<   2011年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

おかると藤娘 ~祇園一力茶屋



おかるは、お軽と書くのですね。
名前からして・・・・かるいなぁ、って思うのはわたしだけ?(^^;


ずっーと書こうと思ってた、顔見世の「祇園一力茶屋」です。



お芝居の中では、知ってる曲が流れないほうがいいですね。σ(^^;




ほんの数秒なんですけど、藤娘のメロディが使われてたのでした。
籠釣瓶のときみたいに、オペラな感じではなかったのですが、
ここの部分、「藤娘」の中では、わたしの一番好きなところで、
しかも走るところだったから、なんか、走りたくなって困りました。(^^;
「わたくしでよろしければ、走らせて・・・。>なんでやねん。」みたいな。
聞くたびに、反応して上半身が動いてしまいました。
前のめりになるというか。(^^;
これが、お芝居の中で3回ほど流れてたんですよ。
おかるが動くときに流れてたのかどうかは、正直、記憶にないのですが。
サザエさんのタラちゃんが動くと、ナンカ音がするじゃないですか。
今はどうなのか知らないけど。昔のタラちゃんは、しましたよね。
あんな感じだったのかも。



お芝居の中で使われてたのは、7分5秒ぐらいから3、4秒流れる
チンチンチンチン ♪ チリチリチンチン ♪というこの8つぐらいの音なんですね。
藤の花の間から、出てくるときの音(音楽)ですね。
一度、ぜひ聞いてみてください。
英語の解説が邪魔かもしれないけども。
    >あれ聞け、これ聞けとうるさくてすみません。(^^;





この後、「藤娘」では上手に行ってご挨拶。下手に行ってご挨拶。
で、真ん中に戻ります。
わたし、ここが一番すきなんですよー。
やっぱ、ここでしょう、と。
藤娘なら、ここやんなー、って。(笑)
わたしも走りたかったんやけど、諸事情により断念致しました。
次、ガンバルもん。




で、関係あるのか関係ないのかわからないけど、
おかるの着物の色は藤色でした。
ものすごく綺麗な色で、舞台栄えするというか、そんな色ですね。
由良之助の手紙を、2階の窓から鏡で盗み読み?するシーンがありましたが
ポーズがすごく綺麗で見惚れてしまいました。
写真を買ってしまって (^^;・・・いつも持ち歩いてます。


でも、あんまりしっかりしてなさそうな、おかる。
大丈夫? 一人で大丈夫か?とこちらが心配してしまうような、おかる。
おさんみたいに、お店を仕切ったりは出来ひんなぁ、と思うような、おかる。

ものすごーく、奥歯にもののはさまった言い方ですが。(汗)
まぁ、こんな「おかる」でした。


と思ってちょっと調べてみたら、江戸式と上方式では違うんやって。
お江戸のほうは、アイドルっぽいおかると書いてあって、なるほど!と。
本当に何にもわかってなさそうな、・・・・・ある意味、若いんですね、と
こんな説明が似合う、おかるでしたね。
今度は、上方式のおかるが見たいです。>松嶋屋?
着物の色もすごく気になる。


後、仁左衛門さんですよね。

あの存在感のなさが凄かった。 >褒めてます。
由良之助より、オーラを出すわけには行かなかったのか・・どうかは知りませんが。
仁左衛門なのに、仁左衛門さんに見えないというか。
これが、一番のショックだったかもね、今回。

改めて、何てすごい役者さんなんだ、と。
うーん、・・・・びっくりです。本当に。
何をいまさら、と言われるかもしれないけども。

あ、こんなこと書いてると2月の松竹座、行きたくなってきた。(涙)


お芝居見てても、台詞を聞いてても、わからないところ
いっぱいありますので、いっっくらでも勉強しなければなりませぬ。
うむ。



さー、ガンバルゾー! >ナンカ、カルイデスネ。(^^;
            コンナンデ、ダイジョウブカ?ワタシ???




大雪のところもあるようですが、皆さんのところは大丈夫ですか?
どうぞ、ご無事で。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-01-30 14:37 | 芝居 | Comments(2)

キャー、素晴らしい! (^0^)



昨日、You Tubeを見るようになって初めてクラシックを聞いてみました。

(中略)(^^;

で、昨日行き着いたのが、Simon Rattleのインタビュー。
        >ちこさん ありがとうございました。



本日は、昨日久しぶりに聞いたクライバーのベト7の4楽章
を聞こうと思ったら、こんなん見つけた。

いいぞー!(^0^)


わたしは好きー。これー。
テンポ速いけど、いいですー!


