カテゴリ:音楽(クラシック)( 248 )

2010が 欲しい!

a0102303_1153424.jpg






写真のテディベアの足の裏には、(向かって)右には Harrods、左には 2006と書いてあるのです。



そうなんです。


2006年の夏、プロムスに行ったとき、帰りにヒースロー空港で入手したポーチなんです。

2006と書いてあるのに、長い間気が付かなかったのですが。(^^;


先日、UK 一色なお店で、友達とランチしました。

I 053.gif United Kingdom な私としては、・・・・。σ(^^;



もちろん、今年はどこも行かないですけれど。 行かない、というか行けない。

このポーチが私の手元に来たら、テディベアの足裏には「2011」と書いてあるのでしょう。最短で2011ですよね。
「2010」が手に入ったら、・・・・それは何を意味するんだろう?(汗)



来年は、絶対行くぞっ!

  ・・・・・・とりあえず、1回は行きたいです。。。。。今年は我慢ナリ。







今日も、きてくれはっておおきに。
また来とくれやす。

どうぞ、押しとくれやす。
今日、押してくれはったら1位どす。
よろしゅう、おたの申します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-04-14 11:05 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

女のひとは、種火を消さないようにしないとね。

先の木管トリオのコンサート終了後、懇親会によせていただきました。


そのときに、先生の大学での後輩の方(女性)とお話を少し。。。。。




ご本人は、

歌だったんだけど、なんでか管の人とばかりつるんでたのよね。



恩師の退官記念パーティーで、その恩師が

女性は色々あると思うけど、とにかく、種火を消してはいけない。

と言われたそうです。


なるほど。
結婚、特に、家事、出産、育児、介護・・ついてきますよね。



とにかくね、種火を消さないようにしないとね。 


避けて通れない道は避けて通れないんだからね。


うーん、そうだなぁ、とまたしみじみ。

その道を避けて通りたいのであれば、その道を選択しなければいいのね。

ごもっとも。




管のひとたちなんかね、練習の9割、いや9割5分ぐらいかな? ロングトーンの練習しかしてないのよ、あの人たちは。学校で曲の練習してるところなんか聞いたことないよ。

そうなんだ。。。。。。
と書きながら、ロングトーンって何かわからないんですけど・・・でも言わんとするところは、伝わりました。(多分。(^^;))



今まで、ボランティアで引き受けてたのに、急にお金の話を出すようになったら、なんで?てなるでしょう? 1人、100円でもいいので、必ずお金は発生させるようにしないと。それを重ねていくと、最初5人のお客さんだったとしても、それが100人につながるようになるのね。5人の先に100人がいるのね。


これは歌のお話ですよね。
どこかで頼まれて歌うことがあっても、ボランティアで引き受けないよう、ということだと思います。。
お金が発生すると、聴くほうも、演奏する側も意識は変わりますよね。絶対。

「彼女はボランティアでよく演奏してるのですが、ボランティアばかりやってると、あんな演奏になってしまいすよね。」
と誰かが言ってるのを聞いたことある。
もちろん、ボランティアが悪いわけではないと思うのですが。。。
ちょっと、ムツカシイところかなー、ここは。
わたしは、自分の特化したものを披露する場合は、ボランティアではやめたほうがいいと思ってるんですけどね。





色々、勉強になりました。 また深いお話でした。。。。。

ありがとうございました。




今日は、いいお天気です。
今週末で、桜は終わりかな?


どうぞ、押しとくれやす。おおきに。037.gif


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-04-10 11:29 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

BACH  INVENTIONEN

7日の水曜日。
行ってきました、トリオ・ダンシュ・デ・コロン。

トリオ・ダンシュ・デ・コロン



ちょっと緊張気味で。
着物がうまく着られませんでした。(^^;

ドキドキしながら会場へ。



最初は、ステージの上でお見かけするわけですので、声をおかけすることもなく。
あー、でも全然お変わりないなぁ・・・・。
声をお聞きしたら、・・・こんな声やったっけ?先生?? (^^;


コンサートは演奏あり、おしゃべりありで、あっという間に休憩。
休憩後も、あっという間に終了。後半のほうが早かった。。。。
本当に、あっという間。
楽しい時って、ほんの一瞬ですね。
色々お話はあるのですが、あまりばらさないほうがいいと思うので内緒です。(笑)


