<   2010年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今年一年、ありがとうございました。


残すところ、あと5時間半ほどになりましたね。



今年1年、ありがとうございました。

顔見世もまだ全部書けてない状態ですが、ここで一旦ご挨拶させていただきます。



色々と・・・1年ありましたが、来年はさらなる飛躍の年にしたいなと思っています。



今週に入ってから、風邪をひいてしまい、何とかここまで回復しました。
昨日、一昨日は本当にひどくて、どうしたらいいのか?と思うほどダメージを受けたのですが、ようやく・・・やれやれ (^^;という感じです。


今年1年、ありがとうございました。


また来年もよろしくお願い致します。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。


では。053.gif
[PR]
by akikoj-happy | 2010-12-31 18:29 | 日常

京のうぐいすを買いたいのじゃ




「鳥辺山心中」


少し長いですが、リンクを貼っておきます。


タイトルの「京のうぐいすを買いたいのじゃ」。

「それを江戸に連れて帰るのか?」と聞かれた半九郎は、「(ここから)放してやりたい。」「そうすれば、しかるべきところへ帰るであろう。」と言うのです。

が、

ここから放してもらったところで、家に帰れるかどうかは疑問ですよね。


少し前に、「ファン・ジニ」という韓国のドラマがありました。
このドラマで
「ここを出たら、また物乞いに生活に戻るのよ」という台詞があったんですね。
名前忘れたけど、家が貧乏な子だったんです。
この一言を思い出して、複雑な気持ちに。
そもそも生活が楽であれば、お染はこんなところにいませんから。
ここから放してもらっても、居場所がないのであれば、また逆戻りじゃない?
でも、半九郎はそこまで考えが至らないみたいで・・・・・。
この真っ直ぐさと、浅はかなところが若さよねぇ、と今は、思う。(笑)
もう少し若ければ、泣いてたかもしれませんが。(^^;


お染も何も知らない、若い娘だったのでしょう。
それがよくわかりましたねぇ、芝雀さん見てて。


後、半九郎が台詞をいうときは、太棹と胡弓なんです。(BGM?)
太棹の音に、ゆるゆるとまとわりついてくるかのような胡弓の音。
他の人(源三郎?)は、中棹。
対比が良くて、芝居に引き込まれました。
葵太夫、かっこよかったです。もちろん、お三味線も素敵。
わたしの席からは太夫と三味線が見えなくて、腰を浮かしてしまいました。
別に見えなくていいんですけどね。σ(^^;


何で、どこの国も似たようなことをやってるんだろうか?といつも思います。
事件にもなってないような、悲しいお話はいっぱいあるんだろうね。



「若さ」について、考えさせられた芝居でした。(笑)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-12-30 13:28 | 芝居

松嶋屋!!!


少し前の話になりますが、行ってまいりました。

吉例顔見世興行に。



わたしの人生で、間違いなく、最初で最後の「外郎売り」。


でも、そう言われても行く気にはならなかったのですが、ふと思い立って
「やっぱり、行ってみよう!」と。
でも私の好きな席が残ってたらね、と思ってたのですが、しっかり?残ってました。
私の好きな席は人気ないらしい。。。。
というわけで、コンタクトをあきらめたのでした。(笑)



で、まずは「外郎売り」


これがそもそも、どういう演目だったのかすら知らず。
いつもお世話になってるSさん改め、千枝子さんに教えてもらう。
で、「へぇ~~? 早口??」と。(?_?)


普通の「外郎売」はしりませんが、
「この演目は市川家のもので・・・・」というご挨拶から始まりました。
やっぱり成田屋さん目当てのお客様に気を遣われたのかすごく低姿勢だったように思う。
でも、あそこに座ってたお客様で、今回の一件をご存知ない方は、
さすがにおられなかったでしょう。
急に代役を務めることになって、それから3日間ビデオを見てお稽古されたらしいです。

