<   2007年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

お三味線の話  3

昨日のお稽古。

お三味線は、いい感じでした。 お三味線は。は。(笑)

左手の動きも軽くなり、音から音へ飛べるようになったしね。
ちゃんとした曲になってたと思います。(^^;
つかえつかえなんですけれども、以前よりは比べ物にならないくらいになってます。

何にもいいことないので、嬉しいよ。(^0^)

妹が、音がわからへんから、家で練習してても気持ち悪くて、気持ちわるくて。 と。
私もバイオリン始めたときは、そうだったのでよくわかる。

今思うのは、正しい音って、後からついてくるということですね。(今の結論)
今だと、バイオリン一生懸命練習するのにな、と。
お三味線も弾けるように、というよりは、少し曲らしくなってきて嬉しいから。
バイオリンなら、もう少し弾けるのに・・・・・と口惜しい。(笑


それに引き換え、踊りはまだ綾竹から進まず。。。。。

綾竹、最初から最後まで通したのですが、何回テープを止められたか覚えがありません。
まだ、間が覚えきれてないわたし。
本当に飲み込みが悪くて、師匠に申し訳なく思う。 でも、このことを言うと、それなら、もっとテープ聞いて、ちゃんと練習して来いっていわれるんだろうな。。。。。σ(^^;
師匠にため息をつかれ、「本当に手間のかかるひとだねー」と感心されました。(^^;

踊りは、本当になんとかかんとかやってます。。。。


頑張ります。
[PR]
by akikoj-happy | 2007-08-15 13:28 | Comments(0)

映画について

職場の若い子が、マリー・アントワネットを見たそうな。

どうやった?と聞くと、

なんかねー、ナンもないんですよ。 淡々としてるんですね。
ナンもありませんでしたわー。

で、これは、私に言わないと、と思ったそうです。 >なんで? (^^;


ふーん。 でも、何もないのも映画よね。 と私は思ったのですが。。。。


とある方がエッセイで

「最近の邦画は、難病・奇病の巣窟」と書いておられました。

わが意を得たり。

あと、戦争の映画もそうだと思う。

とにかく、「泣き」を強要されてるような気がしてましたので。
見る側も作る側も。  これが、非常にうっとおしかった。

これって、健全とは言えないと思うのですが。。。。。。どう考えても、不自然よなぁ。


映画の宣伝をみてると、一般の方がカメラの前で、「泣きました!」とか「すごい、感動しました!」とかそんな感想ばかり流してますね。
ここにも原因はあると思う。


「世界の中心で愛を叫ぶ」・・・だったと思うのですが、自分はこの本を読んでも泣けなかった、と言って怒ってた子がいたそうです。何かで読んだ。
自分の感想よりは、泣けたか、泣けなかったかが、本人には重要だったようで。


感動なんか、強要するな! 

私にとって、映画とは洋画なんですね。
邦画は入ってない。
ヒアリングのため、というのが一応理由ですけども。(邦画だと、2時間も日本語を聞いてしまった、と後悔することになる)
今年、21年ぶりに邦画が洋画のシェアを抜いたそうですが、私が映画をみるようになったのが、ちょうそそれぐらい前のことになります。1983年かな? 中学生で英語の授業が始まったばかりだったし、洋楽を聴いてる友達もできたし、洋画が好きな子とも仲良くなったし、・・・と、ますます映画にはまるようになるのです。
だから、いまだに、映画もテレビドラマも吹き替えは見ません。
どこの国の作品でも、字幕派ですね。

邦画に興味ない理由です。
[PR]
by akikoj-happy | 2007-08-15 13:05 | 映画・ドラマ | Comments(0)

SATC and  CSI

Sex and the CIty と CSI ですね。

どちらも1stシーズンを借りてきました。 1枚づつ。

で、2枚目を借りてこようか悩んでいます。 (^^;


CSIは東京で2回。 ロンドンで1回、テレビで見てきました。
どうかな?と思ってたのですが、思ってたより、怖くなかったので、とうとう借りてきました。
怖いと、夢でうなされたりするので。(笑)
怖いなら見なければいいんですけれどもね。でも、サスペンス、ミステリーは好きなので、ついみてしまう。つい。(笑)

CSIは、正直、そんなに面白くないです。。。。。
あの程度なら、普通の刑事ものみたいだ。 というのが、私の感想。
DVDを借りてきても、この感想はかわらないなぁ。
あまり専門知識をテレビで流すわけには、いかないのでしょうが。 悪用されたら、困るから。
だから、2枚目を悩んでます。

SATCは、やっと映画化が決定したということで、最近、ニュースになってました。
じゃ、1回みてみようかな?と。
まだ1枚目のせいか、そんなにブランドものが出てくるわけではないです。
>何がみたいんだろう? 私??  (^^;
マロノ・ブラニクとか、これから出てくるのでしょうね。
「この番組をしょって立つのは、私だから」とスタイリストを説得して、いい服は全部自分に回すように工作したとか。 で、他の女優からのクレームには、一切無視を決め込んだとか  >サラ・ジェシカ・パーカー。。。。という話を聞いてたので、ちょっと楽しみにしていたのでした。 実際、みてみると、やっぱり主役はサラだなぁ、が私の感想ですが。
本編とは関係ないところで、色々なバトルが繰り広げられてますね。 こういう話がまた、視聴率にに結びつくのでしょうが。
ま、発揮されるのは、2枚目以降なのかな?