私は一番なじみがなかったのが木管でしたので、最初はどの楽器がどの音を出してるのかわからなくて(^^;。
クラリネットとオーボエをずーーっと、間違えてたということが休憩中に買ったCDの解説を読んでようやく判明。(^^;
そうか、そうやったんや。。。。こっちがオーボエで、こっちがクラリネット!
そういえば、(アンディさんの楽器をみて)ベニー・グッドマンが持ってたのは、こっちやん!
木管だけをあまり集中して聞くこともないし・・・・・・シンフォニーだと、木管(or金管)はちょっと出てきて、またすぐ舞台の袖に入ってしまう後見さんのようなイメージですよね。

改めて、食わず嫌いはもったいない、と実感。


私自身は、最近バッハが好きなので、迷わず新譜を購入。
今もCDを聞きながらこれを書いてます。(^-^)


オーボエの吉田さんのお話を少し。

今回、録音してから改めて聞きなおしたのですが、皆、CDを聞き出すと途中で寝てしまうんですね。だから、車の運転中にはちょっと・・・・・、(笑) 

ということでした。(笑)
気持ちよくなるらしいです。 

アンディさんは、バッハが好きでずっと演奏をしたかったのですが、バッハの時代にはまだクラリネットという楽器はなかったんですね。今回、水間先生が編曲をされてようやく演奏できるようになったということで、張り切っておられたそうです。
職場の子を「第九」に呼んであげたとき、後で「チューバがなかった」と言ってました。チューバはもう少し後の楽器なんですね。そうか、その楽器がないと演奏できないもんなのか、と初めて気がついた。


木管の音色って聞いてみると、柔らかくて、心地よいですね。(^-^)

でも、この柔らかさが私には物足りなかったのかも。>これって性格の問題?(^^;




今回、30年ぶりにお会いできまして感激も一入でした。
(初めてお会いしたのが8歳。最後にお会いしたのが10歳のときでした)
最初は少し緊張してました。(^^;

どうしておられるのかなぁ?とは思ってても、誰に尋ねたら・・・・?
私をハーモニカに誘ってくれた友達も、今、どこにいらっしゃるかわかりませんし。
本当にインターネットってすごいです!


なにはともあれ、お元気で嬉しいです。
もう本当にそれだけです。


でも、それだけでなく、ファゴットだけではなく、指揮も作曲もドイツに渡られてから一から勉強されて・・・・・「倦まぬたゆまぬ」努力って、こういうことをいうんだなぁ、と先生のインタビューを拝見して涙がでました。ドイツのオーケストラに入りたい、という夢を実現するだけではなく、それ以上になっておられるわけで。。。。。でも、「人生うまくいかないから面白い」とmixiのプロフィールに書いてあったこと忘れません。
よく、カンガイブカイ、カンガイブカイと日記に書いてましたが、私の人生の中で、一番「感慨深い」日となりました。あぁ、こういうのを「感慨深い」というんだなぁ、としみじみしながら帰宅。言葉にならないぐらい、深く、静かな感動。
こういう感動もあるのですね。。。。。。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


演奏はもちろん、水間先生の生き方に感動した日でした。

少し木管に興味も持てたので、これからシンフォニーを聴くのも楽しみになるでしょう。

来年の夏、また日本でツアーがあるそうです。
個人的には、ケルン放送管弦楽団の演奏を聴いてみたい。
初めて行ったヨーロッパで一番すごーい!と思った建築物が、ケルンの大聖堂だったので。
フランスはあれから何度か行きましたが、まだドイツは1度だけなので。
予定ではあと2年、友達がドイツにいますのでその間に、と思ってるんですけどね。
確か、デュッセンドルフなんですよ。ケルンから近いのかな?


30年って、考えてみれば人生の3分の1ですもんね。
やっぱり深いです。。。。。長いです。
その間、ずっと努力を続けてこられた先生ってすごいなーって素直に思う。。
有言実行、以上だもん。

先の予定はわからないし、今日の夕食の約束もない。その覚悟がないと、この仕事はできない。といってたのは、サイモン・ラトルですが。


やっぱり、深いや。。。。。




素敵な演奏をありがとうございました。
また次回、お目にかかれるのを楽しみにしています。012.gif





今日もきてくれはっておおきに。

また明日もよろしゅうおたのもうします。
和の趣味ではないんどすけど、押しとくれやす。
おおきに。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-04-09 12:16 | 音楽(クラシック) | Comments(2)

コンサートもろもろ

今日は、少し寒い。

寒の戻りですね。




先日、ふと思い立ち「ぴあ」で検索。


ギトリス氏が昨年の約束どおり、来日されます。(はっ?!)
しかも、12月。
うーむ。でも、場所は名古屋。(ニンマリ)


パールマンも来日。

前回、シンフォニーでのコンサートは体調不良のため中止。
チケットは払い戻されましたが、・・・そういう問題じゃないのよー!
が今回は、みなとみらい(横浜)とサントリーホール。
みなとみらいのほうが、こちらからは近いけど、駅からは遠いのね。ここは。と考える。。。。しまった、こんなこと考えてる場合じゃなーい!