大向こうさんもお客様も、松嶋屋の応援団のような感じで、この演目のときだけ、空気が暖かいように思いました。私は。
会場が一体となって見守った、というか。あの早口のところは特に。
わたしはいい「外郎売り」やったと思います。
出来れば、もう1度観たい。
もう1回観たくて、席のランクを下げてもう1回観ようか?とさえ思った。(^^;
他のところでお金をつかってなかったら、もう1回ぐらい行ったかも。


少し前にも鳴神の代役を務められたので、今回の抜擢につながったんでしょうね。
3日という短い時間とプレッシャーも相当おありだったと思うので、本当にお疲れ様でした。
これでまた次につながったんでしょうね。
愛之助さん、ほんまに大変やっと思う。。。。


わたしもあの早口を覚えてみたい。(^0^)


千枝子さんに「どうやった?」と聞かれ、「よかったです~♪♪♪」と答えたら
「そうやろう?スッキリしたやろう?」と言われました。
確かに。うむ。
普通の「外郎売り」以上のものがあったので、確かに、スッキリでした。



しかし、携帯電話なんとかなりませんかね? >南座
お芝居の最中に携帯、鳴り過ぎ。
あの早口の最中にも携帯、鳴ってました。
(京都)コンサートホールとか、シンフォニーホールみたいに、電波が届かなくなるような装置を設置して欲しいです。



1度、送信しましょうね。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-12-30 12:39 | 芝居

南天

a0102303_1225083.jpg




横から撮ったように見えると思いますが。下から撮りました。

ショーウィンドーに寝っっ転がって、1枚パチリ。


かなりの大作になりました。>写真はなし。(^^;


壷の高さが50cm弱。
これも結構、大きなものですね。


で、これに南天を切ってきて活けました。


ショーウィンドの幅(横幅60cm)にギリギリ入るくらいの南天ですので、かなりの大きさです。

手を伸ばしても・・・・怪物君じゃないから無理。(--;
というわけで、寝転んで(笑)南天の下に入り込み、下から動かしたり鋏を入れたりしました。
前から手を入れたいのですが、それは叶いませんので、外へ出てチェックして、また中へ入って少し直して、で、また出て行って・・・・と、出たり入ったり、出たり入ったり、出たり入ったり・・・・・何回繰り返したかわからしません。
数えといたらよかった。(^^;

枝もいい加減長いので、四苦八苦。


で、南天と格闘すること2時間半強。(^^;


さすがに疲れました。。。。。


剣山は使ってないし、実が重くてなかなか言うことを聞いてくれないし、何より久しぶりだから勘が鈍ってるというか・・・なかなか形が決まらなくて、難儀しました。
スペースの都合もあるとはいえ、ちょっとしたことで見え方が変わったりしますから、どこから見るか?とか、色々試行錯誤の連続でもありました。

格闘のすえ、ようやく「探せばまだ手を入れたくなるところは出てくると思うけど、とりあえずこれでいいかな?」という境地に達しました。無事に。
今日中に終わるんやろか・・・・?と不安に思った矢先だったので嬉しかった。


最初の1時間ほどは、形が決まらないのも嬉しい、楽しいのですが、1時間以上になると、自分も少し疲れてくるせいか、口数も少なくなります。(^^;
母は母で「もう、いいから。」とか言い出すし。(^^;
「いいわけあらへんでしょう?」とかこっちも言う。
私がお花を活けだすと、毎年同じことの繰り返しです。(笑)
私が早く終えないと、ウィンドーの掃除が進まないんですね。
わかってるんですけど、いいかげんな物は飾りたくないので、頑張ってしまいます。
見る人が見てくれはったら、お花を活けたことがある人かどうか、というのはわかりますので。(と自分は思ってる)

出たり入ったりしながら「先生~、どないしましょぉぉお~?」と独り言。(^^;
こっちは当然、踊りの師匠ではありません。
もちろん、華道(and茶道)の先生です。
「先生ご存命やったら、こんなお花では会わせる顔があらへんやんか!」と
いつも思いながら活けてます。
「ありえへん! こんなん怒られるし。」と。
でも、お優しい先生だったので、1度も怒られたことがありませんでしたが。
と、先生のことを思ってたら「あっこちゃん。よぉ出来はったね。」と先生の声が聞こえたような気が・・・・しました。

