<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

少し、近況を




長い間、御無沙汰して、ほんまにすみません。

全然書いてないにも関わらず、訪問者が0の日ってないもんですね。(^^;
こんなほったらかしのブログにお越しいただき、ほんまにありがとうございます。
おおきに。


おかげさまで、今日はこれました。
昨日、少し無理して仕事を入れましたので、今日はお休みをもらえました。
あ、月曜にお休みをもらっても、私は一日中休みには絶対ならへんねんけどね。


★   ★   ★   ★   ★


夏ぐらいから腰に違和感を感じるようになりました。

いえ、今年に入ってから痛めたんですね。1月に。
今から考えたら、ひと月近くかかってなんとか痛みもなくなり、やれやれ・・・・
と思ってたら、夏ぐらいから、重いもんを持った時に・・・・・・・いやな予感。(@_@)
そういうことが何回かあったんですよ。

ということで。


これは、もう、あかん! >_<


ということで、また久しぶりに整体に通ってます。
(先週の土曜でまだ2回目)



1回目は、胸椎の11、12番目と腰椎の1、2番目が指1本分、左にずれてたそうです。
後ろから見たら。
で、横から見たら、本当はカーブしてないといけないような箇所で、私の骨は
まっすぐのままやったそうです。
(本当は体の前のほうに曲がってないといけないところが、後ろに、背中側に曲がってるらしい)


先生に「これは、痛かったでしょう?」と言われました。




しばらくの間、一月に1回はちゃんと通って、骨のくせを直してもらうつもりです。


2回目終了後は、ほんとうに背中がまっすぐになった感じが、初めてしました。
うわー、やっぱりえらいもんやわー! と感動してます。(^^;


60、70過ぎならともかく、この年で腰が痛いって・・・・・。(^^;
実は、今でも違和感があります。少しですが。


でも、今の間に少しでも治してもらっておかないと、これからが大変かな。
今年の2月ぐらいに、(一度、痛みが治まったときに)ちゃんと行っておけばよかったんですよね。
でも、ま、痛みが治まったからいいか、とほったらかしに。。。。。。


反省ちう (--; 


今は、なるべく足を組まないようにしてます。
荷物もずっと左側で持ってたのですが、右で持ったり、(荷物を軽くするとか)、重いときは両手で抱えるようにしたり・・・・・なかなか、涙ぐましい努力を続けています。と自分では思ってます。(笑)


ある程度、どんな人でも体のくせはあるから仕方ないと思うんですけど、お年とともに、その癖(症状)は進むと思うので、なるべく早い段階で対処していくことが大事だと思います。
まめなケアで、健康を維持しましょう。
健康でいれば、お金もかかりませんしね。(笑)

なんでも、早め、早め、早め。 039.gif


治療も大事ですが、予防のほうが大事です。 (らしい)


あと、普段から筋肉をやわらかくすることも大事です、と言われました。
筋肉がコチコチだと、骨(と骨)を離せないということですね。
まず、筋肉をほぐさないといけません。(これもやってもらってる)


自分の体のケアもしっかりやっていかないと。
お肌だけでなく。
もう、アラフォーなんだから。。。。
最近、いっぱい顔に塗ってるんで、どっかへ泊りで出かけるときは荷物が
増えてしまって大変なんだよ。(^^;
これが、またいいかげん重くて。(^○^)



これから寒くなりますので

うがい、手洗いより、どこかへ出かけるときは、マスク!ですよ、マスク。
マスクを忘れてしまった場合、とにかく鼻呼吸で。


では。 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
[PR]
by akikoj-happy | 2011-10-17 20:19 | 日常 | Comments(4)

太夫道中 ♪

a0102303_13545892.jpg

a0102303_13545820.jpg

a0102303_13545839.jpg




御鎮座1300年だったのです。
今年で。


伏見稲荷神社の御鎮座1300年祭がありました。

来年かと思ってたら、今年やった。。。。。σ(^^;



伏見稲荷神社


わたしも二日前に知ったのですが、先週の月曜に太夫さんが来られ
正味30分ぐらいかな? 歩いてくれはったそうです。
少し時間に遅れてしまったのですが、最後の25mぐらいだけ見ることができ
写真も撮れました。(^-^)v

私は、ギリギリセーフでした。(汗)


また写真が倒れててすみませんです。


★  ★  ★  ★  ★


いま、太夫さんがいはるのは、輪違屋(わちがいや)さんだけですね。

本当に、ここだけになってしまいました。

輪違屋は、元禄元年(1688)に京都西部の遊郭エリア、島原地区で創業した置屋兼揚屋(大規模な茶屋)です。


数年前に、浅田次郎原作の「輪違屋糸里」という小説が、ドラマ化されました。
あの、「輪違屋さん」です。

今は、何人の太夫さんがいはるんでしょうね?
いはっても、片手で数えられるぐらいなんかなぁ?


何年か前に、

「昔は、太夫さんがお稲荷さんに来てくれてはったんえ。」と聞いたことがあり
「へ~~、それは見たかったな。」と思ってたのですが
も、今はないんやろうなぁ・・・・・と思ってあきらめてました。




あったよー! (^0^)



撮ることができなかったのですが、太夫さんの前には二人のカムロ(字が出てこない)
がいます。
太夫さんの前を歩く、二人の赤いおべべの女の子ですね。

そういえば、義太夫に「カムロ」がありますね。


もう少しゆっくり見ることができればよかったのですが、かなわず。
遅れた私が悪かった。

以外に、歩く速度が速くて・・・・・・・もう少しゆっくりかと思ってました。




「輪違屋」で検索したら、いっぱい出てきますので
検索してみてください。 
丸投げですみません。(^^;


輪違屋さんのご主人さんの本が、PHP新書から出てまして
私、読んだのですが・・・・・今、手元にないため、またご紹介させていただきます。

面白いエピソードもあったんですけどね。




次回、頑張ります。  >どこどす? (^^;
[PR]
by akikoj-happy | 2011-10-10 13:54 | 京都 | Comments(0)

お稽古日記、すきなこと、すきなもの、すきなひと


by akikoj-happy
プロフィールを見る
画像一覧