東京文化会館に、マノン・レスコー行きたいなー。
大体、ステージに近い席がすきなのですが、唯一の例外がここ、東京文化会館。
ここなら上のほうでもOKです。
OKです、って・・・・・。(^^;
私の知る限り、最高額のS席です。。。。さて、いくらでしょう?



シンフォニーに行っても、チラシをもらってこないように努力してるのですが、・・・あっちからもこっちからも情報は入ってきますね。イープラスの登録、やめようかな、と本気で思ったり。



とりあえず、今日は、新大阪です。木管のトリオが初めてなので、どんな感じなのか想像もつかず。
非常に楽しみで。
明日は、シンフォニー。
ニールセンの「不滅」という曲は、ティンパニが2台だそうです。
最近、思ってたのですがどうも、弦と打楽器が好きなようです。私は。
ということで、非常に楽しみ。むふふ。(^-^)




思いつくまま、書けるというのは簡単でいいです。(笑)





今日もまたきてくれはっておおきに。
どうぞ、おしとくれやす。

ほな、また明日ね。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-04-07 11:40 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

サン=サーンス 交響曲第3番ハ短調作品78「オルガン」

「私は自分の持てるすべてをここに注ぎ込んだ。
このようなものは2度と書けないだろう。」
 



作曲家自身がそう述べているとおり、サン=サーンス円熟期の音楽世界の集大成である。

                              パンフレットから抜粋



大阪センチュリー交響楽団 
第149回 定期演奏会


3月26日    シンフォニーホールにて


指揮   パスカル・ヴェロ
ソプラノ   佐々木典子
オルガン   土橋 薫

管弦楽   大阪センチュリー交響楽団
コンサートマスター  太田雅音



モーツアルト  歌劇「フィガロの結婚より」
          序曲
          愛の神よ 照覧あれ
モーツアルト  歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より
          ああ、この裏切りから逃げなさい
モーツアルト  歌劇「コジ・ファン・トッテ」より
          序曲
          岩のように動かずに
          許して、いとしいあなた、お願いよ

          
♪♪♪ ♪♪♪   休憩      


サン=サーンス 交響曲第3番ハ短調作品78「オルガン」 





初めて聞いたのですが、1楽章の最初から胸がざわざわした曲でした。(ザワザワザワザワ)
ちょっ苦しい・・なんで?と思ったら、2楽章に入り、少し落ち着き、少し呼吸が出来たかな。
でも3楽章でまた元の状態に。 4楽章はさらに、ざわざわ、ざわざわ
最後、ドーン!と爆発。でも、最後は気持ちよかったけども。(^^;

一言でいうと、すごいカッコいい曲。




2楽章だったかな?
オルガンが入ってきたのですが、なんかパッとしない、というかぼやけたような音色で、ちょっとガッカリしてたのですが、最後にガーーン!ときてくれて、そう来るかーっ?!と。(笑)
ピアノも入ってたのですが、何と言っても、オルガンですよね、この曲は。
最後でオケの皆さんが、本当に1つになる瞬間というのにゾクッとした。
なかなか貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございます。


いつもコンサート終了後は、この作曲家の他の曲も聴いてみたいなあ、と思うのですが、今年は、サン=サーンスが1位ですね。。。。うん。3番、絶対買おうっと。


後、2楽章で弦の1stと2ndだけで奏でてる箇所があったと思うのですが(多分)、あのメロディが素敵でした。胸に染み入る感じ。

カッコいい曲が好きな方は、絶対お気に召されるでしょう。
機会があれば、聞いてくださいね。 
       >あれ聞け、これ聞けとうるさくてすみません。(^^;



こんなに胸がざわざわした曲は、初めてでした。
なんでだろう?σ(^^;




前半のプログラムは、遅れてしまいまして聞けませんでした。
終了するまで、中に入らせてもらえなかったんです、今回は。
楽章間で入れてもらったときもあったのですが。。。。。



ちょとドキドキしてたのですが、今回は誰も、私の後ろを通らなかったのでよかったです。結構、本気でドキドキしてたから。(^^;



