-happy | 2010-09-16 11:14 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

あまりに突然で・・・・・。

あまりに突然の訃報に、・・・まだ信じられません。


ご冥福をお祈りします、と普通なら書くと思うのですが、
ご家族の気持ちを考えると、なんか・・・書けないです。


すみません、まだ驚いてて。


最後、苦しまれたのでしょうか?
そうでなければ、いいなと思います。



まだ信じられなくて。


本当に言葉がないです。
[PR]
by akikoj-happy | 2010-09-13 12:33 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

京都で第九を歌いませんか?


第九のお誘いです。012.gif




2010年  12月17日(金)

京都コンサートホールにて、第九を歌いましょう!




開演は午後7時。



オケは、京都市交響楽団の皆様。
指揮者は、同じく、京都市交響楽団の第12代常任指揮者に広上淳一氏です。





毎週金曜がレッスン日。

9月10日(金)  ウイングス

9月17日(金)  鴨沂会館



以降は、レッスン会場にて。


18時から受付。

18時半から発声練習。
19時からレッスン開始。




ウイングス   京都府京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262

        四条通りから東洞院を上がっていくと、右側ですね。
        公園の北側です。公園のすご横。

鴨沂会館     京都市上京区荒神町 105番地
        この住所では、わかりにくいので地図を貼っておきます。
           
        わたしはいつも、丸太町から川端を上がっていきます。
        左の角にイタリアン(?)のお店があります。
        (フレンチだったら、どうしよう? (^^;))
        そこを左に折れたら、右側。
        角からはすぐです。






私は10日から参加します。

会場でお会い致しましょう。023.gif


一度でいいので、「第九」を体感してください ♪♪♪

楽しいですよ。




どうぞ、おしとくれやす。
おおきに。

久しぶりに雨が降りましたね。。。。。
今日は、涼しくていい感じです。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-09-08 13:42 | 音楽(クラシック) | Comments(2)

交響曲第一番 HIROSHIMA


全然書いてなかったのですが、先月期(7月16日~8月15日)の間に、
実は4回コンサートにいきました。
本部大河・・? 
本舞台が終わったら書こうと思ってたのですが、終わったら終わったで、
また踊りのことにフォーカスしてしまい、書いてませんでした。すみません。


演奏会が8月14日(土)
京都コンサートホール大ホールにて

京都市交響楽団の演奏でした。

佐村河内 守 作曲




佐村河内守


1963年、被爆2世として広島に生まれる。幼少よりピアノ、ヴァイオリン、尺八、マリンバなどを習い、10歳の頃より作曲家を志すも、破滅的なまでの完ぺき主義とロマン派クラシック音楽志向から、音大に進まず独学による作曲法の完全習得を決意する。
高校時代より凄まじい偏頭痛を患うようになり、生活に支障をきたしながら東京へと居を移して研鑽を重ねる。ある経緯から一時ロック歌手としてデビューすることが決まるが、直前に弟・亨が交通事故に巻き込まれて死去。悲報を聞き「頭に、身も心も引き裂くような不協和音が響いた。」というその衝撃を契機に偏頭痛の発作が悪化し、遂には聴力にまで影響を及ぼし始める。その頃から、不協和音を使った現代音楽的要素が作品に入る。耳の不自由な作曲家という話題性が作品の評価に影響することを嫌い、補聴器の使用を隠すために長髪にするなど、しばらくは聴力の低下を隠した生活が続く中、映画「秋桜」ゲーム「バイオハザード」等の音楽を手掛ける。聴覚障害は悪化の一途を辿り、1998年、35歳の時、ゲーム「鬼武者」の音楽を執筆前、完全に聴力を失い全聾となる。

(中略)