<こうもり序曲>、しばらく聴いてないし。。。
久しぶりに聞きたいなぁ。

これは、バイエルン国立歌劇場管弦楽団ですね。
やっぱり、弦はもちろんですが、管もすごいですー。
ひさしぶりに、ゾクゾクした。。。。



きゃー! (≧▽≦) 

土曜の夜中だというのに、テンションが一気に ↑↑↑↑↑ 。

恥ずかしいです。σ(^^;





話は変わりますが、1950年頃のN響の「こうもり 序曲」を
ラジオで聞いたことがあります。

え? これがN響の演奏? (?_?)

という感じでびっくりでした。

N響の指揮者(ジョセフさんやったかな?)は、随分と団員さんに厳しかったようです
(@窓際のトットちゃん)がこれでは、厳しくされても仕方ないなぁ、と。
ジョセフさんは日本に来られて、随分と苦労されただろうな、と。
そんな演奏でした。
正直、かなり驚いたのですが戦後すぐぐらいなら仕方ないですよね。
(N響の初代コンサートマスターが、黒柳徹子さんのお父様。)




で、ついでに(?) こんなの見つけました。
これも、また素晴らしいです。 うふふふ。
幼稚園のとき、好きでした。(^-^)

ものすごく久しぶりに見たので、またテンションがUP。

こんな時間なのに、どうしましょう?(笑)









ひさしぶりにコンサート行きたいですね。

とりあえず、ブラ4を。。。。(希望)


うーん。 >_<。





今日は、また寒かったですね。
京の底冷えて、いうからねぇ。

さ、わたしも寝ましょう。
おやすみやす。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-01-30 01:12 | 音楽(クラシック) | Comments(2)

誰か教えてください。 これ何番?




このインタビューの冒頭で流れるのは、
ブラームスの何番?


ご存知の方教えてください。



お願いします。053.gif



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-01-28 20:16 | 音楽(クラシック) | Comments(4)

Billy Joelはこれだな。

埋め込みがダメだったので、リンクを貼りました。
>なんて、あきらめの悪い人。(^^;


こちらです。(^^;


これを聞いたのが、13歳のときですね。

全曲を聴いたのは、もう少し後のこと。



匂いで、昔を思い出すということは、わたしの場合、
無きにしも非ずですが、音楽は本当に多いですね。。。。。
ということで、多すぎて困ってたり。

私の人生先に進めへんやん、と思うのですが、確かに進めない。(^^;
でも、悪いことばかりでもなく。
その曲を聴いてた当時の自分に戻れるような気もします。
>気のせいかもしれないけど。
で、結局、前向きになってるときもあったり。


なかなか、一概には言えないですね。

ま、結果、オーライで。(笑)




でも、音楽の力はすごいねー。と本気で思う。



Billy Joelだと、Just the way you are も好きだったのですが
やっぱり、これが一番ですね。私は。
ガーンときた曲の1曲です。
5本の指には入るな、これは。(^^;



今日も、きてくれはっておおきに。

寒いのですが、疎水の春の大掃除も始まってますし
白木蓮もつぼみを付けてます。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-01-28 00:57 | 音楽(クラシック以外) | Comments(2)

貧困 と 「白夜行」

日本では、子供がいる現役世帯の貧困率は12.5%で、経済協力開発機構
(OECD)平均の10.6%をやや上回る程度である。
しかし、大人が一人しかいない子育て世帯(母子世帯など)に限ると58.7%
とOECD平均の30.8%を大きく上回り、加盟国の中で最も大きくなっている。
こうした数字が示唆するように日本の「子供の貧困問題」は不利な社会経済環境
に置かれている世帯で集中的に、しかも深刻な形で発生している。
一般的な子育て支援よりも、この「子供の貧困」解消のほうがはるかに緊急度が
高いはずである。

(中略)

もちろん年収200万前後の子育て世代にとって、子供1人当たり年額24万
(月額2万円の場合)の支給は大きな意味を持つだろう。
しかし低所得層は非正規雇用など不安定な雇用、所得環境に置かれてることが多い。