ということで、今年度終了。
1年間、ありがとうございました。センチュリーの皆様。003.gif



今度は4月8日ですね。
・・・・・・・・・・・・18日と間違えてました。(ゲッ!)
1の位が8、というのは合ってましたが。



また来年度も楽しみにしています。053.gif



明日は、センチュリーのユースです。
でも、チャイ4最後まで聞けません。ごめんね。





ぜひ、押してください。

今日も、ありがとう。では、明日ね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-03-27 13:36 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

トリオ・ダンシュ・デ・コロン

a0102303_1056340.jpg




以前、書いてたハーモニカのM先生です。

4月7日、新大阪の
ムラマツリサイタルホールで

コンサートがあります。



木管に興味がある方、ない方も、ぜひ。(笑)



チケットは、ムラマツ大阪店
 06-6394-6000


私は、チケットは、当日にホールで受け取ることにしました。
お電話1本で大丈夫です。(ただし、現金のみ)


ぜひ、お越しくださいね。



ムラマツリサイタルホール 

新大阪から徒歩10分ぐらいのようです。(^-^)


当日、(まだ何色の着物にするか決めてないけど)お会いいたしませう。


M先生のインタビュー 

すごく楽しみにしています。 012.gif






和の趣味じゃなくて、すみません。


今日も、覗いてくださっておおきに。
ほな、また・・・・また、今晩にでも。(笑)




にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-03-24 11:29 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

うしろの正面だぁれ?

自分でもちょっと違うような気がする、タイトルですが。(^^;


昨年、年度末の大阪センチュリー交響楽団の定期演奏会。

1年前の話ですみません。(^^;


後半の「幻想交響曲」




普段は団員さんは、ステージの上だけで演奏されるのですが、この日は・・・何の楽器だったか忘れたけど・・・・2階の右バルコニーの奥で演奏されたんですね。最後のほうに、少しだけ・・・なんですけど。木管やったかな?
(わかりづらい説明ですみません)


それの直後に、誰かが私の後ろを通ったんです。
誰かと書きましたけど、男性でした。





シンフォニーホールへ足を運んだことがある方は、ご存知だと思うのですが、案内係の子が大勢いるんですよ。そこらじゅうに、うじゃうじゃいる。(笑)

で、てっきり、その案内係の子やな? と思って、

なんで、演奏中にウロウロしてるの? あんたっ?! 022.gif


と思い、右側から、キッ!と後ろを振り向いたら、・・・・・・? 


・・・・誰もいない?


あれ?と思い、今度は左側から振り向いたら・・・・?


・・・・・・・・・・・・・・誰もいない?



???




ひぇぇえぇえ~~~!   >_<。


わたしの後ろを歩いた男性って・・・・・・?   008.gif



ワタシノウシロヲアルイタノハダレヤー!



「幻想」って、こんな曲なの?

シンフォニーで聞いた「幻想」って、このときで4、5回目でしたけど・・・・・・。
こんな経験は、いまのところ、最初で最後です。
小泉さんが、凄すぎたかな? 



「呼んでしまう」曲なんでしょうか? 

いまだに不思議です。






今日も、きてくれはっておおきに。

ほな、また明日。

どうぞ、帰らはる前に、ぽちっと。 おおきに。012.gif



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-03-13 14:37 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

Sola (そら)

 
3月7日、サロンコンサートがありまして参加させていただきました。

西大路御池に「ほっとはぁと」という喫茶店があります。
京都市が支援してる障害者就労支援センターなのです。


Sola (そら)  といいます。


ピアソラのそら、空、宇宙、ドレミファソラシドのソラ・・etc。

Sola 、ソラと命名されました。


京都市交響楽団の木下知子さん(ちこさん バイオリン)、
五十嵐美果さん(みかりん ビオラ)のお二人で取り組んでいらっしゃいます。



当日のプログラム060.gif

二人のフィドラー
モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラのためのデュオ Gdur KV423
荒城の月
砂山
モーツアルト 鏡

ピアソラ リベルタンゴ

ロンドンデリー、夕焼け小焼け



人数も30人ほどでして、非常に贅沢な時間を過ごすことが出来ました。
通常のコンサートホールよりは、当然小さな空間ですしね。037.gif



こんなサロンコンサートがもっと増えたらいいなぁ、と素直に思う。
ヨーロッパのほうでは、普通のことらしいですね。
普段、弦の音を身近で聞く機会なんて、そうそうないですから。
ひさしぶりに弦を聞いたせいか、胸がスッとしました。 >ストレスか?(^^;