精神障害の緩和治療を受けながら、発作を誘発する日光を避けて暗い作曲部屋での隠遁者的な創作活動に邁進する。2008年9月1日、完成後5年以上日の目を見なかった大曲「交響曲第一番」が広島でのG8議長サミット記念コンサートにて抜粋版として初演される。その模様が「筑紫哲也のNEWS23」において取り上げられたことを機に佐村河内の存在と楽曲は再度衆目を集めることになった。
作家の五木寛之氏が「もし、現代に天才と呼べる芸術家がいるとすれば、その一人は、間違いなく佐村河内さんだろう。命をすり減らしながら創る音楽は、私の乾いた心を打たずにはおかない」との言葉を寄せている。作曲活動の傍ら日本の各地で障害者や難病の子供たちとの深い交流を続け、自作を聞くことの出来ない宿命を「作曲とは完全に他者の為の行為」と表し、「苦しむ者への救い=光は、苦しみ=闇から産まれる」という新年から自身の音楽を「闇の音」と表現している。



ちょっと長かったんですけど、引用しました。(^^;


チラシを見たときから、気にはなってたのですが、日にちが14日だったので、本舞台前だから・・・ということであっさりあきらめたのでした。
でも、前日の13日に銀行に行ったとき、「女性自身」の「シリーズ人間」という、読むドキュメンタリーのような記事がありまして、それを読んだのです。。(8月10日号)
実は、このシリーズ好きでして。(^^;
この号で取り上げてたのが、佐村河内さんだったんです。
それで、「あー、これはやっぱり、行かないと!」と。


原爆について、色々知らないことありました。


京都が候補地だったことは知ってたのですが、第一候補だったとはしりませんでした。
それも、7月の下旬ぐらいまではまだ第一候補だったのです。
爆心予定地は、京都駅から西へ1キロのところでした。


本当にそんなところに落とされてたのなら、私の父は今、
この世に存在してなかったかもしれません。
私も、今、こうやってPCの前に座ってなかったかも。。。。
父は健在ですが、その代わりに広島、長崎の多くの方々が犠牲になられたわけで。
犠牲になってくださった方がいらっしゃるから、今、わたしはこの場にいるのです。


まずこれにショックを受けて、演奏が始まる前から涙が出た。
京都生まれの京都育ちの私にとって、あまりに衝撃的な事実でした。
今まで、本当に全然知らなくて。
まさかそんなところに、落とされそうになってたとは・・・・。



重荷を背負わされ、暗く長いトンネルの中を歩いてるようなーーそれこそが「闇」なのですが。
佐村河内さんの闇、と同時に、原爆の闇が長く重く、はてしなく続いていくのですが、最後に一筋の光が見えて、それに救われたのでした。
果てしなくって、こういうことを言うんやなぁ、って。
でも、自分で1歩1歩、歩んでいくしかないのですね。

最後の鐘の音に、泣きました。

そのときは「救われた」と思ったのですが、でも本当はあれで終わりではないですよね?
と、今はそう思う。


闇は続く。。。。。


でも、また歩み続けてたら、また光が見えることもあると思う。
その一筋の光を見たいのなら、闇を知り、少しづつでも進んでいくしかないのでは?




最後に、


財団法人 広島平和文化センター
理事長  スティーブン・リーパー


・・・・(前略)・・・

平和な世界を目指す運動が一時的な「趣味」であってはいけない。
平和を考える講演会へ出かけ、問題の本質を知り、行動を起こすにはどうするか真剣に考えるべき。
平和文化を進める人たちはのんきで、資金を持っていない。戦争文化を進める人たちは真剣で、お金を持っている。このギャップは大きい。もっと大きな野心を持って平和文化を進め、戦争文化を凌ぐ勢いを創ることが必要だ。
小さなことにも全力を注ぎ、必死の覚悟で取り組めば、それが大きなうねりとなり、平和は実現するはず。