小塩隆志 一橋大学教授

日本経済新聞 経済教室 1月19日(水) から抜粋。





この文章を読んで一番最初に思い出したのが、重松清さんの小説。


私がネタをばらされるのが、嫌なのであまり書きません。

少年と少女の話です。


男の子は彼の兄が原因で、一家離散。
一人きりになります。

女の子は、両親が若くして結婚したのはいいのですが
二人とも働きにいける間はともかく、子供を授かったら
父親だけの収入ではやっていけなくなり、
あっという間に生活に行き詰ってしまうんです。


こんな男の子と女の子の話でした。


一番最初の、わたしの感想は

「白夜行」より、もっと暗くて、「白夜行」よりもっと重くて
「白夜行」より、もっと悲惨。


でした。


何で「白夜行」かというと、似てるから。
男の子と女の子の関係とかね。
(これ以上、書きませんが)


ここまで読んでくださった方、「で、その本のタイトルは?」と思てはるでしょう?



実は、ほんのタイトル忘れたんです。すみません。(^^;
最近、ひどいときは、作家の名前も覚えてないことが多い。
小説に限りますが。
ストーリーの説明しか出来なくなってたりして、自分でびっくりです。



で、貧困というと、この重松さんの小説を思い出すのです。
(もっともっと、色々な、悲惨な話はあると思いますが。)
この関係で、「百夜行」を思い出したのですが、この小説も背景にあるのは
貧困ですよね。
ということに、今回初めて気が付いたのでした。


「貧困」という言葉を聞くと、胸が痛みます。


どうしたいのか?ときかれたら、
貧困を無くしたいなー、と思う。

思います。


しわ寄せは、必ず弱者に向かいますから。
ほとんどの場合、弱者って女、子供です。まず、間違いなく。

残念ですが、グラミン銀行、アフリカでは機能してないそうですね。






今日もきてくれはって、おおきに。
どうぞ、押しとくれやす。039.gif

今日はすごくいいお天気です。
でも、風邪が冷たい。。。。。
春はまだ先・・・・と思うのですが、日が本当に長くなりましたね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-01-26 13:07 | 書籍・マンガ | Comments(4)

GLEE ♪   (踊る合唱部)


 GLEE♪ 踊る合唱部


全米で話題沸騰。
オバマ大統領一家も大ファンだとか。



1話視聴可能だったので、見てみました。
合唱の話でもあるので、面白かったです。
これを見て、疑問に思ってたことが少し、腑に落ちました。



また「ホワイトハウス」の話になりますが、
どこかの名門大学の男子学生のグループ(アカペラ)がホワイトハウスに
歌いに来たことがありました。
クリスマスの話だったと思う。
そのとき、彼らが歌ってたのが「イパネマの娘」だったのです。
なんで、イパネマなんやろう?と素朴な疑問をずっと持ってました。
(変な疑問を持ち過ぎかもしれない。(^^;))
私には、違和感があったので。
「こういうときに、イパネマ歌うの?」と。
やっぱり、合唱というとクラシックだけではないと思いながらも、・・・やっぱりクラシックというイメージがありますよね。私には。
日本でいうところのレコード大賞を受賞したような曲なので(だと思う)、ホワイトハウスで働いてるような人で、年齢的に知らない人はいないであろう、とかそういう理由での選曲だったのかな、とか思っていました。



それが、このドラマを1話視聴して、なるほど、と思うのです。
「そうか、そういう曲を合唱で歌うのか!」と。
視聴していただければ、どんな曲を彼らが歌ってるのかわかります。
ぜひ、ご覧ください。(私が勝手に納得しただけなんですけど)



そういえば、「Music of the Heart」(Meryl Streep主演)の中で、
黒人の女性がMerylに、「うちの子に、白人の音楽なんか教えないで!」
と文句を言いに来るシーンがありました。
この話を思い出し、「なるほど! そういうことか!」とまた思うのです。


Music of the Heart

主人公が荒れた小学校の臨時教師となり、音楽による子供たちとの交流によりお互いに成長していく姿を描いた作品。実話を元にしており、メリル・ストリープが演じたロベルタ・ガスパーリも実在の人物である。アイザック・スターン、アーノルド・スタインハート、イツァーク・パールマン、マーク・オコーナー、ジョシュア・ベル等の著名な演奏家が本人として登場している。最後の演奏シーンはカーネギー・ホールで収録された。メリル・ストリープは役作りのためにヴァイオリンの猛特訓を行い、本番も自分で演奏している



だから、Condoleezza Riceがピアノ演奏で、Yo-Yo Maと共演したと知ったときは
凄く驚いたのです。わたし。
確か、ブラームスだったと思う。。。。


この話は長くなるので、また・・・・覚えてたら。(^^;




で、長くなりましたが、「GLEE ♪」

すごく気持ちの明るくなるドラマ・・・・だと思う。
うーん、DVD欲しいです。(笑)
やっぱり、こんな時代のせいでしょうねぇ・・・?