ここで、終了。(^-^)(^-^)(^-^)

やっと、終了。


近年まれに見る、大作になりました。



無事に終わって、やれやれです、ほんまに。


いいお花が活けられたので、ご機嫌なワタクシ。
良い年を迎えられそうです。


あー、お花を活けるのは楽しいですー。


楽しーっ。v(^-^)v


これだけ楽しい思いをするのが、・・・苦痛になるので・・・・続けたくなるから、・・・だから普段は活けないようにしてるんですけど。

あー、でもお稽古行きたいわぁ。

時間があれば、未生流の新年会にも寄せて頂きたいんですけどね。
来年はまだ無理かなー・・・・?  >無理に決まってるでしょう。






今日もきてくれはって、おおきに。
どうぞ、押しとくれやす。

南天の写真は、あきらめとくれやす。(汗)
すんまへんけど。(^^;


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-12-27 12:25 |

謡曲  高砂


a0102303_21243564.jpg



道行(コート)を着たままで、失礼致します。

もっといい写真ないんだろうか・・・・? σ(^^;



大連吟2010、(高砂)無事に終了致しました。



お世話になった、先生方、スタッフの皆様、ありがとうございました。
3ヶ月間という短い時間でしたが、無事に終えられ、この日を迎えることが出来ました。


これで、今年2010年の私のイベントはすべて終了しました。


無事に本番を終え、その後の懇親会ではいっぱい食べて、いっぱい飲んで、いっぱい笑って、最後にまた皆さんで「千秋楽」を謡う、という。(笑)

「高砂」がご縁で、本当に多くの方々とお知り合いになることも出来、本番を含め、楽しいひとときを過ごすことが出来、感謝します。


本当にありがとうございました。







今年1年、踊りの本舞台に立てたこと、その本番が南座で迎えられたこと、そして、謡いが謡えたこと。

「やりたいことリスト」から3つは消すことが出来ました。

本当にありがとうございました。(^0^)

また、家族全員(キャルも含め)大過なく、1年を過ごすことが出来そうだということに、また感謝しています。

健康であるということが、感謝すべきことである、と日々思っています。


一人で食事が出来る。
朝、目覚めることが出来る。
一人でお風呂に入ることが出来る。
一人でお手洗いに行くことが出来る。
一人で、出かけることが出来る、自分の行きたいところに。

挙げだしたらキリがないでしょう。

これらすべて、何一つ当たり前のことはありません。


自分が健康であるということに感謝です。




自分でも、本舞台で終わってしまった1年だったと思いますが・・・・。(^^;


今後とも精進を重ねて行く所存でございます。
どうぞ、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

見捨てないでください。σ(^^;



今年一年、本当にありがとうございました。




どうぞ、押しとくれやす。
おおきに。


紹興酒飲み放題だったので、結構頂いてしまった。(^^;
今日は、さすがにもういいです。(笑)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-12-25 21:24 | 音楽(クラシック以外)

あんなにいいものだと思いませんでした。

昨日、22日にやっと彼女に会いました。


彼女=うちの子。(笑)



第九の本番翌日は。彼女が休み。
その翌日(19日)から3日間は私がお休みだったので、昨日ようやく会えたのでした。


「あんなにいいものだと思いませんでしたー♪」
「わたし、オーケストラの演奏も初めてだったので・・・・」
「すっごい、癒されますねー060.gif


で、


「来年もぜひー! 頑張ってください!!
 また、行きますー ♪♪♪  また言ってくださいね!
 ありがとうございました ♪♪♪」


と言ってくれました。


楽しんでもらえてよかったです。(^-^)


ほっとしたよ。。。。。σ(^^;


何でも、退場のときに3階の一番前まで出てきてくれて、手を振ってくれてたそうです。
私は全然気がついてなかったのですが。(^^;