サラは、この人、「フットルース」に出演していたと聞いて、それで見たかったというのもあります。
多分、クリストファー・ペンの相手役?
そういえば、「フットルース」てパラマウントやったよね、配給会社とか、クリストファー・ペン亡くなったよねとか、ケビン・ベーコンのおじさん役(?)の人が007で出てきた悪役に似てたなとか、、色々思い出した。 なつかしいですね。(^-^)
山のマークが一番最初に出てきたよ、フットルースでは。
配給会社とかテレビ局とかとのつながりって大事なんだな、とか。。。。いや、人とのつながりでしょうけれども。大事なのは。 うん。

2枚目、どうしようかな? σ(^^;
[PR]
by akikoj-happy | 2007-08-15 12:05 | 映画・ドラマ | Comments(0)

今月期も終わり

まだ終わってないけども。 (^^;

今月はよく頑張りました。。。。。

が、自分を振り返るなんて、贅沢なこと、自分で自分に許してないの。と言った人も気持ちもわかるようになったかも。

一日ぐらい、休んでいいかな?と思ったことが何度もあったのですが、
毎日の積み重ねが大事、と思い直して、その気持ちを打ち消して、仕事に向かってました。
かけもちするようになったので、土曜はかなりしんどかったのですが、本当にしんどくなると、ランナーズ・ハイの状態になって働いてました。いや、働けるようになったのかも。


某作家が、一日で違うタイプの小説を3本も書いていた。いつの間に、こんなむだな体力がついてたんだろう、と書いてて、「無駄な体力」っていい言葉だな、と思ったのもあります。(^^;
「無駄な体力をつけよう」と思って働いてました。
もっと、無駄な体力をつけたいです。
体力って大事ですし。


とりあえず、今日で終わりです。 明日から、また始まりますが。(^^;
[PR]
by akikoj-happy | 2007-08-15 11:28 | 日常 | Comments(0)

あと、2日!

今月期もあと二日ですね。。。。。。

こんなアホみたいなシフトは、もうないだろうと思ってたのですが、・・・・・・
来月期もあんまり変わりません。>なんで?


あまりに、お人よしも考えものです。 

引き受けたときは、仕方ないなぁ、私が我慢すれば・・・・と思ってたのですが、
後で口惜しくなってきて。。。。(大涙)


小学校のときから、あまりにお人よしだったので、友達を怒らせてしまったことを
思い出しました。

根は変わってないってことですね。。。。。。。


とりあえず、あと二日です。 あと二日。


しかし、月日の経つのは、早いですね。。。。。 σ(^^;
もう、8月も半分終了ですよ。
8月終われば、あと今年も4ヶ月ですね。(汗)
[PR]
by akikoj-happy | 2007-08-13 23:49 | 日常 | Comments(0)

スキン変更

スキンを変更してみました。

かわいいっ!(^-^)
[PR]
by akikoj-happy | 2007-08-13 11:40 | 日常 | Comments(0)

むつかしいなぁ。。。。。。。(ーー;


ムツカシクしてるんだろうね。 きっと。 人が。
[PR]
by akikoj-happy | 2007-08-09 01:45 | 健康・スポーツ | Comments(0)

カラヤンとフルトヴェングラー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070806-00000907-san-int

出版社はどこか忘れちゃったけど、新書本でした。


↑の記事を読んで、この本のことを思い出した。 (^^;  最近、読んだ本です。


興味深い内容でした。 時代のことも含めてね。


人間、万事塞翁が馬、というところでしょうか?


上記の記事には、ああいう風に書いてありますが、実際は、総統に嫌われて三年ほど干されるのです。党員は党員だったのですが、干されてたせいで(戦後の)ナチ裁判のときに、有利に働き、カラヤンの裁判はあっという間に終わってしまいます。
(公演中(歌だった)にミスをしたから、というのが、嫌われた理由らしい。)



大阪ではオケの統合が問題になってましたが、(そんなことならないと思うんだけども)、この本を読んで、文化が渇望される時代というのは、ろくでもない時代なんだ、と思った。
今は、それだけ平和なんだ、ともとれない・・・・か? (^^;



幼稚園の年長さんのときに、私が憧れてたものが「亡命」でした。。。。。(^○^)
子供心に、「命をかけて」みたいなニュアンスは感じとってたので、それに憧れてたわけです。
亡命が何なのか、理解するのはずっと後のこと。
しかし、この言葉をどこで耳にしたのか記憶にない。。。。。σ(^^;

が、亡命って、逃げるほうはともかく残されたほうにしてみれば、「自分達だけ、うまいこと逃げて」ってなるんですね。    当然といえば、当然か。。。。。
残された人のことまで、考えたことなかったのでショックを受けた私なのでした。(^^;
エーリッヒ・クライバーもブルーノ・ワルターも、戦前はドイツで人気あったのに、戦後はダメだった、というのは、彼らが亡命したから。なるほどねぇ。


何がいいのか、悪いのか、一概に言えない。
そのときは、それがベストだったとしても、後になってみれば、・・・・・???なことも、世の中にはいっぱい。
過去は変えることは出来ないけれど、過去に対しての見方は変えることが出来る。
とは、誰の言葉だったっけ?

チェリの話もたくさん出てきます。 チェリってこんな人だったの?と初めて知りました。
興味ある方は、是非、どうぞ。
[PR]
by akikoj-happy | 2007-08-08 00:35 | Comments(0)

情報開示  2

私のときには、ちゃんと開示してほしい。。。。


開示してもらって、自分の運を嘆き、でも、謙虚に受け止め、治療に専念したいと思う。
あきらめることなく治療に専念したい。


開示してね。 と回りのひとに言っておこう。(^-^)
[PR]
by akikoj-happy | 2007-08-08 00:11 | 健康・スポーツ | Comments(0)

情報開示

誰のための情報で、誰のための開示で、誰のための不開示なのか?

誰のための延命治療なのか?



答えは、その人に因るべきだと思う。
[PR]
by akikoj-happy | 2007-08-06 00:18 | 健康・スポーツ | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