バイオリンとビオラだけなので、演奏はお忙しいようでしたが(普通は4~5人で演奏するような曲でも、2人で演奏しなければなりません)、お二人の息は本当にピッタリで素晴らしかったです。


良い時間をありがとうございました。

またの機会を楽しみにしています。053.gif



→   木下知子さんのブログ  音魂


「うさとの森」という手織り染め・草木染めの商品を取り扱ってるお店が御所の西側にあります。以前、そちらの倉庫でもサロンコンサートがあったようです。
ぜひ、こちらもご覧くださいませ。

うさとの森

また「うさとの森」のブログ、<うさと>のコンサート当日の様子が投稿されています。
普段は倉庫に使用されてるのですが、コンサート用にちゃんと設計されてる空間らしいです。すごいですね。



今日は、和の趣味ではないですが。


今日もご来店おおきに。
また来とくれやす。
あ、どうぞ、ぽちっとよろしゅうお頼申します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-03-10 13:32 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

VERDY REQUIEM

なんで、アクセス数のびてるのかな~?

華道か茶道かどっちが理由なんでしょう? 不思議。



ヴェルレク(ヴェルディのレクイエム)スタートしました。
もう少し、仕事に行きたかったのですが、こちらへ。
後で、出席回数のことで困りたくないし。(^^;

それに、今までのなかで一番ひどかったのが、ヴェルディなんですね。私は。
何が何でもリベンジ!と思ってます。



というわけで、遅れて参加してきました。

「今回は、どこから歌うことになるのかな?」と思ってたら、「Sanctus」から。
あららららっ、一番ムツカシイところから? σ(^^;

ちょっとさすがに疲れました。

レッスンに行く前から疲れてたせいもありますが。。。。。。。



あれ、こんなところあったっけ? で始まり、・・・・・まだ、あった? ん?(ページをめくる) ・・・・あれ、まだあったっけ? (さらに、ページをめくる)・・・・・・は? まだあった??? (ようやく、Agnus Dei を見つけ、安堵)

という感じでした。(汗)


「えー? まだあるの?」とか「はぁ~~?」とか「こんなに長かったっけ~?」とか、(小さな声で)独り言連発。(汗)



違う汗をかいたところで、前半終了。(汗)




その後の後半レッスンでは、

楽譜の見方がわからず。(T△T)

冒頭から始まり、・・・・Kyrie eleison のところで、わからなくなりました。(涙)

情けなくて、悲しかった。
こんなに難しかったっけ? と。  σ(^^;


ついていけなくて、「どこ歌ってるの?」 「どこ?」  「どこナリ?」と、また違う汗をかき・・・・・・。


私の楽譜の右端にはフェルマータがあるのに、周りの人の楽譜にはどこにも、フェルマータは見つけられず。でも、「今、どこやってるの?」と訊けない小心者のわたし。

注・・・・・「ヴェルレク」は1度、歌ってます。


はぁっ・・・・・・・。(_ _)



Sanctusから練習が始まるとは思ってなかったせいか、・・・・疲れました。
こんなことで疲れてちゃー、いかんのでしょうが。(^^;



最後の最後で、

Hosanna in excelsis   (いと高きところにホザンナ)


だけ、決めることが出来ました。 ちょっと嬉しかった。(笑)


でも、本当に疲れた。。。。。。。



一応、歌ったことがあるので(思いっきり)怪しいのですが記憶はあるわけです。

懐かしいアルバムを出してきて、ひさしぶりに眺めてみたら、記憶にある写真もあるけど、「あれ、こんな写真あったっけ?」という写真を見つけて「へぇ~~?」みたいな感じです。
でも、歌ってみると、1回目は怪しいのですが、2回目は結構歌えたりしてますね。でも、この先どうなるかわからないけど。
でも、「ヴェルレク」の引き出しは、ガッと開けられましたね。これで。



記憶も頼りにしつつ・・・・・ヴェルディ、ガンバリマス!






今回も覗いて下さって、ありがとう。
ぽちっと押してくださいね。


おおきに。023.gif




にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-03-05 23:17 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

おめでとうございます。



こんな話がありました。。。。


三ツ石潤司先生がオーストリア政府から「オーストリア共和国功労金賞」を授与されました。


残念ながら、記事はすでに削除されてます。  
1月中旬に記事を見つけたのですが、・・・もう2月半ばです。(汗)
書いていいかなぁ?と悩んでるうちに月日が経ってしまいました。


なにはともあれ、おめでとうございます!  024.gif
[PR]
by akikoj-happy | 2010-02-21 23:45 | 音楽(クラシック) | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