パンフレットから最後のところだけ抜粋させていただきました。




そうか、平和にも野心が必要なのか。。。。





次回は、11月1日 広島国際会議場フェニックスホールにて
          広島交響楽団が演奏されます。




お近くの方は(お近くでなくても)、機会があれば、
コンサート会場に足を運んでくださいね。 

原爆のことを知るためにも。
携わるためにも、きちんと知らなくては。013.gif






今日もきてくれはって、おおきに。023.gif
どうぞ、おしとくれやす。
おおきに。


今日も、アツイですね。(汗)
広島は行ったことあるのですが、長崎はないのです。
行かないとダメですね。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村 
[PR]
by akikoj-happy | 2010-08-29 16:05 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

Salva me

一番難しかったのは、このフレーズでした。
一言なんですけども。
これが一番難しかったな。


昨日、無事にベルディのレクイエム、終了しました。
お足元悪い中、ご来場くださった皆様ありがとうございました。

またお世話になった、合唱指揮の先生はじめ、レッスンをいつもご指導下さった先生方、スタッフの皆様、本番当日だけお手伝いに来てくださった元団員の皆様。
指揮の山下一史さん、京都市交響楽団の皆様、本当にありがとうございました。


まー、なんとか、無事に。(^^;

終わりました。 なんとか終わりました。 
終わったよー!            >もういいって。


終わった直後は「・・・・・・・・・・」だったのですが、合唱指揮の先生が随分と褒めてくださいまして「よかったの? か?・・・な???」と思えるようになりました。

私としては、満足のいくものではなかったのですが、聴きにきてくださった方々が「よかったよ。」とか「本当によかった。来て良かった。」とか言ってくださったので、まぁ・・・・・σ(^^; 「やっぱり、よかったんやなぁ・・・・」と思えました。


本番当日は、マエストロは暗譜で振られました。
が、そんなことにも全く気が付かなかった私。
演奏終了後に、合唱指揮の先生からお話があり初めて知りました。
山下さんしか見てなかったのに、・・・どこを見てたのでしょう?(^^;
前日のオケ合わせのときも、ゲネのときにも最後まで時間をとって、ご指導いただきました。ありがとうございました。
良い本番でよかったと思います。
後の懇親会も行きたかったな、と後悔していました。
が、後の祭り。
今年はしょうがないな、と自分で自分を慰めてました。



今回、2度目のヴェルディだったのですが、「え? こんな曲やった?」というところが多数ありました。
特に、楽器が入ってなくてアカペラ?のところ。
「え? こんなにアカペラってあったっけ???」と驚く私。
さっぱり覚えてなかったです。
一番覚えてたのが、一番苦労しなかったのが、実はSanctusでした。
ほとんど覚えてた。
前回、一番苦労したせいでしょうね
非常に長い曲でしたが、期間も6ヶ月かけてましたが、終わってみればもう少し練習したかったですね。そういう意味では悔いあり。
お稽古をし尽くして、本番に臨むというのは、時間的にも難しいことかも。
でも、最後は、だから自分の問題なのね、と思ってます。



もう少し歌えるようになりたいです。
やっぱりこのレベルで第九を歌うのは、嫌やな、と。
音程とか声量とか、問題は多々ありますが、発音も問題だ。
でも、合唱って一人でやることではありませんから、他の問題もあります。(内緒)
と書いてても一番の問題は、やはり自分であります。

りーべらめどみね で もーるてぇえぇてえーるなー
いんでぃえいーらっ とれめーんだっ

もう、こんなん嫌やねん。 >_<
ほんまに、いや。
自分で自分にうんざり。



うーん、第九に向けて課題は多い。(多分)





なにはともあれ、お世話になった皆様、ありがとうございました。








あと、1週間で梅雨明けですね。
「やっぱり、祇園さんが終わらなあかんねー」という会話を朝から3回もした。(笑)

今も、通り雨が・・・・駆け抜けて行ったって感じです。
もう、やんでます。




どうぞ、おしとくれやす。039.gif
おおきに。


1度、第九を歌ってみませんか?

楽しいですよ。(^0^)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-07-12 15:31 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