その真下をわたしが歩いてたそう。
気がついてなくてごめんね。


あんまり、キョロキョロしてはいけないのです。
あくまでも目線のみ。動かして良いのは。


また来年も来てくださいね。

ぜひ、生の第九を聞いたことがない方に、1度でも聞いてもらえたら嬉しいです。


オーケストラの演奏を聴いたことがあっても、そこに合唱団が入ると
また違ったものになりますし。


来年を目指して、頑張りましょう 039.gif



今日もきてくれはって、おおきに。

どうぞ、ぽちっと。
よろしゅうおたの申します。
おおきに。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-12-23 12:46 | 音楽(クラシック)

Six Romances (6つのロマンス)



一番印象に残ったのがこの曲。


「シェルブールの雨傘」の作曲で有名なルグランが、
ギトリス氏のために作曲された曲です。

「6つのロマンス」


この中から(?)3曲を演奏してくださいました。
1、2曲目も素敵だったのですが、3曲目が一番よかったかな、私は。
曲も素晴らしかったのですが、やはりバイオリンの音色はもっと素敵でありました。




12月19日(日)

イヴリー・ギトリス
ヴァイオリン・リサイタル

愛知県芸術劇場コンサートホール


に行ってまいりました。

1年我慢していたので、嬉しかった。



クライスラー聞いて初めて泣いて、ベートーベン聞いて初めて泣いた。

曲というよりはバイオリンに泣けたのだと思いますが。
バイオリンのリサイタルで初めて泣けた。


ちなみにクライスラーは、「愛の悲しみ」
ベートーベンは、ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」より第1楽章


あと、アンコールはお約束?の「浜辺の歌」
で、また泣けた。


よく泣いた1日でした。忙しかった。
アイライン、剥げた。(^^;
帰りの新幹線のなかでも、思い出し「感動」をして、思い出し「泣き」。
つけまつげとかしてなくて、良かった。(笑)


クライスラーは、最初の1小節から涙が出てきました。ジワッ。(;_;)
バイオリンですね、きっとね。
でも、前半のプーランクとフランクのソナタではそんなことなかったんですけど。


人を感動させるって、こういうことなんやな、とまた感動。
「動く」って書くもんね。




なぜだかわかりませんが、今年は凄くかっこよかったです!
別に昨年が、格好悪かったというわけではありませんが。
何でだろう? (笑)
とにかく、カッコよかったです。(笑)


氏の所持しておられるバイオリンは、3年後で300歳なんだって。
3年後は、バースデーのお祝いしないといけませんね。(^-^)



来年はないけど、再来年はどこでも行けるように頑張ろうと思いました。
本気で。
さすがに、南アフリカはガッツが要りますが。(^^;
フランスなら3泊5日があったはず、とか真剣に考えた。>今でもあるかな?
あ、でもそれなら来年でもいいか、とか。 >あかんって。



12月31日に、もし私が車に轢かれたらもうお会いできないし、と思って楽屋口に向かったのですが、少しだけ待ってみて断念しました。(笑)
死ぬことを想定した割には、あっさり引き下がってしまいました。(^0^)
だって、寒かったんやもん。


明日は、東京でチャイコフスキーのコンチェルトです。
あー、行きたかったな。
聞きたかったなぁ。。。。。
でも、言ってたらダダ泣きしてたことでしょう。
したいな。(^^;





絶対、次回行けるように、がんばります。




いつの日か・・・・・しばらくは、DVDとCDで我慢ですね。
公開レッスンのDVDだったので、買ってしまいました。


いつまでもお達者で、がんばって頂きたいです。053.gif



あ、そうそう。

昨年は元気をもらいました、と書きましたが、今年は・・・・そうだなぁ、「人生の指針」を提示していただいたような気がしますね。

うん、頑張ろう。




にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-12-21 16:25 | 音楽(クラシック)

自分の第九。


で、わたし自身はどうだったのか?と。 (汗)
さっき、少し書きましたが、まさに「振り出しに戻らされた」第九でした。


直前に2回も休んだのがこれほど大きいとは。。。。。という感じ。


今までは、出席回数がギリギリだったので(何の自慢にもならん)、12月に入ってから2回も休んだことはなかったのです。
11月半ば過ぎから本番までは1度も休まず、本番にフォーカスして・・・というのが、例年のパターンでした。
2回休んだということは、半月以上歌ってなかったというわけですね。
(その間、全くと言っていいほど第九に触れてなかった。)