1965 Record of the Year   The Girl from Ipanema

今日は貼れてよかったです。
お楽しみください。053.gif


今日も寒い。
ぜんざいでも食べたいですね。(笑)


押してください。
今日も、きてくれはっておおきに。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-01-23 15:25 | 音楽(クラシック以外) | Comments(0)

中学生のときに、1番シビれた曲。



あったーっ!!!


You Tubeって、すごいですね~053.gif

You Tube 万歳です。(^0^)



今日は、これ。







埋め込み可能で嬉しいよ。(^0^)


この映像がないかなー?と思って、探したけど見つけられず。
Ella Fitzgerald で検索したのですがなかった。
で、The Manhattan Transferでやってみたら、見つけることが出来たんですよ。

素晴らしい! You Tube!!!


「HOW HIGH THE MOON」のわたしの基本形はこれです。

Ellaだけで歌ってるのもカッコいいですが、これもいいですね。
この映像もう少し、ほんの少し長ければよかったな、と思う。

Mack The Knife もEllaが歌ってるほうが私は好きです。

お楽しみ頂けたら幸いです。(笑)
>わたしだけ? σ(^^;




寒くて嫌になりますね。(*_*)
最近、腰が痛くて、とほほ・・・です。(涙)

どうぞ、押しとくれやす。 おおきに。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-01-18 20:22 | 音楽(クラシック以外) | Comments(2)

少しだけ007の話を。


少しだけ、007の話を。
映画の話がしたくて。見たいし。

ゼロゼロセブンではなく、(映画の中では)ダブルオーセブンと言われてます。


で、先週の日曜かな?
映画会社のMGMが経営破たんして、007の新作の話も宙に浮いてしまい、
ボンド役も白紙に戻った、という記事がネットに出てました。
でも、3、4日後には、再製作が決定して公開日まで決まったようでした。
ボンド役も、ダニエル・グレイグで行くそうです。


よかったです。
この変わり身の早さって何? σ(^^;
出資者でも見つかったのかな? わかんないけど。



この前、貼ったYouTubeは、日本公開が1985年・・・ですかね?
私が初めて、映画館に足を運んだ007でした。
007シリーズ、14作目。
日本語のタイトルは「美しき獲物たち」。
音楽は、DURAN DURANですね。
James Bond役は、3代目のRoger Moore。
彼にとって、この作品が最後の作品となりました。


中1のときから洋画に興味を持ち始め、中1と中2の間の春休みに
007シリーズ(当時、13作目のOctopussy(オクトパシー)までビデオ
がありました。)を1作目からすべて見ました。
これがきっかけで、私は洋画に夢中になるのです。
中学生の割には、よく映画館に行ってました。
高校になったら、学校サボって一人で行くようになってた。
わたしが映画の話をする上で絶対はずせない、私の原点ともいえるべき作品が
この007シリーズ。。
以降、私の人生で映画というと、洋画をさすようになります。
これは今でも、正直、変わらないですね。

「A VIEW TO A KILL」の半年後のお正月に公開されたのが「Back to the future」。
これぐらいの年の話です。洋画と邦画の興行収入が逆転した年でもありました。
(洋画>邦画に。数年前にまたこれが逆転したときは、感慨深いものがあった)


ちょっと見てみようかな?と思われるなら、1作目から出来れば、見てください。
(映画の公開順に)
関係とかよくわかるしね。と言っても、そんなの気にしなくても楽しめますが。
微妙に・・・・わかってる人だけが楽しめるというか。(笑)
確かに、そういうところはありますので。


今見たら、「Doctor No 」とか、あまりに・・・なので、笑えますけどね。(^^;
丹波(哲郎)さんも、若いです。。。。。>これは「You Only Live Twice 」(007は2度死ぬ)



「美しき獲物」たちは、スカラ座で公開してました。
京都も大きな映画館がいっぱいなくなってしまってさみしいです。
美松も、東宝行楽も、スカラ座もなくなってしまいました。
ロキシーもなくなりましたね。
綺麗な小さな映画館もいっぱいできたのですが、
最近は全部入替制なのが悲しいです。(^^;(^^;(^^;→ これが言いたかった。(笑)


