<   2009年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

価値観と好奇心

同じ価値観とは、よくいいますが本当にそうですよねー。
その人と一緒に行動できるかどうか否か?という話になりますので。

昨日、打ち上げのことを書きましたが、子供は5、6年我慢したら手を離れますけど、価値観はなかなか変わりませんよね。そんな簡単にかわったら、誰も苦労しないよ、って昔、林真理子さんが言ってた。そういえば。



あと、好奇心の量。
私よりは、ちょっと少ないぐらいの人がいいです。(笑)
私より多い人って、なかなかおられませんが。(^^;
一緒に面白がることが出来ればいいなぁ、と思う。
人生、楽しいこと、面白いこといっぱいあるもの。 >そうじゃないこともいっぱいあると思いますが。
そういう誘いにノレル人。


あと、私がいつも言うのが、笑いのツボが同じひとがいい。

笑いって、微妙な問題だと思うので。
同じ内容でも、笑う人と怒る人っていますね?
片方は笑ってるのに、片方が怒ってる、って、平行線以上の隔たりを感じる。。。。。



という話を昨日、うちの若い子としていました。

ミンナイロイロナヤンデマス。。。。。
[PR]
by akikoj-happy | 2009-09-29 13:30 | 日常

帰っちゃうの?

ソフトバンクの新しいCM見ました!

カイ君は、無事でしたね。(鉄筋が落ちてくるCMを見たのが最後でした。)
「続きはWEBで」とあったのですが、見ず。
気にはなってたのですが、特にそこまでは、と。(笑)


包帯まいてもらってる姿に、わはははははっ。(^0^)

最後の「帰っちゃうの?」の彼の顔に、最度、わははははははっ。(^0^)

カイくん、芸達者ですねー♪


どうやって包帯巻いたんやろう?とか、最後の顔はどうやってあんな顔に出来たんでしょう?とか、本気で悩んでます。(^^; → 暇なの?
[PR]
by akikoj-happy | 2009-09-29 13:05 | 映画・ドラマ

打ち上げに

今週の木曜。森の精だけで打ち上げをやりました。


女性だけだったので、面白く(?)笑い転げて帰ってきました。


普段は仕事もあるし(何か用事がないと休まない)、友達を誘うにも、まだ子どもが小さいひとばかりだし、価値観の問題もあるので、なかなかムツカシイのです。
すぐに、誘えるひとって思い浮かばなかったり・・・・・・。


そんな中での食事会。


楽しかったです。

皆さん、ありがとう。 また忘年会、よろしくお願い致します。(^-^)
[PR]
by akikoj-happy | 2009-09-26 13:38 | 日常

チョコラ

同時上映だった、小林監督の「チョコラ」です。

http://www.chokora.jp/


小林監督は、若い頃柳沢監督の下で助手を務めておられた方です。
すべて(資金集めなども含む)、柳沢監督のやり方を踏襲しました、とおっしゃってました。


ケニアのストリートチルドレンの子たちのドキュメンタリーです。
ストリートチルドレンといっても、家出をしてる子もいましたが。



昨年見た「未来を写した子どもたち」とか「女工哀歌」とどうしても比べてしまうのですが、まだケニアの男の子のほうが、まだ恵まれてるような気がしました。
でも、比べるものではないですよね。


一人一人の男の子をちゃんと覚えてるわけではないのですが、ストリートチルドレンであっても家があり、本人が行こうと思えば学校に通える、という子が多かったと思う。
まだ恵まれてますよね。
NGOの方(日本人女性)に実家に連れ戻されるんですけど、家は想像以上にきれいで、正直驚きました。特定の子だけではなく、どこのお家もそうでした。(と思う)
家に帰っても、暖かく迎えてくれる家族がいて、歓迎もされてたし。
学校に行きたくなくて、家出してるだけなの?と、途中で少し疑問に思ったなぁ。
男の子と女の子で、また違うのかな?とか、ね。
女の子のストリートチルドレンて、ケニアにはいないのかな?
ケニア、まだ豊かなんだろうか?
ストリートチルドレンっていうと、生後すぐ路上に捨てられてたとか、そういう子を想像してたのですが、ケニアはそんなことないのでしょうか? そういう子も中にはいるのでしょうか?

1回見ただけなので、・・・・・覚えてる子と覚えてない子がいます。
14歳の男の子は、実家(田舎)に連れ戻されて、お姉ちゃん(まだ都会だったと思う)のところから学校に通いたいというんですね。でも、おねえちゃんは結婚もしてるし、もう新しい家庭を持ってるし、といってお父さんに反対されるんです。この子は、もっと外の世界を見たがってるんじゃないかなぁ?と思って見てました。



「女工哀歌」では、「お姉ちゃんが高校に進学したか、もう私は働かないといけない。」といって、何も知らない土地に出てきて職探しをする15歳前の女の子が主人公だったのです。
寮に入ってるんですけど、髪を洗うにも、お湯1杯いくら、てお金をとられるんですよ。残業代もついてるのか、ついてないのかわからないし。明け方まで残業という日も、珍しくないようでした。ここは教育の「き」の字もないぐらい働かされてました。


「未来を写した子どもたち」は、以前は書かなかったんですけど、おばあちゃんも売春婦、お母さんも売春婦、おばさんも売春婦という「家業なの?!」という女の子が出てくるんですね。彼女は10歳ぐらいだったのかな? だから、自分も数年後は・・・・ってわかってるんですね。 ここの子たちは、学校に行きたくても、行くまでが大変なのですよ。最後は数名の子が入学を許可されるのですが、そこまでの道のりがまた大変で。入学が許可されてもまた3人ぐらい?のこがドロップアウトしたし。


どうしても比べてしまうのですが、ケニアの子はまだ恵まれてるな、というのが感想です。
少なくとも、帰る家もあったし、教育も受けようと思えば受けられるようでしたので。
ごみ拾いをすると、食うに困らないぐらいは稼げてたみたい。

あ、最後のシーンで子どもたちが入手した食料がどうやって手に入れたのか知りたかったです。
もちろん、稼いだお金で誰かが買ったんだと思うけど。
もう少し具体的に、お店の人から買ってるところが見たかったなぁ、と思いましたので。
ここが省かれてたのが、すごい気になった。



子どもにとって一番大事なことって教育ですね。やっぱり。
[PR]
by akikoj-happy | 2009-09-26 13:11 | 映画・ドラマ

社会福祉への眼差し

第1回 神戸ドキュメンタリー映画際

柳沢壽男監督特集上映
「社会福祉への眼差し」


を連休中に見てきました。

HP  http://kobe-eiga.net/program/2009/09/#a000924


京都新聞に記事が載ってたのです。
これは、行かないと、ということで20日は仕事を休んで行ってきました。


この中で、わたしが見たのは

「夜明け前の子どもたち」(1968)
「僕の中の夜と朝」(1971)
「そっちやない、こっちや コミュニティケアへの道」(1982)
「風とゆききし」(1989)

あと、同時上映「チョコラ」。(小林茂監督)

二日間、新長田まで行ってきました。


内容はHPをご覧くださいね。


私が柳沢監督の作品を通して学んだこと、気づいたことは、
障害者の方たちも、私たちと同じなんだ、ということ。
もっと他の人と接したいと思ってるのではないか、ということ。
「出来る」と信じてあげるということが、大事、ということ。


この3点でした。

1つ目。
「僕の中の夜と朝」でも、少年たちが「自分たちは何のために生きてるんだろう」と疑問を持つのですね。でも、そんな悩みを抱えてるのは、私(たち)も同じだし。 障害を持ってない人は悩みがないとか、そんなことないわけで。。。。自分の芯というか、自分の好きなもの、好きなことを持つというのが大事なんだな、と。
私のマイミクさんが5歳のときにお世話になった先生は「自分の好きなことを見つけてあげる」というのが教育で一番大事なこと、と言っておられるそうです。20年経った、今でも。 皆、同じですよね。

2つ目。
施設、コミュニティの方が、引越しなどで一般の方と接する機会があったのですが、皆、(普段より)イキイキして楽しそうだ、とナレーションが入ってました。「そっちやない こっちや」と「風とゆききし」で入ってたと思う。考えてみれば、小さい頃から施設に入ってると、自分の家族以外、施設以外の人とは、接する機会がないのですね。

3つ目。
「そっちやない こっちや」では、皆の「家」を自分たちで考え、借り受けた宿舎を改造するのですが、彼らの家族の中にも「障害がある人間に何が出来るのか?」とか「そんなことできるわけない」とか言われたりするんですね。でも、皆で力を合わせた結果、見事な「家」が出来上がるのです。自分で出来ることを探して、やってみる。やらせてみる。頭から「出来ない」と決め付けて、何もやらせないといつまで経っても、何もできるようにはならないですね。


色々、学ばせていただきました。
ありがとうございます。 >関係者の皆様


ちなみに、「こっちやない、こっちや コミュニティへの道」 
この映画を販売・貸し出ししているところ

あさみどりの会・さわらび園 <島崎 春樹>
〒464 名古屋市血種区新池町1-18
TEL   052-782-2233

もう1度福祉を考え直す会 <磯田 充子>
〒605   京都市東山区宮川町4
TEL    075-531-4882 



です。ご遠慮なくお問い合わせください。 とのことでした。 
[PR]
by akikoj-happy | 2009-09-26 12:10 | 映画・ドラマ

ひとつ覚えたら、ひとつ忘れる。

タイトルのとうりです。


今日も、「今日は25日。お給料日! やった!(^0^)」

ということは、忘れてなかったのですが。。。。。。

25日に入ってたコンサートのことをコロッと忘れてました。(涙)
チケットを買ってなかったせいも(自分では)あると思ってるのですが。
(厳密にいうと、ライブハウスだったので予約だけでOKだった)


忘れてたよ、コロッと。


もっと不思議なのが、昼間にHPを見てたこと。
あ、このコンサート、25日。よしっ!と確認してたのに、25日→本日→コンサート、と頭の中で流れが出来ませんでした。本日≠コンサートとなってたみたい。。。。。なんかねー、別々のところに入ってたみたいです。なんで、つながってなかったんだろう?
今日は、合唱の申し込み最終日なので、団費を持っていかないと・・・とそのことしか、頭になかったせいかなー?  楽譜も忘れてしまいました。(探してなかったせいもありますね、きっと)  楽譜忘れて、合唱団に何しにいくの?って感じですね。



選挙当日も、ーー自分が不在者投票済ませてたせいもあったと思うのですがーーレッスン会場がいつもの場所ではなかったんですよ。気がついたのは、いつもの場所に着いてからでした。普通に暑い日だったので、凹んだ。(--;
この日は、衣装の黒のタンクトップを買いにいかないと、とタンクトップのことしか頭になくて。


書いてて、段々凹んできました。。。。。はぁっ。(--;

選挙の日は、会場が違いますから間違えないように。とは6月から言われてたのにね。

で、8月30日、その日のお稽古場に着いたら、他の人とエレベーターが一緒だったんですね。
「衣装のことしか、頭になくて・・・・・」って言ったら、その人は、いたわるように
「お忙しいんでしょう?」
と声をかけてくださいました。

「忙しいって、こういうことなんや!」と大発見。(^^;


私の友達も「一つ覚えたら、一つ忘れる」と同じことを言ってたので、一緒に
「としやなぁ~・・・・・・。しゃーないなぁー。」というところに落ち着いてたのですが、忙しかったのですね、彼女も。ま、確かに、忙しいと思います。あの人も。部下を抱えてるようなひとだから。