久しぶりに参加した、最後の日曜レッスンでも、なかなか第九になじめず。
心も体も合唱用というか、第九用にならなくて、思い出すまでに随分と時間がかかってしまいました。もちろん、普通に歌えてたと思うのですが。
普通に歌えてるんですけど、なんか違いますねん。うまく説明できないのですが。
ソフトを入れたのですが、すぐに反応できないというか。(^^;



あと初めて、男性の後ろで歌わせてもらったのですが、テノールの後ろで、横がソプラノだったのです。レッスンに参加してないせいもあって、非常に歌いにくかった。。。。
(別にステージオーダーを責めてるわけではないです)
これで、いかに今まで自分がまわりの人に助けられて歌わせてもらってたのかが、
わかるんですね。
言い方を変えると、いかに自分一人では歌えてなかったのか、を理解したのです。

何年か前に、一人でも歌えるように、と思ったことがあったのですが、
やっぱりそれを目指そうと。改めて。 >当たり前か?  (^^;


と、自分の第九はこんな感じでした。


指揮者によって、曲は変わるというのはわかってたのですが、
やはり対応できてない箇所もあり。
指揮をみてちゃんと歌えてたところもあったのですが、
つい惰性で歌ってしまったところもありました。
これも反省ですね。

今年の第九は、本当に斉藤(一郎)さんの第九とは違ってたのですね。
実際にオケが入ると、こんなに違うの?というところがあったり。。。。
その差異が面白くなると、クラシックにはまるようになるんですけどね。(^^;
ゲネのとき、「あ、これはめがねをかけないと(指揮が見えないと)、歌えへんわ。」
と思って本番もメガネで臨みました。
全然関係ないけど、眼鏡で舞台に立ったのは初めてでした。



実は、例のポーチが行方不明なんですね。(涙)
それも3ヶ月以上前から。
9月5日の日曜の晩に見たのが最後なんですよ。
可能性としては唯一、我が家で尻尾があるひとかな・・・?と思ってるのですが、白状させることが出来ません。(笑)朝起きてきたら、ポーチが忽然と姿を消してたのです。
中身はともかく、一番大事にしてたものがポーチそのものだったので(笑)、非常にショックを受けてたのですが、少し経ってから、そのポーチの中にコンタクトが入ってたことに気がついて・・・・・。例の片目だけのコンタクトなんですけども。(^^;

今年は何もかもがこんな感じでして。
恥ずかしながら。(^^;


でも、それとバイトの子が少なくて、というのとは因果関係のない話だと思うので、
やはり私の準備が足らなかったのだと、非常に猛省しております次第です。


と、非常に痛い目にあった、11回目の第九でした。


いやー、課題は多いです。


山は高いです。



でも、・・・もっと上るぞ!!!




まだ書きたいことあるのですが、本日はこれにて。

おやすみやすぅ。023.gif



よかったら、どうぞ押しとくれやす。
今日もきてくれはって、おおきに。060.gif


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-12-19 22:33 | 音楽(クラシック)

今年の第九。

二日前になりますが、第九、無事終了しました。

お世話になりました、本指揮者の広上さん、京都市交響楽団の皆様、ソリストの皆様、お世話になった合唱団指揮の先生はじめ、ボイストレーナーの先生方、スタッフの皆様、当日お手伝いに来てくださった元スタッフの皆様。



ありがとうございました。024.gif

おかげさまで、今年も無事に第九を歌い終えることが出来ーーとりあえずは、ーー良い1年だったと思います。
今年は、色々あり非常に目まぐるしい1年だったと思うのですが、(仕事があり、12月にはいってから2回もレッスンを休んでしまったのが悔やまれます)何とか無事にここまで過ごすことが出来、良かったと感謝しています。


本当にありがとうございました。


今年は、参加できなくて本番を聞きに来てくださった方が、
「すごいまとまってて、良かった。」と後でメールを下さいました。
「僕の口を見てください」と指導してくださった、広上さんのおかげですね。