とりあえず、今は「Social Net Work」だけ考えてます。


1日1本は、映画見たいです。。。。。(^^;
1日30時間ぐらいは欲しいな~♪♪♪




雪、降ってます。。。。。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-01-16 22:20 | 書籍・マンガ | Comments(2)

小学生の時に、一番シビれた曲。


が、これです。(笑)








きゃー、あったーっ!!!!!  \(^0^)/



何か1曲、あげて欲しい、(小学生のときに)といわれたら、
わたしはこの曲です。

絶対、これ!!!



少し前に、最近よく流れてる・・・・? と思ってたら、SHAZNAというバンドが
カバーしてた時でした。
でも、これも随分と前の話しになってしまいましたね。
そのときも、久しぶりにこの曲が聞けて、すごい嬉しかった。


SHAZNAのビデオも見ましたが、せつない感じが無くなってて、
それが悲しかった。(^^;
やけに明るい曲になってたような気がする。
いや、もちろんそれはそれでいいんですけどね。
オリジナルを知ってるモノとしては、そこが残念のような気がします。


当時、レコード(EP)が700円で、私のお小遣いは1000円でした。(笑)
買って帰っても、レコードの針がないし・・・ということで、結局買わなかったんです。
後で、何回も何回も後悔することになるんですが、
でも、レコードだけあっても仕方なかったな、と自分で自分を慰めて。。。。
聞けなくても手元にあれば、気持ちも違ったかもしれないですね。



YMOの「君に胸キュン ♪」も見たのですが
私はこの曲をきくと、せつないというより、モノ悲しくなります。
この年になって聞いても、やっぱりそうだった。。。。
最初の印象って、いくつになっても変わらないね。
対象によるのかもしれないけど。


曲をきいて「どう思うか?」というのは、本当に人それぞれですね。




最近の曲は、やけに励ましてたり、やけに感謝してたり・・・・
あと、大好きだー、大好きだーと叫んでるような曲が多いように思う。
せつなくなるような曲って・・・・ある?
何でこんな曲が多くなってきたのかな?と思うのですが、・・・
芝居の話にも通じますね、これ。



長くなると思うので、今日は「一風堂」だけにしましょう。(^0^)


曲が始まっても、まだしゃべってるテツコさんのお話も懐かしいです。(笑)
わたしが一風堂の曲を初めて聞いたのが、多分、この映像だったと思う。
ということで、こちらの画像を頂きました。


まー、本当に懐かしくて涙出ました。
久しぶりに聞いたときは。

なつかしい映像、お楽しみください。060.gif



しかし、うちの若い子に「一風堂」といえば、皆、ラーメンと答えてくれます。
時代の流れを感じます。(笑)





今日の京都は寒いですー♪
相変わらず、寒いというか。
でも、疎水の水はもう無くなりました。1週間ぐらい前やったかな?今年は。
どうぞ、押とくれやす。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-01-14 12:30 | 音楽(クラシック以外) | Comments(4)

記念すべき?1曲目(笑)







昨年の12月31日から、家でYou Tubeが聞けるようになりました。(拍手!)
何で、聞けるようになったのかは、また聞いてやってください。
あまりにも、情けない話ですが。



今までは、音声がないから・・・・といって、見てもとかとかパンダとか・・・・・動物しか見られませんでした、というより見る気が起きないですよね、音声がないと。(^^;
ははははははっ。(^^;)



ということで、年末年始働き通しだったので、少しゆっくりしています。
今日は。>ゆっくりしすぎのような気もする。(汗)


で、記念すべき、ブログに貼るわたしの1曲目がこれ。 (笑)

ちょっと、どうよ?と思いつつ。。。。



当時、映画は見ましたが、ミュージックビデオは観ることが出来なかったんです。
ほほーっ、こんな作品になってたのかぁー、と。
ただただ、ただただ、ひたすら懐かしいです。
みんな、わかーーい。(^0^)



映画音楽を担当したものだけが許されるような作品に仕上がってますね。
>当たり前やろ。σ(^^;

どうぞ、お楽しみくださいませ。


途中、階段を上がっていくタキシード、金髪の男性がジェームズ・ボンドです。


うふ。053.gif



にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-01-10 14:42 | 音楽(クラシック以外) | Comments(2)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