年のせいではないことがわかって、嬉しかったのですが、一向に改善されてませんね。
手帳に書いてなかったんやろうか?と確認したら、しっかり書いてありました。
でも、「団費締め切り」のほうが大きい字でした。


朝、30分(ぐらい)はしっかり時間をとって、1日のスケジュールを確認・・・・・・・しないと。>_<

「傾向と対策」という言葉が、頭をよぎる。


え? 何のコンサートって?
結局、キャンセルの電話もいれてないので、申し訳なくて書けません。すみません。
昔の名前でいうと、ブ〇ーノー〇ですね。 >といいながら、書く。
「百花繚乱」が聞きたかったんですよー。
次こそ、頑張ります。 >何を? (^^;
[PR]
by akikoj-happy | 2009-09-25 22:53 | 日常

M先生

M先生を見つけました。(^-^)
ネットで。




小学校のとき、ハーモニカを習っていました。
3年と少し・・・ぐらい。

辞めた理由は、先生のドイツ留学が決まったから。

ドイツ行きがどれぐらい前に決まったのか、耳にしたのか、今となっては記憶にないのですが、そのとき、先生が「むこうのオケにはいりたい」とか「もう日本に帰ってくるつもりはない」とか、とても力強く、はっきりと、希望にみちた目でおっしゃっていたのをよく覚えています。先生の目はキラキラしてました。
でもこのときに、私が一番最初に(心の中で)考えたことは「先生の楽器は、ハーモニカちゃうんや・・・・・・・・」でした。(^^; 何の楽器なのか気になったのですが、聞けず。その後、後悔することになるんですよね。


ハーモニカをやめた後も、たまには先生のことを思い出すこともあったのですが、今のようにインターネットが普及してる時代でもなく。私をハーモニカに誘ってくれた友達とは、中学校入学で離れてしまったので、それ以来会うこともなく。 「消息不明」状態は、最後にお会いしてから15年ほど続くのです。。。。。



私がクラシックを聞くようになり、10年ほど経ちます。
「先生は今から思えば、市芸の学生さんやったんかな?」とか「芸大のひとにでも聞けば、先生の消息わかるかも。」とか、たまにつらつらと先生のことは思い出していました。
特に、クラシックを聞くようになってからは。


聞き始めの頃、佐渡さんの著書を読んだら、先生と凄くよく似たお名前の方が登場されてびっくり。
確かに・・・・・私が10歳ぐらいのときにドイツ行きが決まって・・・・・先生は学部終了ぐらいだったはず・・・・と指を折って数えてみたら、佐渡さんよりは確かにお年は上の方だな、と思い、バイオリンの先生にそのことを聞いてもらったら、「多分、その人で間違いないと思うなー。」と。とりあえず、その本の中ではドイツのオケに入られてたと思います。といっても、写真を見たわけではなかったので、「多分・・・・」という言葉は、とれなかったのです。
著書の中で紹介されてたお名前も、私の記憶とは少し違ったものだったので。余計に。



で、ふと・・・・・・・昨日。
やはり連休中で、こころのゆとりがあったせいでしょうか?
心身ともにリラックスしてて、時間の制約もなかったせいでしょうか?
そうやん、検索してみよっ!と思い立ちまして、やっと検索したのです。


写真入りのインタビューが出てきました。(笑)
佐渡さんの著書の中に登場されたのは、間違いなく、M先生でした。
さすがに・・・・・・30年ほどになりますので・・・(これ以上は言わない)。
最初見たときは、「ん?」と違和感のほうが大きかったのですが、見てるうちに慣れました。
あはははははっ。(^^;