私自身は、すごろくをやってて、出た目だけ進んだら「ふりだしにもどる」で止まってしまい、また振り出しに戻ったような感じでした。
より高みを目指すつもりが、「振り出し」・・・・という。(汗)
初めて第九を歌い終わった後・・・・みたいな。


でも、全体としてはすごく良かったと思います。
普段のレッスンを見てくださってる先生も、「今まで一番良かった。」とお褒めの言葉をくださいました。
客観的に聞いてても、良かったのではないかな、と思っています。

今年はこんな第九でした。

全体が良かったので、これでいいかな、と思う気持ちもあり。(正直な感想)

自分としては微妙。(^^;



「我々がまだ第九を歌い続けるということは、我々がまだ未熟だからでしょう。」
とは懇親会でのマエストロのお言葉。
感動して広上さんのスピーチに泣いてた人もいはりました。
「こんなにファンになると思てへんかった、どうしよう?」って。
すっかりファンにならはったみたいなんで、「京響友の会」をオススメしておきました。(笑) >なんで、私が? (^^;
彼女同様、わたしも広上さんの指揮でもう1回第九を歌ってみたいです。
1回だけというのは、少しさびしいですね。



今年は写真なくて残念です。

一応、撮ってもらったのですが、下向きな上、階段の一段上から(二段かな?)撮ってもらったので、目をつむったようになってしまって、残念ですが削除しました。
今度、またガンバリマス。(笑)
写真よりは、他のこと・・・・頑張らないと。σ(^^;


で、右上の写真を久しぶりに代えてみました。
「自称第九を一緒に歌いましょう会 会長」が舞妓さんってどないどす?
と自分でも不思議に思ったので。


いやー、課題は多いです。(汗)

山は高いです。



(続く)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2010-12-19 21:33 | 音楽(クラシック)

楽しみにしてくれて、ありがとう。

今年は、職場の子が来てくれます。

1度もオケを聞いたことがないし、1度もコンサートホールに行ったことが
ないという子です。


12月にはいってから、「そろそろですね~♪」 で始まり

先週は、「来週ですね!」
    「レッスンはどうですか?」

今週に入ってからは、「今週ですね~♪」
          「明後日ですね ♪」
          「金曜ですねー!」
       
ついに昨日は、「とうとう明日ですね ♪」と。
 

合唱団以外に誰が出るんですか?」とか「ホールは洒落た建物なんですか?」とか色々聞いてくれました。これも非常に嬉しいです。


「洒落た建物なんですか?」ときかれ、なんて答えてよいか
わからなくて答えに詰るわたし。(^^;
シャレタタテモノ・・・・・やっぱり洒落てるかしら? あれ?



合唱団以外は、全員プロの皆さんで、ソロの4人もそうやし、オケも京都市交響楽団でプロの皆さんよ。指揮者もプロの方よ。と説明させてもらいました。
この子も中学、高校ブラスバンドをやってた子なので、まだ話は早いです。

合唱団以外は、全員プロよ、とここを強調するわたし。(^^;


「コンサートホールとか行ったことなくて・・・・」
「オケも初めてなんですよー!!!」
「そんな高尚なもの、行ったことないんですよ~ ♪」



彼女のウキウキ感が伝わってきたので、わたしも嬉しかったです。024.gif


一緒に来てくれるのは、以前わたしがお誘いした元職場の人です。
昨年は、忘年会と重なっててダメだったんですけど今年は来てくれることに。
チケットは2人とも買ってくれました。

自分でお金を払って、来てくれる人が増えた!というのが、わたしも嬉しいです。
今年は4枚売れました。
毎年2枚づつでも増やせたら、と自分で思っています。


楽しんでもらえたら嬉しいな。
わたしも楽しんできます。

→ 結構、この時点で疲れてますが。(^^;




出演者が楽しそうだと、見て下さってる方も、聞いてくださってる方も楽しいだろうと。
もちろん、それだけでは・・・、ね、という思いももちろんありますが。



もう少し出られませんが、(すみません。遅れます。)
では・・・行って参ります。
[PR]
by akikoj-happy | 2010-12-17 13:30 | 音楽(クラシック)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