いま、現在はケルンに在籍でそちらのほうで、頑張っておられます。
お元気なだけでなく大層ご活躍のようで、私も嬉しいです。


なにはともあれ、お元気でよかったです。
先生、すごいなー、夢を叶えられたんだなー、と昨日はかなり興奮してました。。。。。



昨年は来日されてたようです。(現在オケに在籍しながら、トリオでもご活躍)
今度はいつかな?と、仕事から帰宅後また検索してたら、来年の春にコンサートが日本であることを発見。
京都でもあるらしいので。今から楽しみです。
また詳細がわかりましたら、勝手に宣伝しますね。
オケの主席奏者ばかりのトリオなので、すごいと思う。
本当に今から楽しみです。
[PR]
by akikoj-happy | 2009-09-24 15:16 | 音楽(クラシック)

新参者

少し前に書いてた、東野圭吾さんの最新刊です。
文庫本ではなく、単行本。

本当の最新刊です。


アマゾンからお知らせメールが届き、軽い気持ちでクリックしてみたら・・・・・・、


加賀恭一郎シリーズの最新刊 とかいてあるではないですか!


アマゾンでは17日発売になってたんですけど、書店ではまだ並んでなかったので翌日、ようやく入手。


やっぱり面白かったです。


以前、松井今朝子さんの著書を紹介しましたが、形式はあんな感じ。
また短編とも違うのですね。あ、短編かも。
短編を、丁寧に丁寧に重ねて作り上げました、というそんな作品でした。


最後は、あー、やっぱり。(T△T)・・・・・・ って。


何回も書きますが、自分がネタをばらされるのが嫌なので詳らかにはしません。


一言だけ。

親としてやってはいけないことって、こういうことだと思う。
前から思ってたのですが、この作品で確信しました。


もう読んじゃって、つまんねーよ。(--;  >なぜか標準語。(^^;


読まないように、読まないように、読まないように努力した2日間でした。
でも、読んじゃった。(涙)


あー、次が待ち遠しい。 はぁー。(^^;
[PR]
by akikoj-happy | 2009-09-20 23:08 | 書籍・マンガ

第九、スタート!

第九、スタートです。


かっぱ終わったら、第九のレッスン!と思ってたので、嬉しいです。


ようやく、第九! ということは、今年もあとわずか・・・・・。(笑)


出席回数ぎりぎりはしんどいので、早めに・・・・でも、予定では昨日が申し込み締め切り終了・・・・数えてみると、今のところ、4回の余裕はあります。でも、4回だけ?という気も自分でしますが。(^^;
一応、合宿抜きで計算してみました。


とりあえず、この歌を今年も歌える喜びをかみしめています。


ようやく第九、スタート!です。 (^0^)♪♪♪



団員募集が1週間のびました。
今年は3枚のノルマがあるようですが、興味おありの方はぜひ!
3年契約なので、斉藤一郎さんの指揮で歌えるのは、今年で最後です。
来週は「ウイングス京都」です。
受付は18時から。

一緒に歌いましょう!
顔がへらへらしてしまうぐらい、楽しいです。 >少しあやしい。(^^;
[PR]
by akikoj-happy | 2009-09-19 14:37 | 音楽(クラシック)

1週間が終わってしまいました。

あっという間に、1週間終了。


カッパの本番終了後、気がつけば土曜日。

早いです。


水曜にSさんが来店。

チケットを差し上げたのですね。


舞台に引き込まれたえ~♪と喜んでくださって、私も嬉しい。
少年合唱団もすごくよかった、と。
やっぱり小さい時から、舞台に立ったりして、皆いい経験してはるな。


私は全然知らなかったのですが、少年合唱団もカーテンコールのとき、客席の端で踊って歌ってたらしいです。わたし、全然知らなかった。
端の男の子が最後の最後まできちんと踊ってて、見ててよかった、と。
あの子、えらいな~って。(笑)
私に言われても、誰のことなのかさっぱりわからないんですけども。(^^;

みんな、素直ないい子でしたよ。本当に。
どの子も無事に大きくなって欲しいです。
健やかにね。
[PR]
by akikoj-happy | 2009-09-19 14:23 | 日常

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